マンガン電池が生産終了で売ってない理由はなぜで本当?液漏れしにくい特徴や仕組みやメリットやアルカリ電池との違いは?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、マンガン電池が生産終了で売ってない理由はなぜで本当?ダイソーや売ってる場所はどこで売ってるの?マンガン電池の液漏れしにくい特徴や仕組みやメリットやアルカリ電池との違いは?について紹介していきます。

マンガン電池が生産終了で売ってない、との情報がありました。

本当にマンガン電池は生産終了したのか?生産終了したのであれば、なぜなのか?生産終了していないのであれば、ダイソーや売ってる場所はどこで売っているのか?など、調べてみました。

調べた結果、マンガン電池は、生産終了していませんし、メーカーによると、今のところ生産終了の予定もないとのことです。

現在、電機店、ホームセンターでも販売していますし、ダイソーなどの100円ショップではお安く購入することができます。

100円ショップでも、ダイソー、キャンドゥではネットでの購入も可能です。

通販サイトのAmazonや楽天でも大容量で値段もお得なマンガン電池が購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

マンガン電池が生産終了で売ってない理由はなぜで本当?ダイソーや売ってる場所はどこで売ってるの?

安値で高性能のアルカリ乾電池の出現で、マンガン乾電池は国内での売上が減少し、かなり以前から海外で製造されるようになっています。

国内での流通量は年々減ってきているようですが、生産を終了をしているわけではなく、現行販売されているので、店舗が発注をすれば取り寄せはできるようです。

店舗での取扱いがない場合もあるので、購入したい場合は、問い合わせをしてから出かける方がいいですね。

現在、マンガン乾電池は、スーパーやコンビニで見かけることはほとんどありませんが、電機店、ホームセンターの店頭では、たくさんのアルカリ乾電池が並んでる近くに、狭いスペースですが、販売されています。

安く購入したい場合は、100円ショップがおすすめです。

100円ショップでは、アルカリ乾電池よりもマンガン乾電池の方が、店頭に豊富に陳列されていることが多いです。

100均オリジナル商品のものや、大手電機メーカーのマンガン乾電池も販売されています。

最近では、ダイソーよりも、セリアやキャンドゥの方が確実に購入できるかもしれません。

ダイソー、キャンドゥは、ネットショップでも購入することができます。

また、amazon、Rakutenなどでも販売していますよ。

ネットショップでは、送料がかかるため、高額になってしまうことがありますので、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

マンガン電池の液漏れしにくい特徴や仕組みやメリットやアルカリ電池との違いは?

乾電池の液漏れで出てくる液体は電解液と言って、アルカリ乾電池の場合は水酸化カリウムという非常に強いアルカリ性です。

体に付いた場合は化学やけど、目に入った場合は失明の危険性があるとのことです。

マンガン乾電池の場合は塩化亜鉛の水溶液で弱酸性です。

水酸化カリウムほどの危険性はないようですが、こすらずに大量の流水で洗い流す必要があります。

また、アルカリ乾電池よりマンガン乾電池の方が液漏れがしにくいとも言われています。

マンガン乾電池の方が、危険性は低いということになるのでしょうか。

乾電池の液漏れの原因は、長期保管、機器内での長期放置、機器のスイッチの切り忘れ、落下、金属物との保管、逆向きの装着、異種や新旧の混用、高温多湿、液体で濡らすなどがあるそうです。

中には、知らずにやってしまっている、ということがあるのではないでしょうか。

メーカーによると、液漏れの確率とリスクは、アルカリ乾電池もマンガン乾電池も、同じとのことです。

マンガン乾電池だから安全、と思い込みすぎることはやめておいたほうがよいかもしれませんね。

マンガン乾電池とアルカリ乾電池の違いは、電解液以外に、電解液内部の構造や電力量の違いがあります。

アルカリ乾電池は、容量が大きく、大きな電流を長時間流すことができます。

ラジコンなどのおもちゃ、電動歯ブラシ、電気カミソリ、携帯扇風機、ミュージックプレイヤー、など大きな電力で連続して使うものに向いています。

アルカリ乾電池に向いているものには、ランニングコストを考えて、充電池を使用している方も多いのではないでしょうか。

マンガン乾電池は、容量は小さいが、使わない間に電力が回復するという特徴があります。

リモコン類、時計、タイマー、インターフォン、懐中電灯、ペンライトなど、小さい電力で動くもの、間欠的に使うものに向いています。

また、マンガン乾電池はアルカリ乾電池に比べて安い、使用推奨期限はアルカリ乾電池の方が長いなどの特徴があります。

使用する機器、使用頻度、使用期間などを考えて、うまく使い分けていきたいですね。

スポンサーリンク

マンガン電池を購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

感想やTwitterなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントについて

  • 時計やリモコンといった電力使用量が少ない機器にはマンガン電池の方が良いようです
  • リモコンはアルカリじゃない方が良いと効いたので、多分長持ちしているような気がする
  • リモコンなどの小負荷用にはいいと聞いたので、探しているが電機店では見つからない
  • 電波発信用にはマンガン電池がいいようです
  • 昔から弱電流用にはマンガン電池と聞きます
  • 現在使っている目覚まし時計が昭和の物なので長持ちするように使っています
  • 時計の説明書に必ずマンガン電池を使用するように書いてありました
  • 我が家の時計にはマンガン電池は欠かせません
  • 価格もお手頃で長持ちしそう
  • マンガン電池は液漏れしないので長期のバックアップ用途に最適だがなかなかないので困る

やはり、リモコンや時計にはマンガン乾電池は必要だと言う意見が多いです。

手に入れにくくて困っている、との声が目に付きました。

  • アルカリ乾電池で度重なる液漏れに悩まされており、マンガン電池に変更しました
  • アルカリは良くトラブります
  • マンガン電池の方が安定して使えます
  • 掛け時計にアルカリ電池を入れるととまったり時間が狂ったりするので、マンガン乾電池を使っています
  • 壊れた時計はアルカリを入れてたからかな
  • 絶縁抵抗計にアルカリ乾電池を入れっぱなしにしていたら、漏液してしまい、面倒なことなりました
  • 使用頻度の少ない機種は少しでも液漏れの可能性が低いマンガン電池にすることにしました

アルカリ乾電池と比べて、液漏れがしないという意見が多かったです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マンガン電池が生産終了で売ってない理由はなぜで本当?ダイソーや売ってる場所はどこで売ってるの?マンガン電池の液漏れしにくい特徴や仕組みやメリットやアルカリ電池との違いは?について紹介してきました。

マンガン乾電池は現在も生産されていて、今のところ、生産終了の予定もありません。

アルカリ乾電池に比べて、需要が減り、流通量も減っていますが、電機店、ホームセンター、100円ショップなどで、現在も販売しています。

amazon、Rakutenなどのネットショップでも購入できますよ。

今後は、円安などコスト増の影響で取扱いがなくなるのではないか心配、と言う声もありました。

乾電池は防災グッズとして役に立つ商品です。

いざというときに安全に使えるように、しばらく使用しない機器からは乾電池を抜き、埃や水分が付かないように、ストックバックやラップに包んで保管し、大切に使いましょう。

乾電池は子どもが手にすることもよくあります。

日頃から家族で安全な乾電池の取り扱い方を実践したいですね。

通販サイトのAmazonや楽天でも大容量で値段もお得なマンガン電池が購入可能ですよ!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

FacebookTwitter