ワンピース考察シャンクスの正体とは天竜人?五老星との関係やロックスの息子説は?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、ワンピース(考察)シャンクスの正体とは天竜人?五老星との関係やロックスの息子説は?についてご紹介します。

ワンピース(ONE PIECE)のシャンクスといえば、主人公ルフィに強い影響を与えた男で、作中屈指の強さを誇る大海賊でもあります。

そんなシャンクスですが、重要人物なのは間違いないんですけど登場回数が少ない上に、最近のワノ国編が始まる前の世界会議(レヴェリー)編で意味深過ぎるシーンがありました。

そのシーンというのが、世界政府のトップである五老星と直接謁見し、「ある海賊について話が…」と語り始めるシーン。

うーん、謎ですね(笑)。

これをきっかけに、読者にとってシャンクスは一気に怪しい人物へ…。

このシーンに関する考察は多くの読者にされていて、中には「あーそういう考えもあるか!」と納得してしまうものもあります。

同じく、私なりにも考察させていただきます。

以下2つの考察に関して、解説します。

  • シャンクスは天竜人
  • シャンクスはロックスの関係者

それでは、ワンピース考察シャンクスの正体とは天竜人?五老星との関係やロックスの息子説は?について私なりの考察やロックスの概要をまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

シャンクスは天竜人説?

1つ目の考察です。

天竜人は基本的に、残酷でムカつくヘイトが溜まりまくる連中。

けれどミョスガルド聖、ロシナンテ(コラさん)などの例外、もとい人の心を持っている天竜人もいます。

だからシャンクスが天竜人である可能性は0%ではないんですよね…。

 

五老星に重宝される

理由の1つ目は、五老星に「君だから謁見を許した」と言われたシーン。

世界政府のトップである五老星が、海軍関係者以外で直接謁見したのはシャンクスだけ。

ただ、天竜人を一回辞退したドンキホーテ家が、後で天竜人に助けを求めても拒否されたので、天竜人であろうと一度でも降りた人には優しくない気がします。

シャンクスが仮に天竜人だとしても、彼は小さい頃に海賊団に所属していて、その前には天竜人を辞退したでしょうし、海賊として活動を続けているうちは天竜人に戻る選択肢は許されないはず。

ここは五老星と天竜人を切り離して考えると良いかもしれません。

作中で五老星が天竜人の誰かと会話するシーンはなく、政治に関わってなさそうな天竜人とはよほどのことがない限り、顔を合わす機会も無さそうですし。

それでもシャンクスの面会を許したのは、彼が『何かしら特別なもの』を秘めているとしか考えられません。

 

マリージョアに来れる

理由の2つ目は、マリージョアに謁見できること。

どのくらいの頻度で、どんなルートを通ってマリージョアに上陸するのかは不明です。

マリージョアへの主な行き方は、以下の通り。

  1. 専用の巨大エレベーターに乗る
  2. ヴィンスモーク家が開発した巨大電伝虫に乗る
  3. 素手でよじ登る
  4. 飛行能力で行く

行き方がとても限られているのに、シャンクスは普通に来ています。

また、堂々とマリージョアに来れるとは思えません。

世界政府のトップが大海賊と繋がっているということは、とてつもないスキャンダルですから。

作中でマリージョアでシャンクスが顔を合わせたのは五老星だけで、他の人間にはシャンクスが来たこと自体が機密情報かもしれません。

ましてや、面会時期が世界会議とかぶっていましたし、出席者の王族や関係者に見られるわけにはいきません。

もしバレたら、CP9などを使って口封じぐらいしそうです(最悪消される可能性も…)。

よって、秘密のルートなどでこっそり通されたと考えられます。

 

ビブルカードの情報

理由の3つ目は、ビブルカードに書かれているシャンクスの情報です。

ビブルカードとは作中に出てくる「命の紙」のことではなく、公式で発売されているワンピースキャラのプロフィールが書かれた図鑑です。

身長や体重、血液型などの他に、好物も書かれています。

ビブルカードに書かれているシャンクスの好物が、ロブスターとのこと。(ちなみにキムチチャーハンも好き)

実はある人物も、ロブスターが好物なんです。

その人物とは、ドンキホーテ・ドフラミンゴ

言わずもがな、彼も天竜人の血筋です。

この一致は偶然なのでしょうか?

