バルミューダ加湿器が販売終了の理由はなぜでモデルチェンジして再販したの?新型との違いや電気代や大きさのサイズや重さは?

スポンサーリンク

Pocket

今回なバルミューダ加湿器が販売終了の理由はなぜでモデルチェンジして再販したの?新型との違いや電気代や大きさのサイズや重さは?についてご紹介します。

バルミューダ加湿器が2022年11月は売っていませんとの情報がありました。

なので販売中止や廃盤、製造中止になったのか?売り切れで売ってないだけなのか?それとも、何か問題があって回収されてしまったのか?少し調べてみました。

調べた結果、2020年を最後にWi-Fiモデルは生産を終了して、現在はスタンダードモデルのみ販売されています。

生産終了の原因について公式発表はありませんが、購入者のほとんどがWi-Fi対応に必要なバリュミューダのアプリをインストールしていなかったことがわかったため、と言われています。

通販サイトのAmazonや楽天でもバルミューダ加湿器が購入可能ですよ!

 

スポンサーリンク

バルミューダ加湿器が販売終了の理由はなぜでモデルチェンジして再販したの?コストコに在庫は在庫があるの?本当に廃盤や販売中止になっているのか売り切れて売ってないだけなのか?

バルミューダの加湿器Rainは、美しいデザインと、新しい操作方法が人気の加湿器です。

2014年にスタンダードモデルとWi-Fi対応モデルの2つのモデルで発売され始めました。

2017年にはバルミューダのブランドロゴの刷新とともに、本体のロゴの刷新と、内部設計の見直しによって、お手入れがしやすくモデルチェンジしています。

2020年を最後にWi-Fiモデルは生産を終了して、現在はスタンダードモデルのみ販売されています。

生産終了の原因について公式発表はありませんが、購入者のほとんどがWi-Fi対応に必要なバリュミューダのアプリをインストールしていなかったことがわかったため、と言われています。

ネットでは、Wi-Fiのセットアップが大変といった口コミがあった反面、スマホとの連携が便利との口コミもありました。

Wi-Fiモデルの生産終了を残念に思う方は少なくないでしょう。

バルミューダの加湿器Rainは、加湿器としては高価な製品です。

ネット上では毎年この時期になると、コストコで安く販売されている、と話題になります。

会員の方は、お近くの店舗やオンラインショップをこまめにチェックしてみてください。

コストコでは、11月4日(金)~11月6日(日)はアディダスフェアを開催中で、バルミューダの加湿器Rainは、40,800円から2,000円割引の38,000円(税込)で販売しています。

正規の金額が53,900円(税込)ですので、かなりお得に購入できます。

現在の在庫状況は、バルミューダブランドショップ、オンラインストア、正規販売店の家電量販店など、店頭の在庫数は多くはないようですが、随時入荷予定のようです。

楽天・価格ドットコム・Amazonなどでも在庫があり、楽天・価格ドットコムでは高額になりますが、生産終了になったWi-Fiモデルも販売しています。

Wi-Fi対応モデルでは、外出先でスマートフォンで専用アプリを使い、現在の運転モード、湿度設定、室内湿度、残水量を見ることができます。

運転モードの変更なども行えます。

帰宅時間にあわせてお部屋を加湿したり、切り忘れた際には外出先から停止することもできるので便利です。
室内ではスマートフォンをリモコン代わりにすることができます。

加湿器は、乾燥が強くなり、インフルエンザが流行する12月から1月によく売れるようです。
11月中であれば、確実に購入できるでしょう。

店舗によって、販売価格、保証期間、特典などが違います。
詳しくは各店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

バルミューダ加湿器は新型との違いや電気代や大きさのサイズや重さは?給水の容量や水の入れ方や使い方や運転の音は気になるの?

