ダイソーホットサンドメーカーが売ってないのは在庫なし?分離改造や餅のアレンジレシピやシーズニングは必要?

スポンサーリンク

Pocket

ダイソーホットサンドメーカーが売ってないのは在庫なし?分離改造や餅のアレンジレシピやシーズニングは必要?

スポンサーリンク

ダイソーホットサンドメー売ってないのは在庫なし?

今回はダイソーで買えると話題のホットサンドメーカーについてです。

100円ショップで買えるとは思えないクオリティのキャンプ用品が続々とダイソーから登場しています。

普通に購入すると3,000円以上はするレベルのアイテムが、なんとダイソーでは、100円ではないですが、1,100円という価格で発売されているようです。

しかし、あまりの人気で売り切れている店舗もあるようです。

ですが、廃盤にはなっていないようなので店舗には無くてもダイソーのネットストアなどには在庫があるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ダイソーのホットサンドメーカーの売り場コーナーの場所はどこに売っているの?

ダイソーのホットサンドメーカーは、普段お家やアウトドアなど使う場所を問わず人気なようです。

キャンプをよくする人の間では、BBQやアウトドアなどで本格的なホットサンドが楽しめるようで大活躍みたいです。

ホットサンド以外にもたくさんのレシピがあるようです。

そんな、ホットサンドメーカーですが、ダイソーの売り場なんですが、アウトドア用品のジャンルになるので、キャンプ用品、BBQ用品などと一緒に並んでいるようですね。

もし、分からない時は店員さんに聞いてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

ダイソーのホットサンドメーカーのツイッターなどの口コミや評判や使った感想については?

ツイッターなどの口コミや評判や感想について

続いて、口コミや評判なんですが、ダイソーの中では1000円という価格は 、少し高い感じもするのですが、実際に使ってみるとしっかりと作ってあるのが分かり 、長期間使用することができるのを見ればコスパ的には良い感じがする。

近年、アウトドアブームなどでキャンパーの間ではかなり人気があるようですね。

など、評価はかなり高いみたいですね。

一方、電気式のホットサンドメーカーはタイマーなどがついていたりして、焼きすぎの心配がないのに対し、ダイソーのホットサンドメーカーは直火式のため、焼きすぎて焦がす心配があるようなので注意が必要のようです。

ホットサンドメーカーの中には、2人分を一気に調理できるものもあるようですが、ダイソーのホットサンドメーカーは、一度に1人分しか出来ないようです。

ですが、価格からすると大満足できる商品のようですよ。

 

スポンサーリンク

ダイソーホットサンドメーカーの分離改造や餅のアレンジレシピやシーズニングは必要?

市販で売られているホットサンドメーカーには、分離してフライパンとしても使えるものもあるようですが、残念ながら、ダイソーホットサンドメーカーは分離して使用できないようです。

ダイソーのホットサンドメーカーを長く使う上で、シーズニングする必要があるようです。

シーズニングとは、フライパンやスキレットでも施す油ならしの事を言います。

購入して使用する前に、まずは洗剤などでホットサンドメーカーを綺麗に洗い、水気を取った後に、コンロ上で強火にかけます。

完全に水気が飛んだ後、加熱状態のまま油をひき野菜ぐずなどを炒めていきます。

少し油を足しつつホットサンドメーカーに油を馴染ませるように炒めて行きましょう。

十分に馴染ませたらシーズニング完了です。

シーズニングが完了したらいよいよ調理開始です。

ホットサンドと言ったらハムとチーズを挟んだやつが定番で美味しいのですが、少し変わったレシピもあるようです。

例えば、餅を挟んだホットサンドです。

サクサクもっちもちの食感がなんとも言えない一品のようです。

具材は、餅、あずきや黒豆のほか、栗きんとんなどを挟んで焼き上げるスイーツ感覚のホットサンドです。

ご興味がある方は、一度試してみては。

 

ダイソーホットサンドメーカーのIHでの使い方は?

ダイソーのホットサンドメーカーは直火専用なのでIHでは使用できないようです。

残念ながらダイソーではIHで使用できるホットサンドメーカーは売られていないようですね。

市販されているIHでも使えるタイプは安くても3000円くらいはするようですね。

ダイソーのホットサンドメーカーの注意書きには炎が底面よりはみ出さないように火力調整を行って下さいと書いてあります。

キャンプなどでシングルバーナーなどでは問題ないようですが、BBQなどで炭火のコンロなどで使用する場合は注意が必要のようです。

 

ダイソーホットサンドメーカーの特徴と人気やおすすめポイントや売れる理由については?

ダイソーのホットサンドメーカーのおすすめのポイントとしては、やはり1000円で手軽に買えるという所ではないでしょうか。

そんな、ホットサンドメーカーの特徴です。

サイズは、15cm × 35cm × 3cm

材質は扱いやすいアルミニウム合金を使用しているようです。

表面、裏面ともにフッ素樹脂塗膜加工が施されているので、食材がこびりつきにくくなっているようです。

また、ホットサンドメーカーの焼き面の洗い方に関しては、酸性・アルカリ性洗剤は使用しない、取扱い説明書に書いてあります。

ですが、スポンジだけで、水洗いだけでも十分汚れが落ちる作りになっているようですね。

電気式のホットサンドメーカーはなかなか綺麗に洗うことができませんが、ダイソーのホットサンドメーカーは丸洗いできるのはとてもいいですね。

フッ素加工の焼き面を長く使う為にも簡易な洗いのほうがいいかもしれません。

 

まとめ

今回はダイソーホットサンドメーカーについてでした。

最近では、空前のキャンプブームですよね。

ダイソーで、1000円で気軽に買うことができるのは魅力的です。

是非、ワンランク上のキャンパーになるためにダイソーのホットサンドメーカーを持って行ってみてはどうでしょう。

キャンプ以外にも、普段使いでも全然いけますよね。

ですが、IH対応がないのが少し残念ですね。

私は、今年の夏は、ホットサンドメーカーを持ってキャンプに行き、家族と一緒に、餅を使ったものや、定番のハムチーズなどいろんななアレンジレシピに挑戦します!!

 

 

公式サイト:DAISO

スポンサーリンク

FacebookTwitter