ヤマザキスイスロールが製造終了で売ってない?昔よりサイズが小さくなったのかや値段や味の種類は?

スポンサーリンク

Pocket

今回はヤマザキスイスロールが製造終了で売ってない?昔よりサイズが小さくなったのかや値段や味の種類は?についてご紹介します。

ヤマザキスイスロールが製造終了で売ってない、との情報がありました。

本当にヤマザキスイスロールが製造終了で売ってないのか、昔よりサイズが小さくなったのかや値段や味の種類は?について調べてみました。

調べた結果、ヤマザキスイスロールは製造終了していません。

今でも製造は続いていますし、スーパーや小売店のパンコーナーで販売し続けています。

通販サイトのAmazonでもヤマザキスイスロールが購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

ヤマザキスイスロールが製造終了で売ってない?

山崎製パンの超ローグセラ商品のスイスロールは近年市場で見かけなくなっているという声があり、その現状を調べてみました。

噂の廃盤でも販売中止でもありません。

今でも製造は続いています。

スーパーなどの小売店のパンコーナやアマゾンなどのネット通販で販売し続けています。

近年様々な新商品登場により目立たなくなっているだけのようです。

 

スポンサーリンク

ヤマザキスイスロールは昔よりサイズが小さくなったのかや値段や味の種類は?

昭和から愛されているヤマザキスイスロールは昔のより小さくなった、味も変わったという声が多数ありまして、それについて詳しく調べてみました。

まずスイスロールの種類について、よく知られているのは茶色いパッケージの「バニラクリーム」と「炭火焼コーヒークリーム」の二種類です。

この二種類に関しては2010の商品と比べ大きさは殆ど変わらないようで、重さは3~4グラムほど軽くなり、カロリーは10%ほど減りました。

しかし、スポンジの生地や原材料の配合の調整によるものかもしれませんので、確実に小さくなったとは言い切れません。

他に「バニラ」「モカ」「チョコ」などもありますがパッケージは以上の二種類と違って透明なパッケージです。

実物を比較してみると明らかに小ぶりです。

スイスロールが小さくなったっていう噂はこれによるものではないでしょうか?

値段は店や地域によって結構差がありますが100円から200の間で販売されています。

 

スポンサーリンク

ヤマザキスイスロールを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

ヤマザキスイスロール1958年販売当初から今までたくさんの人に愛され続けています。

購入された方々から多く聞こえてくるのは「味が懐かしい」、「ボリュウーム満点」、「急に食べたくなる」、「安くて満足できる」などの声でした。

これらはまさにスイスロールの特徴と愛され続けてきた理由ではないでしょうか?

200円以内でロールケーキ丸一本食べられるこの最高なコスパ、スポンジ生地が以前より軽くなり、甘すぎず食べやすいのは人気の秘密ではないでしょうか?

無性に甘いものが欲しいとき、思う存分にケーキ食べたいとき、子供のおやつは何がいいのか悩むときにはお勧めです。

なぜならヤマザキスイスロールは絶対に裏切らないからです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はヤマザキスイスロールが製造終了で売ってない?昔よりサイズが小さくなったのかや値段や味の種類は?についてご紹介してきました。

昭和から愛され続けているヤマザキスイスロール。

懐かしく、安くてボリューム満点のロールケーキです。

今でも製造はつづき、スーパーなどのパンコーナーで販売されています。

通販サイトのAmazonでもヤマザキスイスロールが購入可能ですよ!

スポンサーリンク

FacebookTwitter