海賊であるシャンクスが、高級料理のロブスターが好きというのもなんとなく違和感がありますね。

まあ、偶然の一致に過ぎないかも、という身も蓋もないメタ的見解もしておきます。

たくさんの登場キャラクターがいるので、目立ないキャラも含めて一人一人の細かい情報が書かれているので、好物や趣味が他のキャラとかぶってしまうことはよくありますし。

 

頂上戦争での赤犬の対応

理由の4つ目は、頂上戦争でのことです。

あの時のシャンクスは、赤犬の攻撃を止める形で現れました。

そして海軍からの攻撃がないまま、戦争の終わりを宣言。

ここで不可解なのは、あの赤犬が攻撃してこなかったことです。

シャンクスが現れるまでの赤犬は、エースを殺し、ルフィを追撃し、白ひげともやり合う暴れっぷり。

「徹底した正義」の名に恥じない冷徹な行動力と苛烈さでした。

そんな赤犬が、許されざる海賊の一人であるシャンクスにはそれ以上の攻撃をしませんでした。

ルフィを逃がす隙を作られたことに悪態をついただけ。

赤犬やセンゴクは、シャンクスの立場を知っていたからこそ大人しくしていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

シャンクスはロックスの関係者?

2つ目の考察です。

最近明らかになった新情報、ロックスの存在。

しかもロックス海賊団に関することと、シャンクスを含めた四皇の懸賞金はどちらも957話「ULTIMATE」で明かされました。

このタイミングも意味深に思えますね…。

そして肝心の、謁見時の「ある海賊について話が…」の「ある海賊」とは、ロックスのことなのではないかとも考えられますね。

後に海軍本部でロックス海賊団に関する情報を発表していたのも、シャンクスの謁見がキッカケになったのでは?

 

ロックスとは?

ここで、現時点で判明しているロックスの情報を整理しましょう。

  1. 本名:ロックス・D・ベーシック
  2. 儲け話のために名だたる海賊を集めた
  3. ゴッドバレーでロジャー&ガープに敗北
  4. おそらく既に故人
  5. 目的は世界の掌握

少なすぎますねー、当たり前ですけど(笑)。

見た目も不明確のままで、シルエットだとサンゴ礁のようにツンツンした髪の男、ぐらいしか分かりません。

 

ロックスの息子?

可能性の一つは、ロックスの息子であること。

そうなれば、シャンクスもDの一族になりますね。

ロックス・D・シャンクスと呼ぶんでしょうか…?

もしくはシャンクスは偽名であり、本名は全く違うものという可能性も。

Dの一族の名前に関して、巷で有名な説に以下のものがあります。

  • モンキー・D → 門(もん)と鍵(きー)
  • ロックス・D → ロック
  • ゴール・D  → ゴール

それぞれが扉に関する語呂合わせになっているという考察。

扉をロックする者が、扉を開く鍵である者に立ちふさがる構図として、最終的にはルフィVSシャンクスが実現するかもしれません。

 

黒ひげとの繋がり

ロックスとの類似点は、むしろ黒ひげの方が多いんです。

  • 強い海賊を集めて束ねた
  • 一箇所の島を拠点にした
  • 黒ひげの船の名前が「サーベルオブベーシック

特に意味深なのは、船の名前ですね。

ロックスの関係者であるのは、黒ひげではないでしょうか?

また、シャンクスと過去に戦ったことがありますが、二人が戦った理由がロックスに関する可能性も捨てられません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ワンピース考察シャンクスの正体とは天竜人?五老星との関係やロックスの息子説は?についてご紹介してきました。

正直言うと、謎だらけですね。

天竜人説はともかく、ロックスの息子説は情報が少なすぎるのでかなり薄いと思います。

最後にルフィの前に立ちはだかるのがシャンクスなら、かつてロジャーがロックスとぶつかりあったように、ラスボスとしての立ち位置からロックスとの繋がりが示唆されるかもしれません。

ルフィが四皇を最終的には全員倒すつもりで、最後にシャンクスと戦う目標を立てているので、真実が判明するのはワノ国編が終わってからでしょう。

今回の、ワンピース考察シャンクスの正体とは天竜人?五老星との関係やロックスの息子説は?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰ワンピース

スポンサーリンク