ファンタグレープが販売中止の理由はなぜ?砂糖の量やカロリーや昔と味変わったのやカフェインは含まれているの?

スポンサーリンク

Pocket

今回はファンタグレープが販売中止の理由はなぜ?砂糖の量やカロリーや昔と味変わったのやカフェインは含まれているの?の理由はなぜ?砂糖の量やカロリーや昔と味変わったのやカフェインは含まれているの?についてご紹介します。

ファンタグレープが販売中止との情報がありました。

なので販売中止や廃盤、製造中止になったのか?売り切れで売ってないだけなのか?それとも、何か問題があって回収されてしまったのか?少し調べてみました。

調べた結果、調べたところでファンタグレープ販売中止のような事実はありませんでした。

今でもスーパー、ドラッグストアやもちろんAmazon、Yahoo、楽天などの通販サイトでも購入できます。

通販サイトのAmazonや楽天ではファンタグレープが購入可能ですよ!

普通に店舗で買うより通販サイトで購入すると自宅まで配達してくれるので重たい荷物を持たなくて便利ですよ!

 

スポンサーリンク

ファンタグレープが販売中止の理由はなぜ?

ファンタ商品は20年代ドイツ発祥、1958年に日本で販売開始以来、愛され続けてきたロングセラー商品です。

ファンタグレープは販売当初からある味として何回かリニューアルされましたが、今でもファンタ商品の中での人気商品です。

しかし、最近見かけない、販売中止ではないかと聞き調べてみました。

調べたところで販売中止のような事実はありません。

今でもスーパー、ドラッグストアやもちろんAmazon、Yahoo、楽天などの通販サイトでも購入できます。

 

スポンサーリンク

ファンタグレープの砂糖の量やカロリーや昔と味変わったのやカフェインは含まれているの?

ファンタグレープは清涼飲料並みなカロリーや糖質が含まれています。

具体的に100mlの中には糖質:11.5g、カロリー:46kcalです。

小さいお子さんや妊娠されている方はカフェインのことも心配されているでしょうが、成分表を調べたところ、カフェインは入ってありませんので、安心して飲めます。

ファンタグレープの味は以前より変わったという噂があるようですが、調べたところ確かに変わりました。

実は味が飽きられないようにファンタの味は定期的にリニューアルしているようです。

2018年にファンタグレープの味がリニューアルしたようです。

具体的には人工甘味料の分量を少し増やしたそうです。

そのあじのリニューアルについて賛否両論のようですが、美味しくなったという意見が多かったようです。

 

スポンサーリンク

ファンタグレープを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

2010年から厳選フレーバーのシリーズが登場により大人をターゲットにしました。

2021年に「初めてのファンタ」というシリーズを発売して、子供、青少年、大人それぞれをターゲットにする商品を揃えました。

中にもファンタグレープ味がとても多くの方に愛され、その口コミについて調べたところ、ブドウの味が炭酸との相性がとても良い、昔からある味なので飲むと安心感がある、炭酸が強めなのでその爽快感がたまらないなどの好評がたくさんありました。

以上はファンタグレープの特徴の説明にもなるでしょう。

グレープ濃厚な果実感と炭酸の爽やかさ是非味わてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はファンタグレープが販売中止の理由はなぜ?砂糖の量やカロリーや昔と味変わったのやカフェインは含まれているの?についてご紹介してきました。

調べた結果、調べたところでファンタグレープ販売中止のような事実はありませんでした。

今でも現在でもスーパー、ドラッグストアやもちろんAmazon、Yahoo、楽天などの通販サイトでも購入できます。

通販サイトのAmazonや楽天ではファンタグレープが購入可能ですよ!

普通に店舗で買うより通販サイトで購入すると自宅まで配達してくれるので重たい荷物を持たなくて便利ですよ!

 

 

スポンサーリンク

FacebookTwitter