リゼロの最終回の結末ネタバレ&ラストまで見た感想とは?

リゼロ アニメ 名場面 名台詞 泣ける レム セリフ 見た 辛口評価 

スポンサーリンク

Pocket

今回は、リゼロの最終回の結末ネタバレ&ラストまで見た感想とは?についてご紹介します。

最終回はもちろん前回からの続きでペテルギウス対ユリウス(スバル)の対決から始まります。

しかし、私が思ったのは「え、ここからどうやって最終結末までもっていくの?間に合う…?」でした。

しかし、ペテルギウスとの対決を終えた直後に急展開。

またもスバルにピンチが襲う。エミリアや村人、子供達を救う為に全力を尽くすスバル。

そしてまたもペテルギウスの登場。

そんな困難を乗り越えて、エミリアに伝えた最後の言葉。

その言葉を聞いたエミリアは涙します。

気付いたら私も涙を流していました。

そんなリゼロの最終回なんです。

あか子
やっぱりリゼロの最終回は涙無しには語れませんね!

≫リゼロを今すぐに無料視聴する≪

 

スポンサーリンク

リゼロの最終回の結末やネタバレは?


ペテルギウス対ユリウス&スバルの対決も終盤に差し掛かり、見事に勝利を収めるスバル。

『ペテルギウス・ロマネコンティ。お前怠惰だったな。』この一言が印象的でした。

その矢先、ペテルギウスの手先(指先)によって、避難最中の村人達(エミリアと子供達の乗っている竜車)に火の魔石を残したまま出発してしまう。

このままでは爆発して大惨事を起こしてしまう。

エミリアと子供達を助ける為に急いで後を追うスバルとオットー。

その道中またしても最終形態と化したペテルギウスが登場。

後を追いかけてくるペテルギウスに対しスバルが抵抗する。

ユリウスの精霊の必殺技を借りペテルギウスを攻撃します。

それでも、ペテルギウスが炎で燃え盛るが消滅させられず。

しつこく追いかけてくるペテルギウスに対してスバルがとった行動は福音書を投げ、それに気を取られているペテルギウスに対して渾身のパンチを食らわします!

そして再び福音書を手に取り、ここでお前は『終わり』だ!と記入します。

それをみたペテルギウスが馬車に引き込まれ消滅します。

ペテルギウスにやっと完全勝利したスバルでした。

そしてやっとの思いでエミリアの乗っている竜車に到着します。

すぐさまエミリアの乗っている竜車に乗り込み、火の魔石を取り上げ一言スバルは言いました。

『好きだよ。エミリア』

そして、混乱するエミリアを後に全速力でかけていくスバルは火の魔石を白鯨の残骸の中に放り込み爆発を最小限に抑えることが出来たのでした。

気絶から目を覚ましたスバルの頭の下にあったのはエミリアの膝で膝枕をしてもらってました。

そしてここでもう一度エミリアに告白するスバルがいます。

そして再びその言葉を聞いたエミリアも涙を流し嬉しさを表現しました。

最後にエミリアの『ありがとうスバル。私を助けてくれて。』の言葉に対してスバルが返答する瞬間に物語は終わるのでした。

あか子
最後の終わり方でスバルはなんて返答してたのかなと想像しちゃいました!きっとスバルの事だから「イイって、イイって」なんてエミリアに言ってたりして(笑)

≫リゼロを今すぐに無料視聴する≪

 

スポンサーリンク

リゼロを最終回でラストまで観て感動した名シーンと名セリフは何?

最終回で感動したシーンについて紹介

やっとの思いでエミリアと子供達(火の魔石を積んでいる竜車)に追いついたスバルは、エミリアの竜車に飛び乗りました。

久々の再開もつかの間、急いで火の魔石を探し出し取り上げます。

そこにエミリアの『待って!どうして?』スバルの一言が『好きだよ。エミリア。』
このシーンがかっこよくて感動して涙を流してしまった。

また、スバルが『好きだよ。エミリア。』と告白した瞬間にエンディング曲の『Stay Alive』が流れるその瞬間がなんとも言えない感情が胸に刺さりました。

好きな人にすぐ会え、事情を説明したり話したい事がある中でも火の魔石を探さなければいけない。

そして、いつ爆発するかもわからないし死ぬかもしれない。

そんな時間もない緊迫したシーンでスバルの出てきた渾身の一言が『好きだよ。エミリア。』に繋がったのだと思います。

正直、私自身スバルは死ぬのだと思いました。

そう思った瞬間に涙がこぼれてきたのかもしれません。

スバルはパトラッシュとともに全速力で火の魔石をエミリア達から遠ざけて間一髪のところでスバルも助かりました。

気絶しているスバルが目を覚ますと膝枕しているエミリアの姿がありました。

ここで改めて告白するスバルに対してエミリアは、『いいのかな?私だけがこんな嬉しいことばかりしてもらって…』と呟きました。

スバルは『いいじゃん、贅沢しようよ。幸せなんていくらあったって困りはしないんだし。』と幸せそうなやり取りが続きました。

そして最後に『ありがとうスバル。私を助けてくれて。』のハッピーエンドで終わるのでした。

あか子
最後にはカッコ良かったスバルがとても印象的で頭から離れませんでした(笑)

