ボルビックが販売終了で売ってない理由はなぜ?水が枯渇だから?硬水か軟水かや青と緑の違いや危険性や体に悪い噂は本当?

スポンサーリンク

Pocket

今回はボルビックが販売終了で売ってない理由はなぜ?水が枯渇だから?硬水か軟水かや青と緑の違いや危険性や体に悪い噂は本当?についてご紹介します。

ボルビックが2022年12月は売っていませんとの情報がありました。

なので販売中止や廃盤、製造中止になったのか?売り切れで売ってないだけなのか?それとも、何か問題があって回収されてしまったのか?少し調べてみました。

調べた結果、ボルビックの出荷本数が年々と下がってきたこと。

日本全国各地の天然水が発売されると、いくら知名度があっても海外勢はとても不利になってしまうこと。

ボルヴィックの水源地域の枯渇問題。

これらが原因のようです。

通販サイトのAmazonや楽天でもボルビックが購入可能です。

 

スポンサーリンク

ボルビックが販売終了で売ってない理由はなぜ?水が枯渇だから?硬水か軟水かや青と緑の違いや危険性や体に悪い噂は本当?

ボルビックが販売終了で売ってない理由はなぜ?水が枯渇だから?

ボルヴィックとは世界を代表するフランスのミネラルウォーター。

日本国内での販売の終了は2020年12月末。

まず最初1つ目の理由、それはわたし達消費者のニーズの変化。

一口にミネラルウォーターといっても軟水や硬水、そして飲みやすさなど、様々な要素があります。

日本での販売当初は「水を買う」という物珍しさもあり、日本人に受け入れられてきたボルヴィック。

しかし、わたし達の生活環境の変化や、嗜好の変化により、出荷本数が年々と下がってきたんだとか。

無味無臭なミネラルウォーターですが、日本人の舌が肥えてきたってことなんでしょうかね。

・2つ目の理由、それは国内のミネラルウォーターの台頭。

20年ほど前であれば、「ボルヴィック」「エビアン」「クリスタルカイザー」といった海外勢が強かったミネラルウォーター市場。

そんな市場に日本国内の天然水が台頭してきたのです。

まずは天然水とトップ売上を誇る「サントリーの天然水」

そして、お馴染みの「いろはす」

「奥大山の天然水」も有名になりましたね。

日本全国各地の天然水が発売されると、いくら知名度があっても海外勢はとても不利になってしまうのが現実ですね。

3つ目の理由は、ボルヴィックの水源地域の枯渇問題。

ボルヴィックの水源地である、オーヴェルニュの国立公園地域は、現在 深刻な水源の枯渇危機に陥ってるんだとか。

実はボルヴィックの向上の水の汲み上げすぎが水源枯渇の原因になっているようなんです。

これからが原因となってるとの事です。

 

スポンサーリンク

ボルビックは硬水か軟水かや青と緑の違いや危険性や体に悪い噂は本当?

軟水なのでミネラル成分は少ないフランス産ミネラルウォーター・ボルビックは、硬度は60mg/Lの軟水です。

ボルビックのパッケージの色の違いを、調べてみると、一番のポイントは、”1eres bouteilles d’origine Vegetale”中身が変わった訳でなくて、植物由来のペットボトル採用ってことで地球に優しいエコなイメージのグリーンにパッケージチェンジとのこと。

 

・身体には悪いのか?!

ボルビックは体に悪いものではありませんが、以前ボルビックから硝酸性窒素が検出されたという報道がありました。

硝酸性窒素には、幼児の体内が酸欠状態になり、全身が青くなってしまう乳児ブルーベイビーや、発ガンを誘発するリスクがあるとされ、水道法で10mg/L以下という水質基準が設けられています。

それに対して、ボルビックからは2mg/Lの硝酸性窒素が検出されたそうです。

無いに越したことはないのですが、基準値以下となっており、人体に影響するほどの量ではないそうなので、そこまで心配する必要はないようです。

ボルビックはフランス産のナチュラルミネラルウォーターで、日本とは異なる基準をクリアしています。

ヨーロッパでは、地下水源が保護されていること、ミネラル成分が一定、細菌学的に汚染されていないこと、水源地でボトリングされていること、ろ過や殺菌の処理を行わないこと等の厳しい条件を満たした水だけがナチュラルミネラルウォーターとして認められます。

なかでもボルビックは、食の安全性と品質に関する国際的な基準を決めているCODEXのEU基準を満たし、世界の厳しい基準をクリアしています。

ちなみに、日本では水源地の環境保護が義務付けられておらず、ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれていても、殺菌処理がされたものがほとんどです。

ボルビックは日本よりも厳しい世界基準をクリアしているので、安心して飲めますね。

 

スポンサーリンク

ボルビックを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

「フレーバーウォーターを飲むことが多いけど、

水を買うならボルビックが1番美味しいと思います。」

「ヨーロッパでは珍しい軟水として知られており、ヨーロッパよりも日本で人気の高いミネラルウォーターです。まろやかです。軟水はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が、硬水に比べて少ないため、コーヒーや紅茶などの香りや味が、ストレートに引き出されます。また、日本料理全般に向いていると言われています。豊富なミネラルを含む硬水を沢山飲むと、お腹の調子が変わってしまう方もいますが、軟水はこのようなリスクが低くなります。お腹の調子を整えたい時、手術後などのリハビリ初期に戴くには軟水の方が向いているでしょう。また、エンダモロジーなどのデトックス系のエステの施術を受けた後は、ミネラル分の少ない軟水を飲んで、老廃物をどんどん流すと良いでしょう。」

「信頼して飲めるミネラルウォーターです。製造元もはっきりしてるし、安心感がありますね。硬度も低めなのでまろやかな飲み口が特徴です。」

などなど、高評価のクチコミも多かったです。

中には、ネガティブなクチコミも。

最も多く見受けられたのは、美味しさに対するネガティブな口コミです。サラッとしたクセのない軟水の味をボルビックに求めて購入したものの、臭みや飲みやすさが気になる人のレビューが確認できました。

次に多く確認できたのは、価格に対する悪い口コミです。

日常的にミネラルウォーターを飲む場合、特に価格が気になりますよね。ほかのミネラルウォーターと比べて価格が高いと感じる口コミが多数見られました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はボルビックが販売終了で売ってない理由はなぜ?水が枯渇だから?硬水か軟水かや青と緑の違いや危険性や体に悪い噂は本当?についてご紹介してきました。

ボルビックの出荷本数が年々と下がってきたこと。

日本全国各地の天然水が発売されると、いくら知名度があっても海外勢はとても不利になってしまうこと。

ボルヴィックの水源地域の枯渇問題。

これらが原因のようです。

通販サイトのAmazonや楽天でもボルビックが購入可能です。

スポンサーリンク

FacebookTwitter