スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介

スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介

スポンサーリンク

Pocket

今回は、スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介します。

スキャンダルは2016年にアメリカで起きた実話を元にした映画となっていて、日本では2020年2月21日(金)から公開となります。

シャーリーズ・セロンが、実在するメーガン・ケリーそっくりに変身していることが話題となり、特殊メイクを担当したカズ・ヒロがアカデミー賞を受賞したことでさらに注目を集めていますね。

そして、映画の主題歌や挿入歌がとてもマッチしていて凄いとTwitterなどで話題になっています。

主題歌を担当したのは、史上最年少18歳でグラミー賞を受賞したビリー・アイリッシュという女性なんです!

それでは、スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌についてご紹介

ここでは、スキャンダルの主題歌や挿入歌を見ていきたいと思います。

スキャンダルの主題歌は、現在放送中の日本の連続ドラマにも使われているんです!

 

主題歌はビリー・アイリッシュの「badguy」

主題歌はビリー・アイリッシュの「badguy」という曲だということが分かりました。

どんな曲なのか、こちらをご覧ください。

とても独特な音楽でカッコいいですよね。

「badguy」とは直訳すると悪い男という意味ですので、本作で3人のキャスターが権力に立ち向かっていく様子と、曲がマッチしているんです。

どんなシーンでこの曲が流れるのかも注目ポイントとなっていますよ。

さらに、現在毎週日曜日の22時30分から放送されている連続ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の主題歌でも起用されています。

それだけこの曲が人気であることが伺えますね。

 

挿入歌の音楽は?

本作では、劇中に流れる挿入歌も凄い人が担当していたんです。

それではどんな人物なのか見ていきましょう!


(出典:https://eiga.com/person/43895/)

  • セオドア・シャピロ
  • 生年月日:1971年9月29日(48歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国ワシントンD.C
  • 職業:作曲家
  • 主な作品:「プラダを着た悪魔」(06)、「奇人たちの晩餐会USA」(10)、「ワンチャンス」(13)、「LIFE/ライフ」(13)、「マイ・インターン」(15)、「Dearダニー 君へのうた」(15)、「トランボハリウッドに最も嫌われた男」(15)、「素晴らしきかな、人生」(16)、「シンプル・フェイバー」(18)、「ラスト・クリスマス」(19)

 

第64回プライムタイム・クリエイティブアート・エミー賞で、「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」において、ミニシリーズ / テレビ映画 / スペシャル番組部門音楽賞でノミネートされました。

BMI映画・テレビ賞では、2004年から2013年にかけて複数の映画音楽部門で同賞を受賞しています。

とても有名な作品の作曲をたくさんしている人なので、スキャンダルの挿入歌が良いのも納得できますね。

 

スポンサーリンク

スキャンダル映画グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介

ここでは、スキャンダル主題歌「badguy」を歌う、ビリー・アイリッシュについて見ていきたいと思います。

音楽的才能を持つ天才さんなんです。

 

ビリー・アイリッシュのプロフィール

  • ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル
  • 生年月日:2001年12月18日(18歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス
  • ジャンル:ポップ、エレクトロポップ、インディーポップ
  • 職業:シンガーソングライター、モデル
  • 音楽制作:フィネアス・オコネル(実兄)

 

アイリッシュはホームスクールで育ち、8歳でロサンゼルス児童合唱団に参加しました。

兄であるフィネアスは、すでに自身のバンドで作曲、演奏やプロデュースをしていたため、それを追いかけるようにアイリッシュも11歳から作曲し歌っていたそうです。

アイリッシュのソプラノ声は「優美」「ささやくような声」などと絶賛され、兄のフィネアスとは共同で音楽を作曲し、兄のことをパートナーと呼んでいます。

 

第62回グラミー賞で史上最年少受賞

ビリー・アイリッシュは2020年に開催された第62回グラミー賞で、史上最年少18歳で主要4部門受賞を含む、5冠の快挙を達成しました。

受賞したのは、「年間最優秀楽曲賞」「最優秀新人賞」「年間最優秀アルバム賞」「年間最優秀レコード大賞」「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞」です。

これは、1981年に開催された第23回グラミー賞のクリストファー・クロス以降39年ぶりの史上2度目となる快挙で、女性としては初となりました。

彼女の代表曲「badguy」は全米シングル・チャートで1位となり、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業となり、今世界で一番注目されている若手アーティストです。

日本でも大人気で、2020年9月2日(水)に横浜アリーナで単独ライブの開催も決定しています。

まだ18歳という若さなのに凄いですよね。

これからの活躍がますます楽しみです。

 

スポンサーリンク

スキャンダル映画2020主題歌や挿入歌についてツイッターは?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介についてご紹介してきました。

アイリッシュの「badguy」は本当にいい曲で、スキャンダルの内容ととてもマッチしています。

素晴らしい映画と素晴らしい主題歌、素晴らしい挿入歌が合わさって、本当に見ごたえ抜群の内容となっています。

実際に視聴した人ほとんどが絶賛の声ですので、映画の内容と曲に注目しながら映画を観て頂ければ楽しめること間違いなしです。

今回の、スキャンダル映画2020の主題歌や挿入歌は?グラミー賞を受賞したビリーアイリッシュについてご紹介についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式:スキャンダル

 

スポンサーリンク