台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?ベランダの物干し竿での被害の影響を防ぐ方法は?

台風 大阪 いつから ベランダ 物干し 竿 被害 

スポンサーリンク

Pocket

今回は、台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?ベランダの物干し竿での被害の影響を防ぐ方法は?についてご紹介します。

ここのところ、毎年のように台風の損害が日本各所で起こっています。

甚大なものになっていますので私たちは一層、注意をする事が必要ですね。

ひとくちで台風の被害と言ってもその中身は実にさまざまです。

洪水、水害による損害などによる被害は私たちの住宅にもたらすダメージもいろんな形で現れてきます。

最近では台風はどんどん大型化して来ていて、自宅近くで洪水が起こっていなくても台風がもたらす強風、つまり風災による住宅の被害は大いに起こり得るものです。

けれども台風というとほとんどの方が洪水などの被害を思い浮かべ、強風によってどんな損害が身近で起こり得るのか、あまりご存じでない方が多い事も事実なのです。

実際には台風による損害は洪水による水害よりも強風による風災の方が私たちの生活には大きな爪痕をもたらすものなんです。

ここでは台風の損害はいつから備えたら良いのか?

台風が来た時、ベランダに置いてある植木鉢、物干し、そして竿などがどのような被害をもたらすのか、そしてどう対策を講じたら良いのか、そういった事を詳しくお話ししますね。

それでは、台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?ベランダの物干し竿での被害の影響を防ぐ方法は?についてご紹介はしていきますね!

 

スポンサーリンク

台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?何月から何月まででどんな被害が多いか?

一昔前であれば台風が発生するのは夏から秋にかけてという事が常識でした。

けれども最近では台風は1年中発生するようにもなってきました。

つまり私たちは台風に備えては1年を通して注意が必要という訳です。

 

台風が集中して発生する時期は?

けれども、やはり台風が日本に上陸して日本各地に甚大な被害をもたらすのは6月から11月にかけて、この時期に集中しています。

この時期に太平洋側で発生した台風は北上を続けながら進路を東に向けるため、必然的に日本を縦断するコースを辿ります。

日本を縦断した台風は日本各所に大きな被害をもたらすという訳ですね。

一方でそれ以外に発生する台風は進路を西にとりそのまま大陸の方面に向かうので日本には上陸しない事もあります。

ですから台風の被害に備えるのは6月から11月という事になります。

 

最近の台風は1月にも発生する?

最近では1月に台風が発生する事もあります。

それを踏まえると台風に備える準備は1年を通して考えておいた方が良いと言えます。

 

台風の強風被害とはどんなもの?

さて、台風というとその損害は洪水による水害を思い浮かべる人が多いと思います。

けれど実際の台風損害とは洪水によるものだけではありません。

台風は強烈な風を伴ってやって来ます。

風速50mとか立っている事も出来ないような風を吹き付ける台風もあります。

そんな人も立っていられてないような風はもちろん私たちの家にも被害をもたらします。

強風はあらゆる物を飛ばします。

例えばベランダに置いてある植木鉢、物干し、竿なんかは簡単に飛ばしてしまうので注意しましょう。

強風に飛ばされた植木鉢、物干し、竿などは自分の家にぶつかりダメージを与える事はもちろん、通行人、ご近所の方にまで被害を与えてしまう事も大いに起こり得るのです。

マンションの場合、強風でベランダにある非常壁が壊れるという事もよくある損害です。

あか子
 台風の時にはみなさんベランダや家の周りにあるものは片付けましょう!

 

スポンサーリンク

台風影響で家のベランダの被害や物干し竿などの被害をなくすにはどうしたらよいか?

台風の時はベランダの点検が必要?!

台風が来ている中、何も対策を取っていないご家庭をよく見かけます。

特にマンションのベランダでは植木鉢や物干し竿などをそのまま放置しているケースが散見されます。

やはり台風が接近している時には家のベランダ、特に物干し竿、植木鉢など風で飛びそうなものは一通り点検をして飛ばされてしまいそうなものは家の中に取り込むなど対策をすべきだと思います。

台風による強風は天災です。

ですから台風の強風で植木鉢などが飛び、近隣の家にぶつかり迷惑をかけた場合でも、それは不可抗力となり植木の持ち主には損害賠償を追う責任は発生しないとする考え方が一般的でした。

 

台風でベランダを片付けないと過失になるの?!

けれども何時間も前から台風の強烈な風による損害が予想されている中、それでも風で飛んでしまいそうな植木鉢をベランダに放置していた場合はどうなるの?

