キンカンが生産終了の理由はなぜでリニューアルしたから?効果や効能や虫刺されでも塗ってはいけない場所やムヒとの違いはステロイド?

スポンサーリンク

Pocket

今回はキンカンが生産終了の理由はなぜでリニューアルしたから?効果や効能や虫刺されでも塗ってはいけない場所やムヒとの違いはステロイド?についてご紹介します。

キンカンが2022年12月は売っていませんとの情報がありました。

なので販売中止や廃盤、製造中止になったのか?売り切れで売ってないだけなのか?それとも、何か問題があって回収されてしまったのか?少し調べてみました。

調べた結果、キンカンはリニューアルが繰り返されていますが、現在も販売されています。

通販サイトのAmazonや楽天でもキンカンが購入可能です。

 

スポンサーリンク

キンカンが生産終了の理由はなぜ?リニューアルしたから?

キンカンは1930年に金冠堂が販売したロングセラーの塗り薬です。

虫さされや肩こりなどに効く商品で第二類医薬品です。テレビCMもされていたので知ってる方が多いと思います。

キンカンはリニューアルが繰り返されていますが、現在も販売されています。

内容量が15ml・55ml・120mlのものは生産終了している様です。

現在は20ml・50ml・100mlの商品の他にクリームタイプや虫よけスプレー、虫よけシールも販売されています。

 

スポンサーリンク

キンカンの効果や効能や虫刺されでも塗ってはいけない場所やムヒとの違いはステロイド?

キンカンの効能は肩こりや虫さされ、火傷や切り傷など沢山あります。

中でも虫さされで使用された方も多いのではないでしょうか。

キンカンはメントールの成分が入っているので目の周りや粘膜など皮膚の薄い場所などひりひりしてしまうかもしれません。

皮膚の弱い方や乳幼児など使用を注意しましょう。

キンカンは神経を麻痺させて痒みを感じなくする効能があります。

一方ムヒは痒みを引き起こす物質を抑えて痒みをなくす効能があります。

 

スポンサーリンク

キンカンを購入した人の感想やツイッターなどの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

長く愛されているキンカンですが、若い方は食べる方のキンカンしか知らない方も結構いらっしゃいました。

若い方でもブヨやアブに刺される事のある地域に住んでる方は使用されていたので地域性もあるのかも知れません。

キンカンは腰痛や肩こりに効くことを知らない方も多く、急に腰痛になった時にあったキンカンをよく見たら効能に書かれていたとおっしゃってる方もいました。

キンカンはスーッとするのがクセになるといった愛用者が多い気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はキンカンが生産終了の理由はなぜでリニューアルしたから?効果や効能や虫刺されでも塗ってはいけない場所やムヒとの違いはステロイド?についてご紹介してきました。

キンカンはリニューアルが繰り返されていますが、現在も販売されています。

通販サイトのAmazonや楽天でもキンカンが購入可能です。

スポンサーリンク

FacebookTwitter