堂本剛の名曲で街の魅力とは?最近の作詞・作曲の仕方も紹介

堂本剛 名曲 街 魅力 最近 作詞 作曲

スポンサーリンク

Pocket

今回は、堂本剛の名曲で街の魅力とは?最近の作詞・作曲の仕方も紹介についてご説明します。

堂本剛さんの名曲街は堂本剛さんが十代の頃に胸が潰れそうになった時に作った曲。

堂本剛さんが本当につらかった時に書いた曲。

東京に出てきた自分が奈良に大事なものを残してきたと思って書いた曲だそうです。

それでは、堂本剛の名曲で街の魅力とは?最近の作詞・作曲の仕方も紹介についてご説明していきますね。

≫剛くんのヘッドホンの理由は?≪

 

スポンサーリンク

堂本剛の名曲で街の魅力とは?

堂本剛が街を作成した時の思いとは

堂本剛さんが街を作成した時は本当に心がしんどくて 張り裂けそうな想いだった時に 作成したようです。

奈良から東京に出てきて芸能活動をしている中で何か心の中にぽっかりと穴が開いたように、奈良に置き忘れたものを探し求めて「街」という曲を書いていたり、そうかと思えば奈良から東京へ出てきた自分を思い起こして「街」という曲を書いていたりしたそうです。

また、奈良と東京を行ったり来たりしながら頭の中で「街」という曲を作っていたそうです。

イメージとしたら奈良と東京を行ったり来たりタイムトラベルを何回も繰り返すような感じで作った曲を最後まで歌い上げながら作った曲だそうです。

堂本剛さんは10代の頃の葛藤の中で、本当にしんどかった時、あーもう死にたいと思った時、自分がかわいそうで仕方ないなと思った時、誰かにこの症状をわかってほしいと思った時、でもこの症状は仮病だろうと思われる不安といたたまれなさ の中で作詞作曲をした曲だそうです。

でもその中でもファンの人たちが助言をくれたり、愛情をくれたりするからこそ 幸せを感じて今まで生きてこれたというその感情も歌詞の中に組み込まれているのだと感じます。

このような 色々な感情が入り交ざった中で出来上がった曲が街という曲だったそうです。

この街という曲を聞いた様々な人達はアイドルの堂本剛が本当に作った曲なのかと驚いたのと同時に大変絶賛したそうなんです。

何度聞いても心に響く名曲ですよね。

あか子
聴いていてなんか懐かしくもなり、せつなく儚い中にも暖かさがある曲だなと感じました。

 

スポンサーリンク

堂本剛の最近の作詞・作曲の仕方も紹介について

堂本剛ありのままの自分を歌に

堂本剛さんは、

「自分がその時思った事を素直に書きたい、どれだけたとえ言葉が長くなったとしても素直に書きたい。」

作詞作曲について堂本剛さんはこのようにも述べていました。

悲しい物語を見て涙を流すこと。

応援ソングを聴いて元気になれる自分と向き合うこと。

このことがあれば自分の体が健康だと感じられるそうです。

またこのようにも述べてました。

「どこか悲しい現実を突きつけていたり、そんな暗いことを言わないでよっていう内容だったり、そんな表現の方が、本当のどん底とか気持ちが紙一枚で繋がってるような人を救う歌が作れると僕自身は思っているですよ。」

堂本剛さんは、絶望に陥っている人達を救える歌を作る時は、「戦いながら歌を書かなきゃいけない」と思って作っているそうです。

 

感性を大事にした作詞作曲の仕方とは

堂本剛さんの作詞作曲の仕方は大勢の人を励ましたりする曲や大勢の人を救えるような曲を作ろうとはしていないそうです。

それよりも自分自身の中にある感性を大事にしながら、堂本剛だからこそ感じれる感性を生かした曲作りをしているそうです。

堂本剛の1回きりの人生の中で芽生えた小難しい考えなどない自分の感性に基づいた曲作りを心がけているそうです。

言い換えれば、

一人の人生を投影したな詞

このことに重点を置きながら作詞作曲をしているそうなんです。

このような作り方だからこそ堂本剛の声は私たちの心の中にまっすぐと響いてくるのだろうと感じます。

どこまでも繊細で優しい歌は、大多数大勢のために書いてるわけではなく、群衆からはぐれてしまった誰かのために書くと言うスタンスで書いているそうです。

堂本剛の人生を歌という形で表してくれている、真っ暗な場所で立ちすくんでしまっている誰かに光を与えられる歌を作る。

そんな風に心がけてるみたいです。

あか子
堂本剛さんの人生をかけた歌のように聞こえてくるのがとても共感できました。

 

スポンサーリンク

堂本剛の作詞作曲についてTwitterの声は

あか子
Twitterでもやっぱり堂本剛さんは、作詞の才能があるという声が多かったです。ぜひこれからも堂本剛さんには色々な名曲を生み出してほしいものですね。

≫剛くんのヘッドホンの理由は?≪

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、堂本剛の名曲で街の魅力とは?最近の作詞・作曲の仕方も紹介についてご説明してきました。

堂本剛さんの歌作りの作り方は、自分の感性を大切にして絶望の淵にいる誰かを救いたい。

そんな思いが歌に込められているのではないかと感じました。

そしてまた自分も、絶望の不信に陥ってたとしてもそこから這い上がって来たいという思いもあるのではないかなと勝手に感じました。

今回の、堂本剛の名曲で街の魅力とは?最近の作詞・作曲の仕方も紹介について 情報があなたの役に立てば幸いです。

 

スポンサーリンク