青いスイカバーがどこにも売ってないのは売り切れ?味やカロリーやコンビニのセブンイレブンでいつからいつまで買えた?

スポンサーリンク

Pocket

青いスイカバーがどこにも売ってないのは売り切れ?味やカロリーやコンビニのセブンイレブンでいつからいつまで買えた?

 

スポンサーリンク

青いスイカバーがどこにも売ってないのは売り切れ?

今回は、青いスイカバーについて調べてみました。

通常のスイカバーといえば、本物のスイカ同様、赤色と緑色ですが、青いスイカバーはさわやかな水色と薄緑色です。

黒い種をイメージしたチョコは変わらず含まれているようです。

商品名は、幸せ!?の青いスイカバーです。

そんな、青いスイカバーですが、なかなか売っていないようです。

その理由は、人気があるのはもちろんですが、期間限定の商品だからのようですね。

是非、見かけたら食べてみたいものですね!

 

スポンサーリンク

セブンイレブンやイトーヨーカドーやファミマやローソンで青いスイカバーの売り場コーナーの場所はどこに売っているの?値段は?

青いスイカバーは、セブンイレブンとイトーヨーカドーで現在販売中とのことです。

価格は、100円(税抜き)で販売されています。

ですか、SNSの情報によるとすでに売り場から消えている店舗も多いようですね。

セブンイレブンと同じコンビニのファミマやローソンでは、販売されていないようです。

どうやら、期間限定でセブンイレブンとイトーヨーカドーの限定商品のようですね。

セブンイレブンでの売り場コーナーですが、アイスが置いてある冷凍コーナーに一緒に並んでいるようです。

 

スポンサーリンク

青いスイカバーの販売地域や販売期間やコンビニのセブンイレブンでいつからいつまで買えた?

青いスイカバーは、全国で買えるものではないようです。

販売地域は、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県のみの販売のようです。

全国で買えないのは少し残念ですね。

販売時期ですが、青いスイカバーに限らず、スイカバーは、基本的に夏限定の商品となっています。

なので、残念ながら冬のシーズンは販売していないようです。

スイカバーの、販売期間は、おおよそ4月頃から8月のお盆過ぎ頃までが目安となっているようですね。

 

スポンサーリンク

青いスイカバーの味は何味でまずいの?カロリーやアレルギー成分や原材料は?

青いスイカバーの味は、スイカ果汁を5%使用した、ちょこっとソーダ味となっています。

ソーダ味ならば、もはやスイカバーとはいえないのでは?などの意見も出ているようですが、広報担当者は「あくまでスイカ味だ」と主張しているようです。

種類別は氷菓で、内容量125ml、カロリーは、114カロリーとなっています。

アレルギー成分は、乳製品、小麦、大豆となっています。

原材料は、一般的なスイカバーの原材料と基本は変わらないといった感じの原材料になっています。

唯一違うところは着色料のところが追加という感じで、一般的なスイカバーでは使われない色をつけるために、スピルリナ青が使われているということです。

 

青いスイカバー通販サイトのamazonや楽天でも買えないの?発売日はいつだったの?

青いスイカバーはなんと、通販サイトでも購入できるようです!

ですが、Amazonでは現在青いスイカバーは販売されていないようです。

一方、楽天では販売されているようです!

楽天では、5本入りで、1,680円プラス送料で販売されているようです。

少し割高になるようですね。

ですが、地域限定、期間限定の青いスイカバーなので割高でもお取り寄せできるのは嬉しいですね!

ちなみに、青いスイカバーの発売日は、2022年6月14日にコンビニエンスストアセブンイレブンで発売されはじめたようです!

 

青いスイカバーの感想やツイッターなどの口コミや評判については?

感想やTwitterなどの口コミや評判について

続いて、青いスイカバーを購入した食べた方の口コミや、感想をみていきたいと思います。

「ほんのりスイカの感じられるあっさりなソーダ味のアイスに、サクッと食感のビターなパフチョコで、ほんのりスイカ味のさっぱりなソーダアイスでとても美味しい!」

「 青いスイカバー! めちゃくちゃ涼し気なブルーの見た目が映えますね! 」

「 わかってはいたものの、青いスイカはインパクト大です!」

「 ほどよい甘味でとても爽やか! 見た目・味ともにいつもの赤いスイカバーよりもっと涼し気で、まさに夏にピッタリなフレーバー!」

「 青いスイカアイスの中には、スイカの種をイメージした粒々のチョコレートパフが入っていて、甘さのあるチョコでコーティングされたパフはサクサクで軽く、いいアクセント!」

「 見た目はスイカバーなのに、青色なので多少困惑してしまいますが、スイカバーのさっぱりとした甘みと香りをしっかり味わえたあとに、スッキリとしたソーダの風味が広がり美味しい! 」

など口コミ、感想をみる限り、評判は良いようですね!

 

青いスイカバーの特徴と人気やおすすめポイントは?

青いスイカバーは、全体が爽やかなソーダ味を連想させるブルーカラーで、レギュラー品と同様に、スイカの皮をモチーフにしたアイスも付いています。

チョコレートパフは、サクッとカリッと食感の意外とほんのりビターなチョコになっています。

スイカバーなのに青、そしてソーダ味。

ツッコミどころ満載で、SNSでも話題となっているようです。

定番の赤いスイカバーと全く同じ形で、見た目の違いは色だけです。

スイカバーは赤色のイメージが強いので、この青いスイカバーを見ると少し頭の中が混乱しそうですね。

スイカ果汁を5%使用しているのでスイカの味がするかと思いきや、ソーダが強めで、意識しながら食べると、ほんのりスイカの味がするかもといった感じのようです。

これからの時期にぴったりな爽やかな見た目と味が楽しめると人気があるようです。

 

まとめ

今回は、青いスイカバーについて調べていきました。

スイカバーは誰もが一度は、コンビニや、スーパーで目にしたことがあるアイスですよね!

そのスイカバーに、青いスイカバーが期間限定、地域限定で販売されているのは驚きでした!

地域限定なので買えない方もいるかも知れませんが、通販サイト楽天などで購入できるようですよ。

今年の夏は、定番の赤いスイカバーと青いスイカバーの食べ比べをして、暑い夏を乗りきりたいですね!

是非、興味がある方は青いスイカバー、チェックしてみてくださいね!

 

公式サイト:ロッテ

スポンサーリンク

FacebookTwitter