奈良の伝説の三輪そうめん山本白髪の極細麺のうまい秘密に迫る!口コミや評判は?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、奈良の伝説の三輪そうめん山本白髪の極細麺のうまい秘密に迫る!口コミや評判は?についてご紹介します。

そうめんといえば、夏の暑い日の定番料理ともいえる存在で、昔から多くの人々に愛されていますよね。

そんなそうめんですが、発祥は奈良県の三輪なことをご存じな方は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな奈良の伝説の三輪そうめん山本白髪の極細麺のうまい秘密に迫る!口コミや評判は?についてを詳しくご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

日本三大そうめんとはどこの事を言うの?

日本三大そうめんは、兵庫県の「播州そうめん揖保の糸」と、奈良県の「三輪そうめん」と、香川県の「小豆島そうめん」です。

 

兵庫県の「播州そうめん揖保の糸」

「揖保の糸」とは、兵庫県たつの市で作られる500年という歴史を持った手延そうめんです。

兵庫県手延素麺協同組合によって10月から翌年の5月までしか生産されませんが、長年作り続けてきた熟練の職人が伝統の製法で作る高級なそうめんは独自のコシや歯ごたえが有って、昔からの根強い人気が有ります。

 

奈良県の「三輪そうめん」

「三輪そうめん」とは、そうめん発祥の地と言われている奈良県桜井市の三輪地方を中心に生産されているそうめんです。

その地方で毎年2月5日に大神人社で、なんとそうめんの相場を決める卜定祭が有るそうです。

そうめん発祥の地と言われるだけあって、全国で販売するそうめんの高値、低値をご神意で決めるなんてそうめんが神聖な物に見えてしまいますね。

そして、すごいのはそれだけでは無く、普通の麺の細さは、直径1.7ミリのですが、白髪と言うそうめんはなんと直径が0.3ミリと想像を超える細さなので、その巧みな職人技の驚きを隠せません。

 

香川県の「小豆島そうめん」

香川県の「小豆島そうめん」は、岡山と香川の瀬戸内海にあるオリーブの木で有名な香川県の小豆島で、温暖な気候で小麦の栽培に適した環境で作られています。

特徴は、胡麻油を使用している事です。胡麻油は香りが良く、酸化がしにくい性質を持っていますので、その胡麻油を使う事により風味が良いそうめんとなっています。

そんな小豆島そうめんですが、その起源は三輪そうめんが関係しています。

その昔、小豆島の住民が三輪そうめんを見聞きして、それを持ち帰ったのが始まりです。

小麦栽培が最適な環境でしたので、現在ではオリーブの木と同様、小豆島そうめんも名産品と知られるようになりました。

オリーブオイルを使ったそうめんも有って、香り豊かなそうめんを楽しむ事が出来ます。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

アカ丸は日本三大そうめん全部食べたいです!

ただ単に食いしん坊〜っ。

 

スポンサーリンク

奈良県「三輪そうめん」の特徴について

先ほどご紹介した日本3大素麺の1つに入っている「三輪そうめん」ですが、

 

「三輪そうめん」のはじまりの謎は

その始まりは遡ること1200年以上も前になります。

奈良県の桜井市三輪にある「大神神社(おおみわじんじゃ)」の宮司の子息が神から啓示を受け、奈良の三輪の土地と山から水が小麦の栽培に適していることを知り、宮司の子息は小麦粉を育て、小麦粉を使ったそうめんを作り始めたことが始まりです。

当時この三輪と言う場所は伊勢神宮とたいへんゆかりのある場所で、以前はお伊勢参りの宿場町として大変栄えた場所だったそのため、お伊勢参りに来た人々がここで食事をし、三輪そうめんを知り、三輪そうめんが全国に伝わったといわれているそうです。

