お悔やみ欄に載せないほうが良い?新聞を悪用した詐欺や架空請求を検証してみた

お悔やみ欄 載せない 新聞 詐欺 悪用 架空請求

スポンサーリンク

Pocket

今回は、お悔やみ欄に載せないほうが良いの?新聞を悪用した詐欺や架空請求を検証してみたについてご紹介します。

新聞の記事の中でお悔やみ欄に故人の名前など記載されることになりますが、載せたくないという場合、葬儀社にその旨のことを伝えておくと載せることを控えることが出来ます。

載せない理由としては、故人の名前などがお悔やみ欄に載ってしまうと、悪用して架空請求など詐欺行為を悪用して使われる場合があります。

新聞のお悔やみ欄は、周囲の方が誰が亡くなったのか一目でわかるようになっているので、一般的にはお悔やみの情報を得ることが出来るので大変役立ちます。

けれども、その一方では自宅に架空請求などの詐欺行為で活用されることがあり大変怒りを感じる方も多いのも現実にあります。

一般的には載せる方向で世の中は動いてます。

ですが、こういった詐欺行為に悪用されることが起きるのであれば載せない選択肢も考慮しなければならないと思います。

あなたも毎日新聞を購読されている方なら、一度でもお悔やみ欄を見たことがある方も多いかと思います。

でも今現在、故人の名前などで架空請求などの詐欺が起きていることを知らない方も結構いますね。

この機会にお悔やみ欄を利用して詐欺行為を働いている人がいる現実を頭の片隅でも書き留めておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

新聞のお悔やみ欄に載せないほうが良い訳は?

お悔やみ欄には、故人の名前と住所が記載されてしまっているので、架空請求詐欺を行うのは簡単になっています。

 

事件

実際に起きた事件で、故人の住所あてに電話がかかってきてご遺族に架空請求の電話をして金銭を奪い取る手口が実際に起こっています。

お悔やみ欄には、名前だけに抑えておけばどこの方なのかわからない状況になるのでいいかと思います。

けれども、知り合いの方が見た時に同姓同名の方だと私の知っている方なのかわからないこともあるので住所は伏せることができないのが懸念するところです。

また、名前と住所がわかっているので電話番号を突き止めるのは容易なことなので、お悔やみ欄に載せる内容は今後の課題になるかと思います。

 

現在の主流

今現在は、大っぴら葬儀を行わず家族葬をして身内だけで送る葬儀が主流になってきています。

大体は、身内が亡くなると大半ははがきなどで知らせることが多いです。

なので、誰が亡くなったのか知られることになるのでアカ丸としては個人情報を載せすぎな感じがします。

お悔やみで悲しみでいっぱいの時に、そういった方に架空請求などする方は人間として許せない感じもします。

 

高齢化

今現在、お年寄りが多くなっているのはご存知のことと思います。

お年寄りを騙して、お金を振り込ませる行為は銀行でも気を付けているようで現実には減ってはいる様子ですが今もなお振り込んでしまっている人がいます。

 

理由

このように、お悔やみ欄に載せないほうが良い理由はお悔やみの場で人を騙す行為が実際に起きてるので載せない方がいいということです。

犯罪を行う方は、日々お悔やみ欄に注目して詐欺行為を働いていることに自分自身も大丈夫だと安心せずに気にかけておくことが大切です。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

もし、人が亡くなって悲しみに浸っているときはいつもの冷静な判断ができないことが多いのではないかと感じました。

そんな同様している時にこのような詐欺行為があったらもしかしたら信じてしまう人も多いのかもしれないですね。

だからこそ自分は大丈夫とは思わずに日頃から注意することが大切ですね。

 

スポンサーリンク

新聞のお悔やみ欄を使った詐欺の手口とは?

新聞のお悔やみ欄に記載されている個人情報を使った詐欺の手口は故人の名前と住所が記載されているのでその住所宛に手紙が送られてくることがあります。

 

レンタルスペース

故人が生前レンタルスペースを利用していたといってその関係者と名乗って今までの使用料金を払ってもらうという詐欺の手口が今起きています。

生前利用したこともない筈なのに偽って金銭を奪い取って遺族の心をずたずたに切り刻む犯人の心情を考えると心が痛みます。

 

