ハイドロボールダイソー売ってない?水槽で水耕栽培や観葉植物のサボテンへの使い方や種類は小粒と中粒?

スポンサーリンク

Pocket

今回はハイドロボールダイソー売ってない?水槽で水耕栽培や観葉植物のサボテンへの使い方や種類は小粒と中粒?についてご紹介します。

ダイソーにハイドロボールが2023年1月は売っていませんとの情報がありました。

なので販売中止や廃盤、製造中止になったのか?売り切れで売ってないだけなのか?それとも、何か問題があって回収されてしまったのか?少し調べてみました。

調べた結果、ハイドロボールあダイソーにも取り扱いがありました!

もしかしたら一時的に売り切れていただけかもしれませんね!

通販サイトのAmazonや楽天でも類似品のハイドロボールが購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

ハイドロボールダイソーで売ってないのは売り切れ?

今、ガーデニング界隈で話題になっている「ハイドロボール」って一体なんなんでしょう?!

お部屋で植物を栽培するときにありがちな「土をこぼして汚れた」とか「外の土を使ったら虫が出てきた」というような面倒ごとの一切ない、清潔さを保ちつつインテリアに緑をもたらす事のできる画期的なガーデニングツールのようなのですが…。

ちなみにこのハイドロボール、ダイソーにも取り扱いがあります。お近くのダイソーにない場合はダイソーのネットストアでも入手可能です。

 

スポンサーリンク

ハイドロボールダイソーは水槽で水耕栽培や観葉植物のサボテンへの使い方や種類は小粒と中粒?

水耕栽培(ハイドロカルチャー)とは土を使わない栽培方法のことで、前述した「ハイドロボール」は水耕栽培に使う植え込み材のことです。

観葉植物の栽培に最適で、水をあげすぎないよう気を付ければサボテンなども良く育ちます。

【使い方】

  • 1.ガラス容器の底に根腐れ防止剤をまく
  • 2.ハイドロボールを水洗いし、容器の約1/5まで敷く
  • 3.根の土を落とした植物を入れる
  • 4.容器にハイドロボールを注ぐ
  • 5.水を容器の約1/5まで足しす
  • 6. 室内の明るめの日陰におく
  • 7.水がきれたら足す

土の粒のサイズは小粒・中粒があります。大きい植物や根の太いものには大き目の粒、小さくて根の細いものは小さい粒が適しているようです。

 

スポンサーリンク

ダイソーの特徴と人気やおすすめポイントや売れる理由については?

ダイソーのハイドロボールですが、特徴としては、安価で、軽量で熱処理済みのため清潔、使いやすいという特徴があります。

特に、安価というてんについては、1.2リットルで110円(税込み)というお値段は非常に安いものです。

また、ハイドロボールは土を使う鉢植えに使用してもOK、ハイドロボールだけで使用してもOK、水耕栽培に使用してもOKという優れものです。

マンションなどでガーデニングをするとすると基本的にプランターとなりますが、プランターで土だけで栽培となりますと、2年目以降は土が疲弊するだけでなく雑菌が土壌内に増えて栄養を追加しても期待するほどの効果を得られません。

そこで、土の入れ替えや土壌殺菌が必要となるのですが、ダイソーのハイドロボールを使用することで、その作業が楽になると思われます。

また、鉢植え程度の量にも適した大きさで販売されているので気軽に購入できるのが良いと思います。

 

スポンサーリンク

100均ダイソーハイドロボールを使った感想や口コミや評判については?

100均ダイソーハイドロボールの感想や口コミや評判①

実際に使用してみた感想について記載します。

私はコロナで日中の気分転換に自宅内で水耕栽培を始めようとして購入しました。

水耕栽培は土耕栽培と比較して初期費用が高いという特徴があるのですが、ダイソーのハイドロボールのおかげで費用を低く抑えられました。

また、軽いうえに1.2リットルというちょうど小さい水耕栽培用鉢2つ分程度の量だったのでやめるときも購入した土が大量に余って困るということもなさそうです。

実際に水や液体肥料にひたしていますが、カビがたくさん生えることもなく、きちんと今のところ作用しています。

もうすぐ育てている葉物野菜が収穫です。

これですと、小中学生の夏休みの自由研究に使用するほか、学校そのものでも授業に取り入れるでも使用できるのではないかと思います。

水耕栽培を開始する際にいろいろとみてみた口コミサイトでも高評価を得ているようです。

 

100均ダイソーハイドロボールの感想や口コミや評判②

色々な観葉植物を部屋に置こうと思った時、手入れの難しさに悩みました。

手入れするのに頻繁に鉢を動かしたり、土がこぼれてしまったりと。

そんな時ダイソーでハイドロボールを見かけて使ってみました。

今まで土しか使った事がなかったので、少し不安でしたが鉢替えも楽で、何より手入れが格段にしやすくなりました。

私の家は犬を飼っていてボールにじゃれていて、そのまま鉢を倒してしまう事もあり、その後始末がとても大変でしたが、それもハイドロボールに変えてからは楽になりました。

観葉植物もそれから元気に育っていて枯れる様子も全くありません。

ハイドロボールは通気性が良いらしく水やりも楽で、根腐れの心配も減りました。

昔はカビがはえる事も何度かありましたが今は全然はえないのでそれもハイドロボールに変えて良かった所です。

観葉植物を育てるならハイドロボールがオススメです。

観葉植物の植え方も簡単で、まず根に土などが付いていたら取り除き、ハイドロボールを鉢の下に少し敷き詰め、その上に植えたい観葉植物を置き、後は周りをハイドロボールで埋めてあげるだけです。

ハイドロボールは土より断然扱いやすい為植物を育てる事が慣れて無い方にもオススメです。

 

まとめ

今回はハイドロボールダイソー売ってない?水槽で水耕栽培や観葉植物のサボテンへの使い方や種類は小粒と中粒?についてご紹介してきました。

ハイドロボールとは観葉植物の土の代わりに入れる人工の軽石です。

また、軽石の特性から通気性が良く衛生的で、植物の根腐れの予防にも大変良いです。

部屋に置く観葉植物なので、臭いも気になると思いますが嫌な臭いはありません。

虫などが付きにくいという特徴もあります。

ハイドロボール自体軽いので、部屋の中での移動が楽です。移動の時や誤って鉢を倒してしまっても土のように後始末が大変ではなく簡単に掃除が出来てしまうのも、室内で観葉植物を育てるのに助かります。

ハイドロボールは水の管理がしやすく扱いやすいと評判でした。

土だと乾燥度がわかりづらいですが、ハイドロボールであればガラス容器の外から水の過不足が見えますからね。

また、虫もわかず無菌・無臭でとっても清潔、土を触らずに植物を育てられえるので、気軽に始められることからも今とても人気のようでした。

「植物を育ててみたいけれど、土をいじるのは面倒…」という方にもおすすめです。ガラスの容器が見た目にもおしゃれでお部屋のインテリアに最適です!

通販サイトのAmazonや楽天でも類似品のハイドロボールが購入可能ですよ!

 

 

公式サイト:DAISO

スポンサーリンク

FacebookTwitter