それはもはや不可抗力ではなく過失だとして損害賠償請求が法的に認められてしまう場合も大いに有り得るようになって参りました。

ですから最近では風災の被害も拡大しつつある台風損害に備えて、台風が近づいている前には一通り我が家のまわりを点検しておく事が重要なのです。

 

台風の影響でベランダ被害を最小限にするには

家のベランダで起こる被害をなくすためには具体的にいろいろな注意点があります。

まずは強風で飛びそうなものは全て撤去しましょう。

植木鉢は自宅内に置くか、自宅内に置く事が難しいのであればせめて植木鉢は全てベランダの床に置きましょう。

そうする事で風で飛ばされるリスクを軽減する事が出来ます。

でも、一番良いのは家の中に入れることです。

よくベランダの手すりに植木鉢を置いてあるケースが散見されますが、あれは本当に論外です。

物干し竿、物干し台も自宅内やベランダの床に置く処置が必要です。

ベランダにはいろいろな荷物を置いている方が多いと思います。

そして荷物が濡れないようにカバーをかけたりする事がありますが、そうしたカバーも風に飛ばされないように注意をしましょう。

風でカバーが飛ばされ、走っている車のフロントガラスに引っかかってしまい、事故を誘発してしまう可能性もあり得るのです。

ベランダの排水口に落ち葉などが溜まって雨水の排水を妨げている事が一般的にはよくあります。

台風などで猛烈な雨が降ると、ベランダに溜まる雨水は通常の量を超えて、それ自体がベランダに大きな損害をもたらしてしまう事もあります。

 

雨水の重さに耐えかねて二階のベランダが落ちるの?!

最悪のケースでは溜まった雨水の重さに耐えかねて二階のベランダが落ちてしまったという事さえあり得るのです。

ベランダの排水口に溜まったゴミは普段はあまり気にされない方も多いと思います。

けれども台風が近づいている時には十分に注意をしてここに溜まっている落ち葉などのゴミも取り除くような対応が必要です。

マンションの場合、ベランダの非常壁は台風によってすぐに壊されてしまう事が多いようです。

そもそも非常壁は万が一の時、その壁を破って隣のお宅を通って避難する事を想定されているため、それ自体の強度は大した事がないのです。

ですから台風による強風で何かがぶつかった時、非常壁はすぐに壊れてしまう事はあまり想像に難しくないと思います。

非常壁はマンションの共用部分にあたりますので、それが壊れてもマンションの所有者は自分で損害を補償する必要はありません。

けれども非常壁が壊れないように事前に対処しておく事も必要ですよね。

ですから台風が近づいている時にはやはり非常壁の近くには植木鉢や物干し竿など、風で飛びやすいものを置かない事が対策として必要です。

あか子
 台風は自然災害なので今までは過失にならないケースが多かったです。ですがこれからは、事前に対策をして置かないと過失になるケースも出てくるかも知れません。

 

スポンサーリンク

台風2019東京の被害にあった時にはどんな保険でお金が降りるか?保険請求の仕方は

台風被害に火災保険が使えるの?!

火災保険というと火事でご自宅が燃えてしまった時に保険会社が保険金を払ってくれるものと思っている方も多いはずです。

けれども火災保険では火事による損害だけでなく、台風による損害を補償してくれるタイプもあります。

火災保険の補償の内容は契約時にご自身が選んだ物となり、補償が厚いほど保険料は高くなっていきます。

当然、火事だけでなく台風による損害を補償する火災保険を選んだ場合はその分保険料も高くなってくるのです。

保険料を抑えたいという事で火災保険の締結時にあえて台風による補償を外されている方も多いと思います。

ご自身がどのような火災保険をご契約しているのか、この機会に確認をしておいた方が良いと思います。

台風による損害がカバーされる火災保険を契約した場合、台風でご自宅の損害が発生すると基本的にその損害に対して保険会社は損害保険金を支払ってくれる事になります。

その損害保険金は基本的に修理にかかる費用が払われる事となります。

損害の程度がひどく、修理が不可能な場合は代替品として同等の物を新しく購入するためにかかる費用が保険会社から払われる事になります。

ただし、新しい物を購入する場合にはその火災保険が新価基準で保険金が払われる契約になっているかという点が重要になります。

新価基準ではなく時価基準の場合は修理費用から減価償却分が差し引かれて保険金が払われますので、差額は自己負担分となります。

この点も事前に確認をしておいた方が良いと思います。

保険会社からは修理費用や代替品の購入のための損害保険金のほか、臨時費用保険金という保険金が支払われます。

これは一律損害保険金の20%とか30%といった形で上乗せして払われる保険金です。

この臨時費用保険金は台風による損害にあったという事で被災者が臨時的に出費した費用に充ててもらう目的で用意された保険金です。

こちらは損害保険金の請求をすれば特段、請求の意思を示さなくとも保険会社は自動的に損害保険金と一緒に査定をしてくれます。

 

台風被害に会った時にまず行うことは?