そのため、大神神社祭神はそうめん作りの神といわれており、毎年2月5日にはその年の三輪そうめんの値段を占う神事である「朴定祭」が神前で執り行われてます。

三輪そうめんはしっかりとした食事と言うよりはやはり手軽にいただけるランチ向けですので、ランチタイムが中心の営業になっています。

営業時間には、ご注意くださいませ。 

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

三輪そうめんを食べに行くときはランチタイムに行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

そうめんを使った奈良県の郷土料理「にゅうめん」について

にゅうめんの発祥は奈良県三輪山麓

にゅうめんとは、素麺を温かいダシで食べる料理で、全国的に知られてはいるが奈良県三輪山麓が発祥の郷土料理です。

奈良県の郷土料理。

大和(やまと)地方(奈良県)は手延べそうめんの発祥地といわれわれています。

そうめんは冷やしそうめんが一般的ですが、この地方では晩秋のころから温かく煮たそうめんをつくります。

これが「にゅうめん」で、入麺、煮麺の字があてられているそうです。

シイタケ、ナス、干しえび、湯葉、青菜などを薄味に煮ておき、ゆでたそうめんにのせて、つゆを張りさっと煮立ててつくる。

大和地方では、煮た材料とつゆを冷やしておき、冷たいそうめんにかける食べ方が古くからあり、にゅうめんはこれをそっくり温かくしたものです。

熊本県の南関(なんかん)そうめん、徳島県の半田そうめんなども、冬にはにゅうめんにして食べることが多いです。

そうめんは奈良時代に唐(中国)の国から伝来した手法で、神話の三輪伝説から大和の中央にある三輪山麓が発生の地といわれ、現在もご紹介した三輪そうめんとして有名です。

にゅうめんは、漢字で書くと「煮麺」となりますが、その字の通りそうめんを煮たもので、冬は温かく、夏は冷やして季節の具を上に飾ります。

にゅうめんには、県産三輪素麺の中でも製造から1年以上経過したコシのある涸物(ひねもの)が適しています。

 

スポンサーリンク

三輪そうめん山本の白髪とは?一度は食べるべき伝説の素麺について

伝説のそうめん山本の白髪とは?

「三輪そうめん」を代表とする「山本の白髪」について詳しくご紹介しますね。

まず店舗の場所ですが、JR巻向駅から徒歩10分も歩くと店舗が見えてきます。

麺館という名前のそうめんについて学べる施設もあり、そうめんやにゅうめんが販売されています。

かなり静かな雰囲気の中で、三輪そうめんを味わうことが出来ます。

そして、店舗のみではなく、公式ホームページからの購入も可能です。ぜひ、ご購入くださいませ。

麺の芸術品、白髪をご贈答用に。

細さの限界に挑戦した山本の芸術品。

10gあたりの麺線は約300本と、限られたそうめん師だけが造ることのできる「超極細麺」です。

その細さゆえの優雅な舌触りと喉越しは、数あるそうめんの中で類を見ないものです。(HPから抜粋)

細ければ細いほど高級品とみなされるそうめんの中でも、「白髪」は最上位に君臨する最高級品に分類されます。

職人が極めた大変希少価値の高い上質な品物で、45g×16箱で5400円という価格設定にも関わらす、人気が衰えることを知りません。

日本各地から三輪そうめんを求められる方々が長年後を絶たず、そして、これからも続くことが断言できます。

「白髪」は、食べ物の枠には収まらず、日本の伝統が生んだ芸術作品という形容しか出てこない、山本の商品の中でも最高峰と呼ばれている自信作。

美食家なら一度は堪能してみたいと思わせざるを得ない、究極の逸品です。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

アカ丸は伝説の三輪そうめん白髪を食べたいです!

どれくらい美味しいのかな?

楽しみです!

 

三輪そうめんについてのネットやツイッターでの口コミや評判について

悪い口コミはありません

「白髪のように細い。細いのにこしがある」「とろけるような食感」「後にも先にもこれほどのおいしさのそうめんは食べたことがない」「ぜひ、お勧めします」「押してます」と、絶賛の声がかなり多く、まず、悪い口コミはありませんでした。

それほど美味しいのでしょうね。

「白髪って名前がどうなんだろう」「実は奈良産ではなく、長崎の島原で製造されている」といった声があり、意外な真実も知れました。

 

まとめ

今回は、奈良の伝説の三輪そうめん山本白髪の極細麺のうまい秘密に迫る!口コミや評判は?についてご紹介してきました。

ご紹介した「三輪そうめん」の「山本白髪」は、歴史が長い老舗店であり、名店。

そして、「山本白髪」は誰もが口を揃える文句なしの名品ということがわかりました。

皆様もぜひ、一度は堪能されてみては如何でしょうか。

今回の、奈良の伝説の三輪そうめん山本白髪の極細麺のうまい秘密に迫る!口コミや評判は?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

スポンサーリンク