 

リゼロの最終回での名セリフとは何?

エミリアがなんで私のこと助けてくれるのという質問にたいしてスバルの言ったことは、

「俺は君が好きだ。大好きだ。超好きだ。」

「ずっと隣にいたい、ずっと手を繋いでいたい。」

「君が自分の嫌いなところを10個言ったら、俺は君の好きなところを2000個言う。」

「俺は君をそうやって俺の特別扱いしたいんだ。」

このセリフが最終回でとても印象的でした。

今まで色々な事があったけどやっぱりスバルはエミリアのことが好きだと素直に言っているシーンとこのセリフ感動しました。

あか子
リゼロのヒロインはやっぱりエミリアだなとも感じた瞬間でした。

≫気になるリゼロ2期の最終回予想を初公開≪

スポンサーリンク

リゼロアニメ全話の中で1番印象に残っている名シーンは


リゼロの全話の中で一番印象に残っているシーンは何?

それはなんといっても18話のレムの告白シーンです。

スバルがエミリアを救う為にいろんなことをしてきたがどれもうまくいかずに失敗します。

精神的にも病んできて、それまで一緒に過ごしてきたレムの事を想うようになるスバル。

18話で意を決して「俺と一緒に逃げよう。どこまでも。俺を選んでくれ!俺を選んでくれれば俺のすべてはお前に捧げる。だから俺と逃げよう。俺と生きてくれ。」とレムにスバルはプロポーズをするのでした。

しかしレムの返答は、「レムはスバル君と逃げることはできません。」とスバルはレムに振られてしまうんです。

続けてレムは「だって未来のお話は笑いながらじゃなきゃダメなんですよ」と切り出したんです。

その言葉はかつてレムを救ったスバルがレムに対して放った言葉だったのです。

ずっと暗闇の中で生きてきたレムにとって光を与えてくれたスバルはまさに英雄なんです。

そんな英雄が困っている、迷っている時にかつてレムを救ってくれた言葉をそのままスバルに返します。

そしてもしスバルと結婚した場合の今後の未来を話し出すレムがいました。

更にスバルの好きなところを数えるレム。

『そんなに俺のことを想ってくれるなら…』と怒りにも似た感情をぶつけるスバルに対して普段優しいレムは折れず、『レムはスバル君を愛しています。』と言い抱きしめます。

そして『ここから始めましょう。1から…いいえ0から!』とタイトルを回収します。

このシーンで私は涙が止まりませんでした。

このシーンからレムの十分過ぎるスバルに対しての愛情が溢れていました。

あか子
このシーンは私の今まで観たアニメの中で一番感動したシーンでした。

≫リゼロを今すぐに無料視聴する≪

 

 

スポンサーリンク

リゼロの最終回の結末ネタバレについてのツイッターの口コミや感想は

リゼロ全話を見直したい方は

≫リゼロ全話を無料視聴してみる≪

 

まとめ

今回は、リゼロの最終回の結末ネタバレ&ラストまで見た感想とは?についてご紹介してきました。

リゼロはスバルから始まり、どのキャラも個性が豊かで、視聴者を飽きさせない、非常によくできた作品だなと思いました。

異世界で生活するという現実的にはあり得ないシチュエーションにもかかわらずどこかリアルな部分もありファンタジーあり、恋愛もあり魔法ありバトルありでとてもワクワクしました。

途中死に戻りで何回も何回も同じことでイライラさせられることもありますが、何故かスバルに感情移入してしまい、物事が進んだ時は一緒に達成感を感じてしまうくらいでした。

『死に戻り』それはしたいようでしてみたくないものです。

そんな現実ではあり得ないことを本気で考えてしまう私がいました。

一度でいいから異世界で生活してみたいと思ってしまうリゼロはそんな作品でした。

今回の、リゼロの最終回の結末ネタバレ&ラストまで見た感想とは?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

公式サイト:『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』

≫リゼロを今すぐに無料視聴する≪

 

スポンサーリンク