ヤンヤンつけボーが生産終了で売ってない理由はなぜ?値段やパーティーセットやいちご味や歴代の歴史や昔の名前は?

スポンサーリンク

Pocket

今回はヤンヤンつけボーが生産終了で売ってない理由はなぜ?値段やパーティーセットやいちご味や歴代の歴史や昔の名前は?についてご紹介します。

ヤンヤンつけボーが生産終了で売ってない、との情報がありました。

本当に、ヤンヤンつけボーが生産終了で売ってないのか?生産終了で売ってないのであれば、なぜなのか?値段やパーティーセットやいちご味や歴代の歴史や昔の名前は?について調べてみました。

調べた結果、ヤンヤンつけボーは生産終了しているわけではありません。

現在でも全国のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入ができます。

通販サイトのAmazonや楽天でもヤンヤンつけボーが購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

ヤンヤンつけボーが生産終了で売ってない理由はなぜ?

「ヤンヤンつけボー」遊んで楽しい、たべておいしい子供向けの定番お菓子ですが、最近生産終了という情報があがっています。

調べたところ、クラッカーにクイズまで書いているというおまけつきですね。

これがコロナの間に市場から消えたらしく、生産終了という噂があったようですが、今は問題ないようです。

実はこの商品シンガポール製造ということでコロナの影響を受けたのでしょう。

大き目のスーパーならある感じでしたが、最近ダイソーでも見かけるようになり、充分行き渡っているように見えます。

ちなみにヤンヤンつけボーは海外にも展開しているようです。

 

スポンサーリンク

ヤンヤンつけボーの値段やパーティーセットやいちご味や歴代の歴史や昔の名前は?

明治 meiji 【限定】ヤンヤンつけボーつけデコパーティーセット 213g

主要ショップ平均(税込): ¥1,307となっています。

商品説明ですが、いつも食べているヤンヤンつけボーに色々なトッピングを組み合わせて食べられます。

ヤンヤン×3個、プチアソート×1個、なぞのパチパチキャンデー×1個とトッピング用のトレー付。

ホームパーティーで盛り上がること間違いなしの商品です。

そして、ヤンヤンつけボーのいちご味の発売日は、正確には分かりませんが、2021年5月末より発売しているようです!

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど各コンビニや、スーパーで購入ができるそうです。

 

ヤンヤンつけボーの歴史

ヤンヤンつけボーは1979年(昭和54年)に明治製菓から発売されたチョコ菓子で、発売から現在まで40年以上の歴史があります。

発売当初はヤンヤンつけボーではなく「つけチョコヤンヤン」の名前で親しまれていました。

また、パッケージも現在のパンダが描かれているデザインとは違い、「YanYan」の文字が目立つ海外風のデザインでした。

また、名前やデザインだけではなく、パッケージの中身も変化を遂げています。

発売当初はスティックタイプのビスケットとチョコクリームのみでしたが、現在ではラムネのトッピングがプラスされて、味に変化がつけられるようになっています。

ヤンヤンつけボーの名前の由来は、英語で若いという意味の「ヤング」です。

それを2つ繫げた「ヤングヤング」が呼びやすいように改名され、「ヤンヤン」となりました。

発売当初のターゲットは子供ではなく女子高生で、名前には女子高生がみんなで楽しくシェアできるようにという思いが込められています。

そして、ヤンヤンつけボーは生産終了しているわけではありません。

現在でも全国のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入ができます。

しかし、すべての店舗がヤンヤンつけボーを取り扱っているわけではありません。

2020年に明治がヤンヤンつけボーの販売を一時停止してから品薄状態が続いており、取り扱っていない店舗が多く存在します。

そのため、ヤンヤンつけボーを確実に手に入れたい場合には、ネット通販で購入するとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

ヤンヤンつけボーを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

クチコミをしらべてみました。

「テレビを見て子供と食べてみたいね!と話してて購入しました。

食べる時に子供が開封してみると、チョコレートの上に付けるカラースプレーが散乱してしまったので、溢れないようにフィルターをしてあるといいなぁ!と思いました(^^)

ビスケット棒にはクイズが書いてあって子供たちと楽しく食べる事ができたし、チョコレートの味も美味しかったので、また購入したいな。

子供たちも美味しい‼大人気であっという間にわいわいしながら食べ終わりました」

「子供達に買ったら美味しいらしくすごいパクパク食べてます。

自分が子供のころよく食べてましたが大人になって久しぶりに食べたけど変わらず美味しいです!

他の方も言っているように縦長なのでカップが倒れたら(ラムネみたいな細かいやつが)こぼれるしスティックが取り出しにくいかなと思いました」

「味は美味しい。

サクサクの棒も、チョコの程よい安くささも(笑)でも、どーしても食べずらい。

スティックが折れてたら最悪だし、チョコは必ず残るし、トッピングの狭さったらもうチョコで穴ふさがってベタベタしてるし。

そして軽くて細長いからパタッと倒す。

もぉーイライラしちゃうお菓子で親としては買いたくない!!!

でも美味しい。

美味しいし散らかるけど楽しいから子供は選んでくる…

なんとも言えないお菓子です」

高評価のコメントが、多いですが、食べずらいというコメントも同じ位の数コメントされていました。

昔から変わらず愛されてる商品なのがわかりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はヤンヤンつけボーが生産終了で売ってない理由はなぜ?値段やパーティーセットやいちご味や歴代の歴史や昔の名前は?についてご紹介してきました。

ヤンヤンつけボーは生産終了しているわけではありません。

現在でも全国のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入ができます。

しかし、すべての店舗がヤンヤンつけボーを取り扱っているわけではありません。

2020年に明治がヤンヤンつけボーの販売を一時停止してから品薄状態が続いており、取り扱っていない店舗が多く存在します。

通販サイトのAmazonや楽天でもヤンヤンつけボーが購入可能ですよ!

スポンサーリンク

FacebookTwitter