ウィリーウォンカチョコが販売終了の理由はなぜ?再販はある?似てる類似品やゴールデンチケットの確率や値段は?

スポンサーリンク

Pocket

今回はウィリーウォンカチョコが販売終了の理由はなぜ?再販はある?似てる類似品やゴールデンチケットの確率や値段は?についてご紹介します。

ウィリーウォンカチョコが販売終了、との情報がありました。

本当にウィリーウォンカチョコが販売終了しているのか、そうであれば理由はなぜ?なのか、再販はある?似てる類似品やゴールデンチケットの確率や値段は?について調べてみました。

調べた結果、ネスレでは2018年ウィリーウォンカチョコの製造を終了し、2019年8月には販売終了しています。

現在ネスレ公式サイトでも、ウィリーウォンカチョコは掲載されていません。

残念ながら、ウィリーウォンカチョコを購入することはできないようです。

2023年1月現在通販サイトのAmazonや楽天でもウィリーウォンカチョコは購入できません。

ウィリー・ウォンカDIYモールド金型

 

スポンサーリンク

ウィリーウォンカチョコが販売終了の理由はなぜ?再販はある?

今回は映画チャーリーとチョコレート工場で出たウィリーウォンカチョコが販売終了しているのかを紹介していきます。

私の考えとしては販売していると思いました。

ですが、日本での販売がないために販売終了している、しかし海外では販売しているのではないか、と思いました。

しかし、結論を言うと、販売終了しています。

理由としては、ウィリーウォンカチョコを作っている会社ネスレが菓子事業を終了したためだからです。

現在では、健康食品を中心にやっているようです。

なので、ウィリーウォンカチョコは販売していません。

 

スポンサーリンク

ウィリーウォンカチョコの似てる類似品やゴールデンチケットの確率や値段は?

ウィリーウォンカチョコが食べられない今、類似品としては、スニッカーズを紹介します。

スニッカーズは粘りのあるヌガーとキャラメルとピーナッツを包んでいます。

しっかりとした歯ごたえがあり海外のチョコという一品になっています。

次は、ゴールデンチケットを紹介します。

ゴールデンチケットとは、ウィリーウォンカチョコに入っていたチケットのことです。

映画と同じように5枚だけ金のチケットが入っていて、当選者には毎年違った、映画ファンにはたまらないものが贈られていたそうですよ。

しかし、当たる確率は、宝くじで1等を当てるぐらい。

販売されていたのは、数百万個、当選は5枚なので、かなり難しかったようです。

値段は、はっきりとは分かりませんが、525円くらいだと思われます。

チョコレートで525円だと高級な感じがします。

 

スポンサーリンク

ウォンカチョコを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

ウォンカチョコの口コミとしては、やはり再販を希望する声がかなり多いです。

理由としては、味もおいしいですが、映画を見て食べたい、チケットを当てたいなどの声が多くあります。

私も一度食べたことがあります。

味はかなり甘いですが、映画を見ながら食べるとより映画を楽しめました。

チケットを当てたいと思うので大量に買いたいです。

是非再販して頂きたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はウィリーウォンカチョコが販売終了の理由はなぜ?再販はある?似てる類似品やゴールデンチケットの確率や値段は?についてご紹介しました。

2018年にウィリーウォンカチョコの製造は終了し、2019年8月には販売終了していたことがわかりました。

アメリカのお菓子業界の激しい競争のため、ネスレ米国が菓子事業をイタリアの食品会社フェレロに売却し、ウォンカチョコの生産、販売権を譲渡したからです。

2023年1月現在ウィリーウォンカチョコを購入できるところはないようです。

通販サイトのAmazonや楽天でも購入できません。

しかし、ここにきて、ウィリーウォンカチョコの再販の可能性を期待する声がSNSであがっています。

映画「チャーリーとチョコレート工場」の公開から18年、チョコレート工場の経営者ウィリーウォンカが主人公の映画「Wonka」が2023年3月にアメリカで公開されるのです。

この映画の公開によってウォンカチョコの製造、再販が実現するといいですね!

ウィリー・ウォンカDIYモールド金型

ネスレ公式サイト:商品情報

スポンサーリンク

FacebookTwitter