ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介

ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介

スポンサーリンク

Pocket

今回は、ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介についてご紹介します。

2月21日に日本でも公開される、アリア・スター監督、脚本の『ミッドサマー』長編作品では2作品目となります。

前作での『へレディタリー 継承』で各業界から絶賛されたホラー作品ですが、幽霊や怪奇現象などを一切使わずにホラーを体験できる新しい形のホラー作品だと言われています。

後味の悪い、胸がざわざわする気持ち悪い作品なのにもう一回見たくなる不思議な感覚に襲われます。

気になる作品のあらすじですがこちらをご覧ください。

家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人と共にスウェーデンの奥地で開かれる”90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。

URL:https://www.phantom-film.com/midsommar/

それでは、ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?

ミッドサマーのグロい映画についてどんなところがグロいのか?!

監督本人は、本作品をホラー映画として認識していないみたいですが、今回のミッドサマーは、グロ描写もありエロ描写もあるみたいです。

ホラー映画を作ろうと思ってグロいシーンを撮ったわけではなく、今回の物語を進めることによってグロいシーンが必要だったみたいです。

しかも今回は147分との長編ですから、見に行くのは勇気がいりますね(笑)

本来、ホラー映画といったものは真っ暗のなかであったりと雰囲気からホラーを体感させてくれますが、今回の作品は真昼間の太陽が沈むことがない村でのホラー映画となりますから想像し難いです。

監督自身、失恋映画・家族映画とも話していますが実際の口コミをみたら、感じ方は人それぞれですがグロ描写、エロ描写も目立つ作品みたいです。

日本作品ではカットされてしまうかもしれませんが、アメリカの作品は結構グロもエロも強めなものみたいです。

そしてカラフルな花や白いワンピース、太陽などのもとでの作品ですから上品なホラー映画のような感じだと思います。

 

ミッドサマーのアリアスター監督の評判や口コミは?

前作品で注目を集めていたアリアスター監督ですが、常識破りなホラー作品を脚本する監督といった感じですが、先日来日した様子ではその裏腹に物凄い穏やかな方みたいです。

失恋経験などで作品を考えているみたいですが終わりが分からない、最後にはトラウマを抱えてしまうような作品作りには若い監督では考えられない内容になっているみたいです。

監督自身、ホラーではないと言っているので騙されるとの声も多数あります(笑)

サイコパスな監督との声もあがっていますが、確かに前回の作品でもそうですがホラーではないと言われて見たら、最後にはトラウマが残るって怖いですね・・

ホラーやグロい作品が好みの人からしたら、そこまでグロいものではないと思いますが、短編作品などからすると血も幽霊も怪奇現象も何もないのに、ぞっとするような物語もありました。

あか子
トラウマ級のホラーを、家族映画等と語っている監督が凄いです(笑)

 

スポンサーリンク

ミッドサマー映画のアリアスター監督の生い立ちや代表作品も紹介

アリアスター監督の生い立ちは?

1986年にアメリカ・ニューヨークで産まれ、アメリカン・フィルム・インスティチュートの美術修士号を取得しています。

4歳のころに初めて映画体験をし、一家はイングランドに引っ越したがニューメキシコ州に移り住み、青春時代を過ごしたそうです。

映画監督としては、ホラー作品の制作に没頭していたが、いける範囲のビデオ店に行きホラー映画を片っ端から観賞したみたいです。

2011年に『TDF Really Works』を初監督作品としてだされ、のちに『The Strange Thing About the Johnsons』(父子の性的虐待を題材とした物語)などの短編作品を6作品作られています。

2018年に初めて長編作品が公開され、今回の『ミッドサマー』で2作品目の長編作品となっています。

 

アリアスター監督の代表作品とは?

短編作品でも注目を集めていた監督ですが、2018年に公開された初めての長編作品『へレディタリー 継承』で21世紀最高のホラー映画と評され、週末興行収入ランキング初登場4位となりました。

同作では映画批評家協会賞など様々な賞を獲得するなど多数の映画賞にノミネートされました。

『へレディタリー 継承』も家族を題材とした作品であり、ある一家に襲いかかる逃げられない恐怖を描いています。

こちらも実体験をもとに作られた作品みたいです。

あか子
初めての長編映画で数々の賞を獲得し、絶賛されるって凄いですね。

 

スポンサーリンク

ミッドサマー映画のアリアスター監督についてツイッターは?

あか子
今回の作品はやっぱり、カラフルなお花や、白いワンピース、キレイな太陽がトラウマになるレベルのホラーなんですね・・

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介についてご紹介してきました。

グロいのが苦手で初めてグロい映画を見る方にはおすすめしない映画です・・

ホラー映画とは思えない147分の長編ですので、初心者にはきついですね(笑)

しかし、今回の作品は上品なホラー映画と言われている太陽のもとでの作品ですから本当に想像がつかないです。

前作の『へレディタリー 継承』を見たことある人でしたら是非観賞していただきたい作品となっています。

監督の前代未聞独特なホラー作品、最後はハッピーエンドか、バッドエンドかはそれぞれの感性によって違うと思います。

花や白いワンピースがトラウマになってしまうミッドサマー、2月21日に公開となるので是非注意して劇場に足を運んでください。

今回の、ミッドサマーグロい映画のアリアスター監督の評判や口コミは?生い立ちや代表作品も紹介についての情報があなたの役に立てば幸いです!

公式サイト:ミッドサマー

スポンサーリンク