ダイソーくるみボタンが廃盤で売ってない?サイズ大きさの種類や型紙や38mm補充用やキットの使い方は?

スポンサーリンク

Pocket

ダイソーくるみボタンが廃盤で売ってない?サイズ大きさの種類や型紙や38mm補充用やキットの使い方は?

スポンサーリンク

ダイソーくるみボタンが廃盤で売ってない?

可愛らしい形のくるみボタンですが、ダイソーでも手に入れることができますよ。

店舗によっては売り切れや品薄のサイズもあるみたいですが、ネットストアでは在庫なしになっていなかったため手に入れやすいと思われます。

また、くるみボタン単体だけではなく“くるみボタン製作キット”という商品もありました。

くるみボタンはダイソーだけではなく他の100円ショップでも売っているようです。店舗が近くにない場合は他の100円ショップでゲットしましょう!

通販サイトからも似た商品を購入することが可能ですよ!

 

スポンサーリンク

ダイソーのくるみボタンの売り場コーナーの場所はどこに売っているの?価格は?

くるみボタンのカテゴリーはハンドメイドですので、店舗で探す場合もハンドメイドコーナーに置いてあるでしょう。

近くには他のボタンやハンドメイド用レースなどが置かれていることが多いみたいです。

くるみボタンは種類も多いので見つかりやすいと思いますよ!

ハンドメイドは最近流行っているので目立つところにコーナーを設けている店舗もあるかもしれないですね!

価格に関しては、大きさによって入っている数が異なっており、一律税込みで110円です。

 

スポンサーリンク

ダイソーのくるみボタンのツイッターなどの口コミや評判や使った感想については?

ツイッターなどの口コミや評判や感想について

ツイッターでは

“くるみボタン買いました”

“ダイソーのくるみボタンで〇〇〇作りました!”

というような報告系のツイートはたくさんありましたが、評判や感想は少なかったです。

そんな中でも、

“ダイソーのくるみボタン製作キットついていて簡単だった”

“ダイソーのくるみボタンは接着剤いらないから楽ちん!”

などといった声がありました。

先程も少し書きましたが、ダイソーのくるみボタンの商品の中に製作キッドがついているものがあり、その製作キッドを使って簡単に作れるみたいです。初心者でも手軽にハンドメイドが始められる点が評価されているみたいですよ!

また、他の100円ショップのくるみボタン製作キットは作る際にボンドや接着剤が必要なようです。ダイソーのくるみボタンは接着剤がいらないのでそこが良いという口コミがチラホラありました。

 

スポンサーリンク

ダイソーくるみボタンのサイズ大きさの種類や型紙や38mm補充用やキットの使い方は?

くるみボタンの種類は以下の通りです。

■くるみボタン

38mm、9個

27mm、15個

22mm、20個

■補充用くるみボタン

18mm、22セット

22mm、20セット

27mm、15セット

■くるみボタン製作キット付

38mm、8個(ネットストア在庫なし)

27mm、12個

22mm、15個(ネットストア在庫なし)

です。

キットにはボタン、打ち具台、打ち具、型紙がついています。

型紙を使って生地をカットしたら

打ち具台に布とボタンをセットして打ち具でしっかり押し込んだから完成です!

ネットで写真付きで作り方を投稿しているものがありましたが、とても簡単そうでしたよ!気になる方はぜひ見てみてください!

 

ダイソーくるみボタンのピアスやブローチやバッチなどへのアレンジでの作り方やセリアの種類との比較は?

キットを使って作ったくるみボタンにピアス金具を取り付ければピアスに、安全ピンを付ければブローチやバッチなどになります!色々なアクセサリーが作れるみたいなので作りたいアクセサリーがある方はぜひ色々検索して作ってみてくださいね。

さっきも少し書きましたが、くるみボタンはダイソー以外の100円ショップにも売っています。ここではセリアで売っているくるみボタンで比較してみます。

ダイソーのくるみボタンと違うのは、ボンドや接着剤が必要な点です。

丸みを帯びているボタンの内側にボンドを塗ります。カットした生地を裏側に向け、真ん中にボンドを縫ったボタンを置きます。

はみ出ている生地をボタンの内側に入れ込みます。

入れ込んだ生地にボンドを塗り、金具がついているボンドを上から押し込んでボンドが乾いたら完成です。

根本的に作り方が違うのでどちらがおすすめとは言えません。

気になる方、もしくは両方で試してみるのがいいですね!

 

ダイソーくるみボタンの特徴と人気やおすすめポイントや売れる理由については?

説明を350文字以上で記入してくださいね。

ダイソーのくるみボタンは、製作キット付のものを購入すれば生地の用意のみで簡単にくるみボタンを作ることができます。

そして、セットで使えるくるみボタン用のはぎれもダイソーに売っているんですよ!

なので、220円で簡単にハンドメイドアクセサリーが作れるんです。さすがダイソーですね!

ハンドメイド初心者の方や、お子様でも作れる簡単さ、すぐに始められる手軽さが人気の理由みたいですね。

ピアス、ヘアゴムといった様々なアクセサリーに応用もできるので、作った方がコストを抑えられるというところもいい点だと言えます。

アクセサリー以外にも子ども用の洋服の装飾で使ったり、子どもが好きなキャラクターでマグネットを作ったり。用途の豊富さはくるみボタンの特徴ですよね。

コロコロしていて可愛らしいフォルムで、生地の柄を選べば万人に使えるというのもいいですよね。

 

まとめ

最後にまとめです。

ダイソーのくるみボタンですが廃盤や販売中止にはなっておらず、現在も購入することができます!ただ、製作キット付は特に人気で品薄や完売している店舗もあるようです。

また生地も別で売っているので、220円さればくるみボタンを作ることができますよ。

作ったボタンは、ボタンとしてだけではなく、アクセサリー等にもアレンジができるのでハンドメイドアクセサリーとして人気が出たようですね。

作ってみたい方はぜひダイソー足を運んでみてください。ハンドメイドコーナーに売っています。

 


 

 

公式サイト:DAISO

スポンサーリンク

FacebookTwitter