Twitter

こういった手口で詐欺が行われていることが手紙を受け取った方がツイッターを利用して多くの方に呼び掛けているのです。

受取人の故人の家族から預かった荷物の中でにわいせつな違法のDVDがありレンタルスペースの料金を払わないと警察に通報すると脅しをかけてくるのです。

気持ちが高ぶっているご遺族は冷静に考えることが出来なかったので要望している金額を払ってしまうかも知れないです。

その時にきちんと考えることが出来る方がいれば冷静に対処することが出来たはずですが。

さらに、Twitter上で同じ手紙を受け取ったという方もいらっしゃってその方は母親あてに届いたそうなのです。

もし母親一人だったらどうなってしまうんだろうと考えてみるとぞっとする手紙だったそうです。

警察に届けた時には、同じような手口で詐欺行為をされていることが何件もあったそうです。

手紙に記載されていた振り込み口座はすでに凍結されていたそうです。

振り込みを事前に防ぐことが出来たので、今後違う方法で詐欺行為をしないとも言えないので注意喚起したいですね。

ツイッターに関しても世界中に見られるものなので個人情報の漏えいには十分に気を付けたい気持ちです。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

Twitterでの注意喚起は今こんなことが起きているのか知るのには凄い役立ちます。

アカ丸はお悔やみ詐欺は最近まで実は知りませんでした。(汗)

 

スポンサーリンク

お悔やみ欄を悪用した架空請求のやり方についてのまわりの反応やコメントは

お悔やみ欄を利用して故人の名前や住所を悪用したり架空請求の仕方として、当然のことながら故人あてにお金を請求されることが多いです。

 

DVD処分代

架空請求詐欺は、架空のことなので実際にはない事実を故人の住所宛に送るんです。

故人となってしまった方が大切に保管していたように装ってエッチなDVD処分代16万8000円を払うか警察に通報して名誉を気づ付けられるかを考えさせて選択をする手口がまたエグいんです。

このような内容の手紙を頻繁に送って男性の性欲の部分をつけこむエッチなDVDの架空請求なんで絶対にやめて欲しいですね。

亡くなった方がレンタルスペースに預けていて大切にしているわいせつなDVDがありますよ。

 

捜査対象

そんな架空の情報を流して金銭を受け取るのは警察では捜査の対象となる事件なのできちんと事実を突き止めるのが早いです。

けれども、故人となってしまった方は何も言えないので真実がわかりにくいため騙されてしまう詐欺の一つなんです。

身に覚えのない手紙が届いた時にはすぐに警察に届け出て今後の対策をするのが懸命です。

間違っても自分だけで対処しようと思わないことが大事です。

警察に届け出をすると詳しく聞かれることがありますがわかる範囲で細かく答えることが大切です。

もしあなたが1人だけしかいない場合には親戚などに相談をしてみるのもいいですね。

細かく答えることで同じく被害届けを出された方の意見とぴったりと重なる時には同一犯と断定出来きます。

 

確認

見覚えのない封筒が届いたら誰宛に届いているかを確認することが大事です。

故人宛だとかなりの確率でほぼ100パーセント架空請求詐欺と断定していいかと思います。

お悔やみ欄に記載している住所は細かい所までは載せることが出来ないので犯人はネットで調べて手紙を送ったに違いないのです。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

故人に送られてくる手紙などにはこれからは注意が必要だと考えさせられたアカ丸でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、お悔やみ欄に載せないほうが良いの?新聞を悪用した詐欺や架空請求を検証してみたについてご紹介してきました。

新聞を見ているとお悔やみ欄が下の方にありそこのスペースに故人になられた方の名前や住所が載せらえています。

ご家族の方で故人となった方がいらっしゃれば自動的に載せることになります。

ですが、載せないと希望をだせば故人となっても載せないことも出来るのです。

しかしながら、今回初めてお悔やみの欄を活用して架空請求詐欺が行われていることに正直には驚きを隠せないです。

詐欺や架空請求をして人からお金を奪い取っている犯人は人からだまし取ったお金で有意義に暮らしていると考えるとどうしても腑に落ちないです。

お悔やみ欄には人が亡くなったことが書かれているのでその親族の事を考えると通常はお悔やみ欄で詐欺をしようとは思わない筈です。

架空請求などを悪用してお金をむしり取っている方はいろいろ手口を考えて変えながら今もなお行っているのは事実です。

お年寄りの方に注意して欲しいことはこのような架空請求とも考えられる手紙が自宅に届いた時には速やかに警察に通報または持参するほうがいいです。

見知らぬ方からの手紙なので封筒に指紋が残っている場合もあるからです。

故人になってしまった時には訃報のはがきを出して新聞には載せないということが今の時代は安全かも知れないですね。

スポンサーリンク