チョコフレーク森永が生産終了の理由はなぜ?復活はあるの?お菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方や森永と日清のカロリーや値段の違いは?

スポンサーリンク

Pocket

今回は森永チョコフレークが生産終了の理由はなぜ?復活はあるの?お菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方や森永と日清のカロリーや値段の違いは?についてご紹介します。

森永チョコフレークが生産終了、との情報がありました。

本当に森永チョコフレークが生産終了なのか?生産終了であれば理由はなぜ?なのか、復活はあるの?お菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方や森永と日清のカロリーや値段の違いは?について調べてみました。

調べた結果、森永チョコフレークは2019年に生産終了しました。

森永製菓が千葉県にある菓子工場の閉鎖など生産拠点の再編案発表し、それに伴っての生産終了ということでしょうか。

現在は、2022年3月に森永チョコフレークの進化形商品として発売された、森永チョコフレーク<無骨な塊>が販売されています。

手につかない塊状のチョコフレークが、小袋サイズに入っていて手軽に食べやすくなっています。

通販サイトのAmazonや楽天でも森永チョコフレーク<無骨な塊>は購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

チョコフレーク森永が生産終了の理由はなぜ?復活はあるの?

森永製菓は2018年9月28日、千葉県にある菓子工場の閉鎖など生産拠点の再編案を発表。

それに伴って、1967年発売のロングセラー商品「森永チョコフレーク」は2019年に生産終了しました。

正式な商品名は「森永チョコフレーク」なのですが、新聞やテレビなど多くの報道では、メーカー名を略した「チョコフレーク」の名前が使われてます。

その影響もあってか、日清シスコの同名商品と混同する人が続出しました。

加えて、商品パッケージもどことなく似ています。

どちらも、赤を基調に黄色い英字で「CHOCO FLAKE(s)」とのロゴがあり、その下部にフレークの商品写真を置いています。

ちなみに、日清シスコのチョコフレークの発売は1968年です。

こうした点などが原因なのでしょうか、森永製菓が生産終了を明らかにしてからのインターネット上では、両者を混同したような書き込みをするユーザーが続出してしまったようです。

日清シスコ広報部の担当者はJ-CASTニュースの取材に、森永の生産終了を受けて「勘違い、発売継続の応援、確認など数件問い合わせがございました」と明かしていました。

その上で、「今回の森永さんの生産終了の情報で店頭の動きがさらに活発化しているようですが、詳細は確認中です」とも話してました。

そして、森永は技術を生かし新商品を開発。

チョコレートメーカーとして、年間30品目を超えるチョコレート商品を扱う森永製菓は「近年はとくにカカオ感の強いチョコレートへの人気が高まっています。より支持される商品への注力を進める中、チョコフレークは役目を終えましたが、長年培った技術を駆使し、これからも時代や嗜好の変化に合わせたチョコレートを追求します」と話しました。

 

スポンサーリンク

チョコフレークのお菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方や森永と日清のカロリーや値段の違いは?

☆チョコフレークのお菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方

【材料】 4個分

  • チョコパイ…4個
  • チョコフレーク 又は コーンフレーク(チョコ味)…適量
  • 牛乳…大さじ2杯(30ml)
  • 板チョコ…30g

以上4つを、順番に混ぜていくだけの簡単なレシピです。

  1. ボウルにチョコパイを入れる。
  2. チョコパイを木べらやフォークで粉々になるまでつぶす。
  3. 板チョコを600Wで10秒加熱して溶かす。ポイント★ 牛乳(分量の中から取り分けています)を少しだけ入れて溶かすと、チョコの温度が上がり過ぎず、加熱時の失敗を防げます。
  4. 2に、溶かしたチョコと牛乳を入れて混ぜる。
  5. ねっとりとまとまればOK!冷蔵庫で15分ほど冷やす。
  6. 5を冷蔵庫から取り出し、ボウルの中で4等分にする。ポイント★ 冷蔵庫から取り出す頃には、生地が冷えて扱いやすくなっているはず。冷やした方が形を整えやすいです。
  7. 4等分した生地の1つをラップの上に乗せて包み、巾着状に形を整える。
  8. ラップを外し、皿やバットに並べる。残り3つも同じような巾着型に形を整える。
  9. 下から順番にチョコフレークを差していく。

できあがり!

ポイント★ 上の方に差すチョコフレークは、小さめを選ぶと松ぼっくりらしくなります。

カロリーは

森永 1人前 (114 g)には542カロリー

1袋 (80 g)には380カロリーとなっています。

お値段は

130円(日清)

148円(森永)となってます。

 

スポンサーリンク

チョコフレークを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

  • ミルクチョコの風味、ザクッとした食感も変わっていません
  • 後味もしつこくなくてすごく食べやすい
  • ザクザクとした食感が好きです
  • チョコレートの味も濃厚だし味わい深い
  • チョコレートに覆われているにもかかわらずコーンフレークも感じられ何気に鉄分やカルシウム入りのスグレモノ

とても美味しいとのクチコミが多かったです。

ザクザク感や、コーンフレークとの相性が抜群で、ついつい食べてしまうお菓子。

甘すぎないのも良いとの事。

お子様からお年寄りまで人気でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は森永チョコフレークが生産終了の理由はなぜ?復活はあるの?お菓子を松ぼっくりにアレンジする作り方や森永と日清のカロリーや値段の違いは?についてご紹介してきました。

森永チョコフレークは2019年に生産終了しました。

森永製菓が千葉県にある菓子工場の閉鎖など生産拠点の再編案発表し、それに伴っての生産終了ということでしょうか。

ロングセラー商品が、時代の流れの中で惜しまれながら52年の歴史に幕を閉じました。

現在は、2022年3月に森永チョコフレークの進化形商品として発売された、森永チョコフレーク<無骨な塊>が販売されています。

手につかない塊状のチョコフレークが、小袋サイズに入っていて手軽に食べやすくなっています。

通販サイトのAmazonや楽天でも森永チョコフレーク<無骨な塊>は購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

FacebookTwitter