実際に台風による損害にあった時、最初に取るべき手続きは保険会社への連絡となります。

その際、事故の日時、事故の場所、事故の概要、そして損害の概要を保険会社に伝えましょう。

もし、台風にあった損害、事故の現場をそのまま放置しておいて場合、二次損害が発生してしまいそうな場合は速やかに事故現場の片付けを行っても問題はありません。

ただし、後で保険会社が損害の状況を確認できるようにできる限り写真を撮っておきましょう。

 

保険会社に連絡した後にする事は?

また、保険会社への連絡と同時に、修理を工事業者に依頼しましょう。

保険会社は修理の内容を元に査定を行います。

ですので速やかに保険金の支払いを受けるためには修理見積書が必要になるため、台風による被害が発生した場合には早め早めに修理業者に修理を依頼しておいた方がその後の手続きはスムーズになります。

台風損害は広域で発生するため、修理業者への発注が遅くなると、それだけ修理見積もりの入手も遅くなります。

ケースによっては2ヶ月、3ヶ月待ちという事も珍しくありません。

ですからやはり早めに修理業者への連絡はしておくに越したことはないと思います。

保険会社は損害の状況が大きい場合、例えば修理代金が100万円を超えるような場合には現場に損害鑑定人を派遣することがあります。

現場の被害状況を詳しく調べ、修理内容が適正なものかどうか確認をするのです。

修理費用がそれほど大きくない場合は修理見積もりを写真のみで査定を進めます。

いずれの場合でもそうした査定のプロセスを経て、保険金は保険会社から支払われます。

最終的に保険会社から査定の結果について報告がありますので、納得が出来る内容であれば、保険会社から案内がされる保険金請求書に必要事項を記載して送付すれば保険金は指定した口座に振り込まれる事になります。

安心できる保障をご提案!【保険無料相談.com】

あか子
 私も実は台風被害にあって火災保険で直せました!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?ベランダの物干し竿での被害の影響を防ぐ方法は?についてご紹介してきました。

台風の損害は近年、ますます拡大しつつあります。

昔は夏から秋にかけて注意をしていればある程度は被害を抑えることが出来ました。

けれども最近では一年を通していつでも台風は発生するようになりました。

そんな状況を踏まえると私たちは台風に備えていつからという事なく、耐えず対策をその準備をしておいた方が良い事になります。

最近では勢力が大きな台風が増えており、洪水はもちろん風災による被害も甚大なものになって来ています。

強烈な風は想像がつかない物も吹き飛ばし、その被害をさらに拡大させてしまいます。

特にマンションの場合、ベランダにおいてある植木鉢、物干し、竿などが飛ばないように十分に注意をしておく事は重要な事となります。

台風によってベランダの物が飛んで近隣の方に迷惑をかけた場合、基本的には天災による不可抗力として法的な損害賠償責任は負わないものです。

けれども杓子定規に法的には責任がないとして知らぬ存ぜぬを押し通すとその後のご近所付き合いにも悪い影響を与えてしまう事もあります。

やはりそのような事態が起きないように事前の対策は必要ですよね。

台風による損害は火災保険で補償がなされる事もありますので、ご自身の火災保険がそれに対応しているかどうか、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

実際に台風の被害を受けた後で、保険証券を確認したら台風は免責となっていたのでは困ってしまいますよね。

もし、火災保険で台風による損害がカバーされるようでしたら、早め早めの対応をするとその後の保険金支払いもスムーズに行くと思います。

近年、台風による損害が増えています。今まで台風による損害に対してはこの備えで十分と思っていた常識が最近では通用しなくなりつつあります。

この機会に今一度、皆さんの身の回りを再点検して台風の備えを見直す事をお勧めします。

今回の、台風19号2019は東京に直撃はいつくるの?ベランダの物干し竿での被害の影響を防ぐ方法は?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

安心できる保障をご提案!【保険無料相談.com】

 

スポンサーリンク