ルンバj7の口コミレビューや評判は?使い方やお手入れや電気代や稼働時間やj7とi7とi3の違いを比較は?

スポンサーリンク

Pocket

ルンバj7はアイロボットから出ている自動で掃除をしてくれるロボット掃除機です。

ルンバj7はルンバシリーズの中でも一番売れているモデルです。

人気の商品ですが、実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。

他のルンバシリーズとはどこが違っているのでしょうか。

実際に使いたい時にルンバj7でいいのか。

気になっているかたは知りたいところではないでしょうか。

この記事では

  • ルンバj7の使いかた、お手入れ方法
  • 電気代や稼動時間
  • ルンバi7、ルンバi3との違い

合わせてメリット、デメリットも紹介していきます。

気になるかたは見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク

ルンバj7の口コミレビューや評判は?

ルンバj7の口コミや評判はどうなのでしょうか。

実際に使ったかたの感想などは気になりますよね。

調べてみました。

  • 家にいない時に掃除してきれいになっているので助かる。
  • マッピング機能があって部屋の間取りを把握してくれるし、学習機能もあって掃除の精度が上がっていってる。
  • レンタルで使うことができて、試しに使ってから購入した。
  • 10cmの玄関の段差で落ちてしまう。
    バーチャルウォールなどがいる。
  • ほこりが取り残しになってる時がある。
  • 一戸建てで使うには持ち運んで使うことになるので、不便かも。

ルンバj7を実際に使ったかたの感想や口コミをまとめてみると

  • ルンバj7のデメリット

  • 10cmほどの段差だと落ちてしまい避けてくれない
  • 一戸建てだと持ち運んで使うことになる
  • ほこりの取り残しがある

段差が多い住まいだと落ちたり、登らないなど、うまく動かないようですね。

一戸建てにルンバj7を1台で使おうとすると部屋ごとに持ち運んで使うことになりロボット掃除機の便利さが減ってしまいますね。

ほこりの取り残しがあることもあるようです。

取り残しは気になってしまいますね。

  • ルンバj7のメリット

  • 家にいないときに掃除してくれてきれいになっている。
  • マッピング機能や学習機能があって掃除の精度が上がっていく。
  • レンタルして使ってみてから購入した。

家にいない時に自動で掃除しれくれるのはロボット掃除機の一番便利なところではないでしょうか。

マッピング機能や学習機能があるので、掃除の精度が上がっていくのは助かりますね。

またアイロボットの公式ホームページではレンタルして使うことができるので、試しに使ってみてから買うか決めれるところも助かりますね。

ルンバj7は仕事などで家にいない時間があるかたや、掃除は自動でやってほしいと思っている方には、おすすめです。

自分で掃除機をかけなくても、ルンバj7が自動で掃き掃除をしてくれるので、何もしなくてもきれいにしれくれています。

住まいに段差が多い方や一戸建てに住んでいるかたはルンバj7一台では持ち運んだり、十分に掃除できなかったりなど、ロボット掃除機のありがたみが感じづらいかもしれませんね。

ほこりの取り残しが気になってしまうかたも、自分で掃除機をかけるようになってしまいそうです。

 

スポンサーリンク

ルンバj7の使い方やお手入れや電気代や稼働時間は?

ルンバj7の使い方やお手入れ方法はどうしたらいいのでしょうか。

電気代や稼動時間はどのくらいなのでしょうか。

  • ルンバj7の使いかたは簡単。

    お手入れは少し面倒かも。

ルンバj7の使いかたは自宅のWi-Fiネットワークに接続して専用のアプリをインストールしたあと、設定し、ルンバj7本体のクリーンボタンを押すと掃き掃除をスタートしてくれます。

簡単ですよね。

お手入れは2週間から1ヶ月の周期でファイターやゴミセンサー、クリーニングブラシのお手入れが必要になっています。

人によっては面倒に感じてしまうかもしれません。

お手入れ自体は簡単になっていますよ。

ルンバj7の電気代は1ヶ月に100円ほどかかるようです。

電気代も変動しているので、変わってくるかもしれません。

稼動時間は最大75分ですが、部屋の間取りやバッテリーの状態によって異なってくるようです。

 

スポンサーリンク

ルンバj7とi7とi3の違いを比較は?

ルンバj7とi7、i3との違いはどこになるのでしょうか。

  • ルンバj7とi7、i3との違いは対応部屋数やアプリ機能の有無。

ルンバj7とi7、i3の違いを調べてみました。

ルンバj7との違いは4つありました。

  • 自動ゴミ収集機があるかないか。
  • 障害物を認識して回避
  • 対応できる部屋数
  • アプリ機能があるかないか。

ルンバj7は自動ゴミ収集機、障害物を認識して回避、対応できる部屋数は5部屋以上、アプリ機能が搭載されています。

ルンバi7は障害物を認識して回避、アプリ機能は搭載されていません。

他はルンバj7と同じのようでした。

ルンバi3は自動ゴミ収集機は別売り、対応できる部屋数は3から4部屋、アプリ機能は搭載されていません。

機能はルンバj7が充実していますね。

 

スポンサーリンク

ルンバj7の商品の特徴や魅力や人気の理由やおすすめポイントについては?

特徴と人気やおすすめポイントや購入するメリットやデメリットは?

ルンバj7の特徴やおすすめのポイントはどこになるのでしょうか。

  • ルンバj7は見分けて、避けて、掃除する。

ルンバj7の特徴は4つです。

  • コードを認識して回避して、巻き込むことなく掃除できる。
  • スリッパも片付けなくても回避して掃除してくれる。
  • 家具に沿って丁寧に掃除してくれラグなどの段差は乗り越えてくれます。
  • 掃除が完了するとゴミはクリーンベース内の紙パックに自動で排出してくれます。

掃除の道を探究し続けるルンバは見究めることで掃除の技術を磨いています。

さらにきれいに掃除できるように取り組んでいますね。

ルンバj7は障害物は避けて掃除してくれて、自動でゴミを排出できるところが特徴でおすすめできるポイントになるのではないでしょうか。

 

まとめ

ルンバj7は仕事などで忙しい、掃除に時間をかけたくない方におすすめで、家にいない間できれいに掃除してくれるお掃除ロボットです。

一戸建てや段差の多い住宅には向いていませんが、家にいない間に掃除をしてくれるし、マッピング機能と学習機能が搭載されているので、掃除の精度が上がってきれいに掃除するようになっていきます。

アイロボットの公式ホームページからはレンタルすることもできるようになっていました。

試しに使ってみてから買ってみるのもいいかもしれませんね。

ルンバj7が気になったかたは家電量販店やアイロボットの公式ホームページを見てみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

FacebookTwitter