炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?

炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?

スポンサーリンク

Pocket

今回は炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?についてご紹介します。

炎炎ノ消防隊アニメはなんと言っても魅力的なのはがっつりとした能力バトル系のアニメなところです。

きちんと考えられたストーリーで演出自体ももカッコいいしなんと言っても緻密な奥深さがあって面白いんです。

炎炎ノ消防隊はなんと言っても主人公以外のメンバーも大活躍で負けそうなくらいボロボロになってまで戦う姿にはチョットグッとくるものがあります。

そんな仲間のボロボロになっているところに森羅 日下部(シンラ クサカベ)が助けるしーを見ていると悪魔ではなく本当にヒーローみたいかっこ良く感じます。

それでは炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?

炎炎ノ消防隊は面白い理由は

いわゆる能力もののバトルアクション漫画ですが、「炎」にまつわる様々な能力が次々に出てくるのが面白いです。

中には「?」と思うものはあれど、これもフィクション醍醐味と思い楽しむことができています。

また一方で話が進むにつれ、本作がただの能力ものではないことが判明します。

実は上記の能力が作中世界の根幹に関わっていたということが判明していき、徐々に謎解きの要素が絡んでいくのが見ていて飽きない部分であります。

キャラクターという点では、あくの強い登場人物が多いけれど、どのキャラクターも嫌味がないため、ストレスなく物語に没入できるのがよい点だと思います。

 

炎炎ノ消防隊はつまらない理由は

「炎」に特化した能力バトルとはいえ、やはり一般的なバトル漫画にありがちな展開(修行パートなど)が多いため、既存作品の焼き増しを感じてしまう部分は否めないように感じます。

また、キャラクターが個性的であるため、キャラクターの自由度に合わせて物語に多少のもたつきが出てしまう部分もあり、(仕方はないとはいえ)どうしてもそこで飽きを感じてしまう部分は否めません。

また、登場人物が多い漫画にありがちではありますが、本作も登場人物がかなり多いです。

なので特定人物の掘り下げのために作中世界に新たな設定が付け加えられた(ように見えてしまう)部分が見受けられるため、そういった点に違和感を覚えてしまうことはままありました。

 

スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊アニメや漫画の結末や評価は?

 
炎炎ノ消防隊の作品は確かに個々の能力バトルがメインですが色々な場面ごとに工夫された演出が組み込まれています。

炎炎ノ消防隊は何といっても迫力も満点で見応えもありに作品の見せ方1つとってもとても凄いと感じました。

また、炎炎ノ消防隊の作品は物語のストーリー上に炎を題材にした能力能力が使われていますが、この炎についても作者はしっかりと調べている様子です。

更には、炎炎ノ消防隊はに出てくるキャラクターについても一人ひとり深堀されているのでどのキャラクターを撮っても魅力的に仕上がっているのが特徴です。

アニメでも魅力的な作画になっていて、特にバトルシーンは見応えがあります。

なので、炎炎ノ消防隊の見所はと聞かれたらすかさずバトルシーンと言えます!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?についてご紹介してきました。

炎炎ノ消防隊では、作品の中でキャラクター同士のちょっとしたギャグ要素も踏まえた馴れ合いも1つの楽しめるポイントです。

また、炎炎ノ消防隊アニメの中でもこだわってそうなポイントは効果音かなと感じてしまいました!

特にバトルシーンでの効果音なんかは素晴らしいです(笑)

今回の炎炎ノ消防隊は面白いつまらない?アニメや漫画の結末や評価は?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト:炎炎ノ消防隊

スポンサーリンク