防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介

防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介

スポンサーリンク

Pocket

今回は、防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介についてご紹介します。

防振りアニメも放送開始から早いもので第5話まで放送されました。

放送期間も折り返し地点という事で今回はネットやツイッターの意見を中心にどんな反応がされているのかに迫っていきたいと思います。

私自身は毎週とても楽しく視聴をさせて頂いておりますが、どんな作品であっても肯定的な意見もあれば否定的な意見も出てきてしまうものです。

人それぞれ好みや求める物が違ってしまいますので仕方が無い事だと考えています。

この記事はどちらかの意見を助長するものでは無く、あくまで中立的な観点から色々な意見を紹介していきたいと思います。

さらに、アニメ第5話までの名シーンや名セリフをこちらは逆に私の独断と偏見でご紹介させて頂きますのでアニメの予習やこれから視聴する際の参考にして頂けたら幸いです。

それでは、防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

防振りアニメ面白いつまらない?

防振りアニメが面白い理由は?

面白いと言う意見を調べてみた結果を大体ですがまとめてみますと下記の様な意見が見られました。

  • キャラが可愛い!
  • 作画が綺麗(特に戦闘シーン)
  • 話が重くないので安心して観れる
  • 回を増す毎にメイプルが凶悪な強さになっていくのが面白い!
  • テンポが速くて良い

この様な意見が沢山見られました。

キャラのデザインが皆可愛いのに加えてキャラ一人一人が個性豊かで表情もコロコロ変わるので視聴していて楽しくなってしまいます。

可愛いだけでは無く、戦闘描写は光の残像表現が綺麗でアングルもダイナミックで迫力がありますし、CGとの切り替えが上手との意見も見られました。

戦闘だけでは無く背景や細かい所の作画もしっかりされていますので至る所にスタッフのこだわりが感じられます。

ストーリー展開自体はシリアスな重たいシーンはほとんど無く、安心してノンストレスで観られるのが特徴ですね。

他のMMORPGや異世界転生物を題材にした作品は急にシリアス展開になったり残酷表現が入ってきたりする作品も結構ありますので、ひたすらに明るく楽しくストーリーが続く防振りは視聴していて疲れてしまうような事がありません。

面白い所の一つとしてメイプルが他のプレイヤーや運営が予期しないプレイを初心者ゆえの柔軟な発想でやってしまう所なのかなと思います。

ツイッター等で実況しながら視聴されている方の多くは「そのスキルそう使うんかい!」と突っ込みを入れながら視聴されている方が多かったです。

ネットでの意見をまとめてみますと可愛い女の子がワイワイ楽しそうにしているのが観たい方やシリアスで重いストーリーはちょっと…と考えている人達にオススメ出来る作品かなと思います。

 

防振りアニメがつまらない理由は?

逆につまらないとされている意見をまとめてみますと下記の様な意見が見られました。

  • 作画は良いけどストーリーがつまらない
  • 展開がご都合主義、ワンパターン
  • ゲームの設定作りが甘い

この様な意見が多くみられました。

調べてみると作画の良さは否定的な意見の方も褒めている事が多くて単純に話や設定がつまらないとしている傾向でした。

基本的にメイプルが無双するストーリー展開ですし、周りの仲間達も強プレイヤーが集まっているのでバトルは多少苦戦する事はあっても改めてみると結構楽勝だったりします。

防御力にステータスを振るだけで強くなる設定や運営側があらゆる場合を想定してスキル等のデバックをしていなければおかしいと言った意見が多々見られます。

先ほど安心して観られる作品と言いましたが逆を言ってしまうとハラハラドキドキする様な展開が少ないのでその部分で退屈に感じてしまう方が多いのかなと感じました。

少し特殊な形ですが日常系やコメディとして観るか、MMORPGを題材にしているのならば重厚なバトルシーンや困難を乗り越えていく展開を期待するのかで意見が二極化してしまうのではないでしょうか。

作画の良さに関しましては全体的に好印象な方がほとんどなので安定しているのでは無いかと思いますが、シリアス展開を期待している方や設定のアラが気になってしまう方にはおすすめしにくい作品になってしまうかもしれません。

6話以降の展開次第では前半はだるかったけど後半の展開は良かった、最初は良かったけど中だるみしちゃった等、意見が変わる場合も御座いますのでどちらの意見も継続して追って行こうかなと思います。

 

スポンサーリンク

防振りアニメの名シーンや名セリフは?

ここからは防振りアニメの各話毎の名シーン、名台詞を独断と偏見でご紹介させて頂こうと思います。

 

防振りアニメの名シーンについて

第1話名シーン

第1話の名シーンと言えばやはり毒竜との戦闘シーンではないでしょうか。

毒竜と戦うまではその防御力で危なげなくモンスターを退治してきたメイプルでしたが、初めての強敵毒竜の毒攻撃にやられてしまうかと思われました。

毒耐性スキルが進化するのが早いかそれともポーションが無くなってしまうのが早いか一か八かの作戦や、その後のまさかの噛み付き攻撃!