バルミューダ加湿器RainはWi-Fモデルが生産終了となりましたが、発売当初から現在まで、デザイン・性能はほとんど変わっていないようです。

バルミューダ加湿器Rainは、タンクレス構造のため、直接本体上部から水を注ぎ込みます。

そして、本体上部の有機ELディスプレイに表示されるメニューを、コントロールリングを回したり押したりすることで、選択、決定をして、基本的な操作を行います。

サイズは幅350mm✕奥行き350mm✕高さ374mmで、本体の重さは5.7kg、満水時(給水容量4.2l)は約10kgです。

加湿器の中では大きいタイプになります。

加湿方式は気化式で、消費電力は2W~23Wです。

最小2Wでも十分な加湿をし、急速に加湿する場合の最大の23Wでも、超音波式、加熱式に比べ、かなり電気代を節約することができます。

オートモードにより、ディスプレイは操作時以外無駄な電力は使いません。

フィルター

空気を取り込むときに酵素でコーティングされたプレフィルターを通して空気を取り込みます。
空気中のちりやほこりを除去するだけではなく、ウイルスや細菌を除去します。
(30分で85%以上除去)

加湿能力は150ml/h~600ml/hです。

(室温20℃、湿度30%の場合の最大値、適用畳数目安約17畳まで)
加湿の即効性はありませんが、乾燥によるウイルスの活性化と多湿によるカビなどの繁殖を抑え、人が快適と感じる約50%の湿度を作り出します。

運転音は6db~42dbです。

音の感じ方は様々ですが、オートモードでの運転音は気にならないでしょう。
マニュアルモードでの風量設定4~5段階の運転音は、かなり大きく感じられるでしょう。

 

スポンサーリンク

バルミューダ加湿器を購入した人の感想やツイッターなどのrainの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントは?

感想やTwitterなどのrainの口コミや評判や特徴と人気やおすすめポイントについて

バリュミューダ加湿器Rainを購入した人の感想を、製品のメリットとデメリットに分けてみました。

メリット

  • 一見加湿器には見えなくてオブジェのよう
  • シンプルなデザインでインテリアに自然に溶け込む
  • コントロールリングでの操作が面白い
  • 直感的に操作できる
  • 給水タンクを運ばなくていいので楽
  • 給水時に運転を止めたり、電源を切ったりしなくてよい
  • 給水をすると自動的に電源がオフになり、給水をやめると再び稼働してくれる
  • 水を注ぐときの音が癒やされる
  • 給水時に水がこぼれない
  • 水が空になれば作動を停止してくれる
  • 熱くならないのが、小さい子どもがいるので安心
  • 風量を調整できる
  • 湿度のコントロールが上手
  • 気化式で加湿しすぎず結露しにくい
  • カビを気にするストレスがない
  • 電気代が非常に安い
  • 省電力で経済的
  • 空気の除菌ができる
  • 空気清浄機の役割もしてくれるのでお得
  • イオンカートリッジが入っているので、水のぬめりなど気にならない
  • お手入れが簡単で清潔に保つことができる
  • シンプルな構造で簡単に分解できる
  • 傾いたときに音声で教えてくれる

デメリット

  • サイズが大きい
  • 円形であるため、箱形の加湿器に比べると場所を取る
  • 部屋での存在感が大きい
  • 狭いスペースに置く場合には、大きさが気になる
  • 家電製品に良くあるボタンがないので、一発で設定を変えられない
  • 操作方法が独特で慣れるまで使いにくい
  • 給水に時間がかかる場合がある
  • 水道まで遠いので何回も往復するのが面倒
  • 以外と音が大きい
  • 風量マックスではうるさい
  • 加湿力が弱い気がする
  • しっかり加湿には向かない
  • 寒く感じる
  • フィルターを1年に1回交換しないと行けない
  • フィルターが高い

加湿器には様々なタイプがあります。

自分にとって最適な加湿器を見つけたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はバルミューダ加湿器が販売終了の理由はなぜでモデルチェンジして再販したの?新型との違いや電気代や大きさのサイズや重さは?についてご紹介してきました。

購入者のほとんどがWi-Fi対応に必要なバリュミューダのアプリをインストールしていなかったことが原因のようで2020年を最後にWi-Fiモデルは生産を終了しています。

ですが、現在はスタンダードモデルのみが販売されていますよ。

通販サイトのAmazonや楽天でもバルミューダ加湿器が購入可能ですよ!

 

公式サイト:バルミューダ

スポンサーリンク

FacebookTwitter