明治フランお菓子が販売終了?カロリーや何本入りでムースポッキーとの違いは?

スポンサーリンク

Pocket

今回は明治フランお菓子が販売終了?カロリーや何本入りでムースポッキーとの違いは?についてご紹介します。

明治フランお菓子が販売終了、との情報がありました。

本当に明治フランお菓子が販売終了?なのか、そうであればなぜなのか、カロリーや何本入りでムースポッキーとの違いは?について調べてみました。

調べた結果、2023年1月現在明治フランは販売終了していません。

明治公式サイトからフランのブランドサイトが確認でき、オリジナルショコラ、ダブルショコラの2種類が掲載されていますので、安心してくださいね。

2023年1月現在通販サイトのAmazonや楽天でも明治フランが購入可能ですよ!

近くの店舗で売ってない場合などには通販サイトのAmazonで購入するのが、ガソリン代の節約や時間の節約にもなってしかも金額的にもお買い得になっているのでお得ですよ!

 

スポンサーリンク

明治フランお菓子が販売終了?

今回は明治が販売しているフランが販売終了しているのではないかを紹介していきます。

私の考えとしては、フランはポッキーやトッポと似ているために比較されて人気が低迷したため、販売が終了したのではないかと思いました。

しかし、結論は販売しています。

では、なぜ販売終了しているという話があるのかというと、それは、フランホワイトチョコ味が販売終了しているからです。

ホワイトチョコは人気が高かったので、そのため販売終了しているという話が出たと思います。

 

スポンサーリンク

明治フランお菓子のカロリーや何本入りでムースポッキーとの違いは?

フランのカロリーは一袋3本入りで96キロカロリーです。

ポッキーは一袋182キロカロリーです。

1本だと10キロカロリーです。

こう見ると、フランの方がカロリーが低く見えますが、内容量が違うのでほぼ同じです。

1999年に明治フランが発売され、2000年にグリコムースポッキーが発売されました。

両商品とも、発売当初は品切れが続出して、生産が追いつかなくなるほどだったようです。

大きな違いは、グリコムースポッキーはスティック部分がプレッチェルでできていて先端がまっすぐですが、明治フランはスティック部分がココア味のビスケットでできていて先端が丸みを帯びています。

チョコレート部分の違いを言葉で表すのはなかなかむずかしいですが、名前の通り空気を含んだふんわりとしたムースタイプのチョコをたっぷりコーティングしているグリコムースポッキー、やわらかいチョコホイップショコラをぽってりとコーティングしている明治フラン、と言ったところでしょうか。

現在グリコ公式サイトにはムースポッキーは掲載されていません。

残念ですが、グリコのムースポッキーは、販売終了となっているでしょう。

 

スポンサーリンク

フランお菓子を購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

口コミとしてはポッキーよりチョコレートのコーティングが厚く上品な甘さがおいしいなどやクッキー部分がしっかりとした太さがあり食べ応えがあるなどかなり好評です。

反対に3本しか入っていないなどが不評のようです。

ポッキーとの違いはやはり一袋の本数のちがいでしょう。

そこが消費へのマイナス部分だと考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は明治フランお菓子が販売終了?カロリーや何本入りでムースポッキーとの違いは?についてご紹介してきました。

明治フランは2023年1月現在販売終了していないということがわかりました。

現在はオリジナルショコラとダブルショコラの2種類のラインナップで販売されています。

1袋に3本は少ないけれど、ホイップショコラは濃厚な味で充分満足できます。

大人のおやつには、食べ過ぎなくてちょうどいいですね。

通販サイトのAmazonや楽天では明治フランが購入可能ですよ!

近くの店舗で売ってない場合などには通販サイトのAmazonで購入するのが、ガソリン代の節約や時間の節約にもなってしかも金額的にもお買い得になっているのでお得ですよ!

明治公式サイト:Fran(フラン)

グリコ公式サイト:ポッキー

スポンサーリンク

FacebookTwitter