今ではサリーとの連携やメイプル自身が強くなっているのでここまで予想外な展開は見られませんのでそういう意味でも見所が満載なバトルです。

 

第2話名シーン

第2話からは第一回イベントのシーンです。

機動力が足りない事から待ちに徹したメイプルを格好の的と次々に襲いかかるプレイヤー達。

メイプルには攻撃が全く効かなかったり毒竜のブレスで周りのプレイヤー達を一掃したりして結果は何と3位と言う快挙でした。

襲ってくるプレイヤーや観戦していたプレイヤー達が焦ったりしているなかで淡々とプレイヤーを沈めていくメイプルとのギャップが面白いです。

 

第3話名シーン

第3話はサリーがゲームに参加してきてバトルが特に目立つ回でしたがあえて二人で星空の中で食事をするシーン。

背景も幻想的で虹色に輝く髪や瞳などとても幻想的なシーンです。

2人で第二回イベントについて頑張ろうと誓い合うシーンで光がこぼれる演出も見事の一言につきます。

 

第4話名シーン

第二回イベント前半である第4話はやはり銀翼戦でしょうか。

一面氷の世界での戦闘は激しくもあり美しくもありました。

メイプルとサリーの連携がより際立つバトルです。

さらにスキルを獲得していなかったらメイプルがやられていた事が判明する等、現時点で一番メイプル達が追いつめられたボス戦でもあります。

 

第5話名シーン

第二回イベント後半、最後のサリー無双が印象的でした。

メイプルを一人残して単身対人戦に挑むサリーが持ち前のスピードを生かして他プレイヤーを圧倒します。

赤い月をバックに迫りくるサリーはさながら死神のようでありました。

短いシーンでしたが久しぶりの対人戦シーンで作画も気合が入っており印象的なシーンです。

 

防振りアニメの名セリフについて

第1話「私、これからも防御に特化してプレイしよう! 痛いのは嫌だし」

とりあえずお試しで始めてみたメイプルが毒竜を倒した後のセリフ。

恐らくそれまでは理沙が合流したらまた新しく作り直そうと思っていたと考えられるのですが、この一言でこのままプレイし続けようと決意したのではという一言です。

この一言がきっかけでメイプルの最強の大盾使いへの道が始まったと言っても過言ではないはず!

 

第2話「決めた! 私は回避盾になる!!」

ついに理沙もゲームを始める時が来た!

学校での会話で楓のプレイスタイルを聞いた理沙が放った一言。

普通なら盾職のメイプルと合わせるならメイプルの盾を生かせる接近戦が得意な装備にしそうな感じですが、まさかの盾と盾の異色パーティー。

この一言でメイプルとサリーの方針が決定しました。

 

第3話「寝てる間に終わらせちゃった」

第二層へとつながる洞窟でのボスバトル戦。

落下した衝撃でメイプルが気絶してしまいます。

サリーは1人でやるしかないと敵の攻撃を全て避け攻撃を叩きこみ見事勝利。

メイプルが目を覚ました時にこの一言。

サリーちょっとカッコよすぎませんかね。

 

第4話「あ、メイプルより速い」

銀翼を撃破して入手した幻獣の卵から生まれたカメのシロップ。

シロップのステータスAGI(機動力)15を見てサリーが言った一言。

え!?メイプルの機動力ってカメより遅いの!?って思わず笑ってしまいました。

 

第五話「めちゃくちゃ楽しかった―!」

第二回イベント終了後のメイプルの一言。

「色んな所に行ったし、色んな人にも会えた」と第二回イベントを振り返り

最後のこの一言でメイプルがいかに楽しんでプレイしているのかがサリーやカスミだけでなく視聴者にも伝わったセリフだと思います。

 

スポンサーリンク

防振りアニメの辛口評価の感想は?

ネットの反応を調べてみましたが肯定的な意見も否定的な意見もどちらも間違ってはいないなと思いました。

肯定派と否定派、それぞれ好みの違いによって意見が分かれた所ではないでしょうか。

実際どちらも作画の良さには高評価をしていますし、設定のアラはあってもストーリーが破綻している等の意見は見受けられませんでした。

本当につまらない作品は誰にでも分かる様な作画ミスやストーリーが破綻している等の意見が飛び交ったり、そもそも話題にすら上がらないものだと思います。

こう言った意見が見付からないという事は制作側が丁寧に原作をアニメへと料理しているからでは無いでしょうか。

そうなってしまいますとアニメがと言うよりかは原作自体が肌に合わないと感じてしまっていると思いますので致し方がない気がしてしまいます。

また、1話はバトルシーンでもメイプルのソロプレイだったので激しい動きがあまり無く退屈だと感じた方もいらっしゃいましたが、サリーが加入してきたことでバトルに動きが出ていると思います。

特に3話や4話でのバトルシーンはキレッキレに動きまくるので日常パートとの差にメリハリが出てきました。

今後仲間になるキャラクターも増えて行きますのでバトルのパターンが増えれば退屈と感じでしまった方の意見も変わるかもしれませんね。

個人的には濃厚で重厚なストーリーの話も大好きですが、色々なアニメを見る中で防振りみたいな安心してゆっくりと視聴出来るアニメは貴重だと思っています。

NewWorld Onlineの中でもプレーヤー毎に様々な楽しみ方がある様にアニメの楽しみ方も色々な意見があって良いのではないでしょうか。

ただ、自分の意見とは違うからと言って相手を非難したりケンカ腰にならない様に注意する事が大事なのです。

 

スポンサーリンク

防振りアニメ面白いつまらないについてツイッターの反応は?

 

まとめ

今回は、防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介についてご紹介してきました。

ネットやツイッターでの感想を中心に防振りについていつもとは違った視線で執筆させて頂きました。

冒頭でもお伝えさせて頂きましたがどちらかの意見を助長するものでは無く、あくまで一つの意見として読んで頂けたらと思います。

2020年冬アニメもいよいよ後半戦、どの作品も名作になるのも駄作となってしまうのもこれからの展開次第です。

作画も綺麗で安定していますし、仲間もどんどん増えていってこれからどんな展開になるのでしょうか。

原作もまだ未完の為、原作ファンの皆様は一体どの辺りまでアニメでやるのか、オリジナル展開が入って来るのか等も気になっているのではないでしょうか。

私も1ファンの1人としてアニメ防振りの今後の展開に注目していきたいと思っています!

今回の、防振りアニメ面白いつまらない?名シーンや名セリフ辛口評価の感想を紹介についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

出展:痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

スポンサーリンク