アルカリイオン水は腎臓が悪い人は危険は嘘か本当?飲んではいけない人やデメリットや何歳から健康に効果はあるの?

スポンサーリンク

Pocket

今回はアルカリイオン水は腎臓が悪い人は危険は嘘か本当?飲んではいけない人やデメリットや何歳から健康に効果はあるの?についてご紹介します。

アルカリイオン水は、腎不全やカリウム排泄障害など腎疾患のある人は、特にカリウムの排泄が低下し、血清カリウム値上昇の恐れがあるようです。

なので、カリウム制限が必要な患者の飲用は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

アルカリイオン水は腎臓が悪い人は危険は嘘か本当?

アルカリイオン水は腎疾患のある人は使用してはいけないのか?を調べてみました。

調べでは、家庭用医療機器であるアルカリイオン整水器(家庭用電解水生成器)の使用目的は、「胃腸症状(慢性下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸、胃酸過多)改善のための飲用アルカリ性電解水の生成」とされている。

アルカリイオン水は、飲用に適した水を電気分解して陰極側で得られるpH9~10の弱アルカリ性電解水で、電解質(カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム)を含む。

腎不全やカリウム排泄障害など腎疾患のある人は、特にカリウムの排泄が低下し、血清カリウム値上昇の恐れがあるので、カリウム制限が必要な患者の飲用は注意が必要である。

との回答がわかりました。

 

スポンサーリンク

アルカリイオン水を飲んではいけない人やデメリットや何歳から健康に効果はあるの?

アルカリイオン水には体内のphが酸性に偏ったときに中性にもどす効果がありますが、赤ちゃんは体内のph値をうまく調整できません。

赤ちゃんのph値も大人と同じ7.4に維持されていますが、赤ちゃんはphの調整がしづらいことから体内に入ったものの影響を受けやすくなるため、赤ちゃんにあげるお水は出来るだけph値7.4に近いほうが安心ですね。

赤ちゃんの身体にはミネラルの成分がストレスになりますので、乳幼児に与えるときは軟水やピュアウォーターを与えるようにしましょう!

 

何歳から飲んで大丈夫か?

内臓が発達する2~3歳ごろからはより安全

2~3歳になったからたくさん飲んでも大丈夫ということではなく、その後も与え方には注意が必要です。

いきなりpH値の高いアルカリイオン水を大量に飲むと、子どもの体に負担がかかることがあり、乳児期と同様に下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。

ですが、お子さんはあまりオススメしないとのこと。

体質的にアルカリイオン水を飲んではいけない人や、度を越えて飲みすぎたときなどは身体に不調をきたしますので、とくに注意しましょう!

  • 過剰摂取は胃酸の殺菌効果が弱まる
  • 飲みすぎると下痢になる
  • 飲みすぎると水中毒になる
  • アルカリイオン水は薬ではなく水

アルカリイオン水は病気や癌に効くといっているようなサイトがあっても、飲用水にそのような効果はありません。

 

スポンサーリンク

アルカリイオン水を購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

「アルカリイオン水は胃腸に優しく、ストレスを溜めやすい人に向いていると聞いたことがあるので、よく購入しています。

クセがなく飲みやすいのが長所で、グイグイ飲むことができます。」

「はじめの購入したきっかけは口臭にはアルカリイオンの水が効果的と聞いたからです。

アルカリイオン水といえばこのパッケージが頭に浮かんだので、迷わずこちらを購入しました。」

「硬水や軟水、お水独特の味がどうにも苦手で、できるだけ癖がない普通のお水を探してこのアルカリイオンの水にたどり着きました。

特に冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むとすごく美味しいですし、たくさん飲む事ができます。

近くのスーパーで箱ごと購入していつも家に常備してあります。

パッケージのラベルもシンプルで洗練されていますし、持ち歩くときも気になりません。

山や滝などが書いてあるパッケージは、持ち歩くのもなんだかちょっと恥ずかしいです。」

などなど、とても良いクチコミが多かったです。飲みやすさがとても高評みたいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はアルカリイオン水は腎臓が悪い人は危険は嘘か本当?飲んではいけない人やデメリットや何歳から健康に効果はあるの?についてご紹介してきました。

口コミにもいろいろありますが、アルカリイオン水の飲みやすさが高評価みたいですね。

気になる方は1度試しに飲んでみても良いかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

FacebookTwitter