ダイソースレートプレートが売り切れで売り場にない?盛り付け方や直火やレンジや食洗機は割れるの?

スポンサーリンク

Pocket

ダイソースレートプレートが売り切れで売り場にない?盛り付け方や直火やレンジや食洗機は割れるの?

スポンサーリンク

ダイソースレートプレートが売り切れで売り場にない?

ダイソースレートプレートがダイソーの店舗の売り場で売っていないようですね。

廃番や販売中止になってしまったのでしょうか。

それとも売り切れになっているだけなのでしょうか。

  • ダイソースレートプレートは売っている。

ダイソースレートプレートが売っていないのか、ダイソーネットストアと近くのダイソーの店舗へ行ってみてきました。

ダイソースレートプレートはダイソーネットストアにも、近くのダイソーの店舗にも売っていました。

廃番や販売中止にはなっていないようですね。

ダイソーの店舗で見つからなかったのは売り切れになっていただけではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ダイソーのスレートプレートの売り場コーナーの場所はどこに売っているの?価格は?

ダイソースレートプレートはダイソーの店舗のどこの売り場コーナーに売っているのでしょうか。

また価格はどれくらいするのでしょうか。

  • ダイソースレートプレートは食器コーナーにあった。

    価格はダイソーらしい価格。

ダイソースレートプレートが売っていないかダイソーの店舗へ見に行ったときに売っていたので、売り場コーナーを見てきました。

グリルプレートやバンブートレー、グラタン皿、コップなどが売っている食器コーナーに売っていました。

ダイソーの店舗によってはレイアウトが違っていて、売っている売り場コーナーが違っているかもしれません。

見つからないときはダイソーの店員さんに聞いてみると確実ではないでしょうか。

またダイソースレートプレートの価格ですが、4種類ありますがダイソーらしく100円(税込110円)で売っています。

1種類のみ200円(税込220)で売っているようです。

 

スポンサーリンク

ダイソーのスレートプレートのツイッターなどの口コミや評判や使った感想については?

ツイッターなどの口コミや評判や感想について

ダイソースレートプレートを実際に使ったかたの感想や口コミはどうなのでしょうか。

  • ダイソースレートプレートは料理の盛り付けに使われているが・・。

ダイソースレートプレートを実際に使ったかたの感想や口コミを調べてみました。

  • 朝ご飯のホットサンドにダイソースレートプレート使ってみた。
  • ガンプラの台座にダイソーのスレートプレート使える。
  • ダイソーでスレートプレート売ってるのすごくない。
  • ダイソーのスレートプレートでお刺身盛り付けてみた。

ダイソースレートプレートを実際に使っているかたの感想や口コミを調べてみたところ、料理の盛り付けに使われている口コミもありましたが、ガンプラの台座やバスキングスポットに使うなど、使われかたはいろいろあるようでした。

料理の盛り付けをインスタ映えするように使うようですが、他にも使いかたがあるようですね。

 

スポンサーリンク

ダイソースレートプレートの材質では直火やレンジや食洗機では割れるの?

ダイソースレートプレートの材質はなんなのでしょうか。

直火や電子レンジ、食洗機を使うと割れてしまうのでしょうか。

  • ダイソースレートプレートの材質は天然石。

    直火や電子レンジ、食洗機はNG。

ダイソースレートプレートの材質を調べてみたところ、天然石とEVA樹脂で作られているようでした。

混ぜて作られているのでしょうかね。

ダイソースレートプレートですが、電子レンジやオーブンにかけるのは禁止されているようです。

直火もおすすめされていないようなので、やめておいた方がいいのではないでしょうか。

また、食洗機にも対応していないようなので、使い終わったら手洗いで洗うことになりそうですね。

 

ダイソースレートプレートのサイズや盛り付け方や油を塗るのは必要?

ダイソースレートプレートのサイズはどうなっているのでしょうか。

盛り付けかたや油は塗らないといけないのでしゅうか。

  • ダイソースレートプレートのサイズは4種類。

    油は塗らなくてもいいが・・。

ダイソースレートプレートですが、サイズは4種類展開されていました。

  • 丸型 約20cm
  • 長方形 約30cm×10cm
  • 長方形 約30cm×20cm
  • 正方形 約10cm  3枚入り

丸、長方形、正方形など形もさまざまで4種類展開されていました。

使う時には油を塗らなくても使えるようですが、食材のシミが残ってしまうようです。

食材のシミなどが気になってしまうかたは油を塗ってから盛り付けると食材のシミが残らないようですよ。

ダイソースレートプレートの特徴と人気やおすすめポイントや売れる理由については?

ダイソースレートプレートの特徴やおすすめのポイントなどはどこになるのでしょうか。

  • ダイソースレートプレートはインスタ映えする食器。

ダイソースレートプレートですが、黒い天然石で作られています。

黒いプレートは盛り付けた料理がよく映えるようになるようですね。

インスタ映えさせるにはいいのではないでしょうか。

お寿司やバゲット、サラダなどを盛り付ければ、高級感や、おしゃれな感じに盛り付けることができるようです。

またダイソーのスレートプレートはほぼ100円(税込110円)で売っています。

電子レンジ、オーブン、食洗機などに使うことができないので、使うときは気をつけないといけませんが、価格も安いのではないでしょうか。

ダイソースレートプレートはインスタ映えさせることができるおしゃれな食器になっているところが特徴でおすすめできるポイントになるのではないでしょうか。

あわせて価格の安さも特徴でおすすめできるポイントになるのではないかと思います。

まとめ

ダイソースレートプレートですが、インスタ映えするように料理を盛り付けることができる、おしゃれな食器になっていて、人気になっているようですね。

ダイソーの店舗には売っていないところもあるようですが、ダイソーのネットストアやダイソーの店舗によっては、まだ売っていました。

電子レンジやオーブン、食洗機には使うことができないようなので、使うときは気をつけて使った方がいいかもしれません。

直火もおすすめされていないようです。

使うときは油を塗ってから使うと食材のシミが残らなくていいようですよ。

使いかたは料理の盛り付けだけでなく、ガンプラの台座やバスキングスポットにも使われているようです。

ダイソースレートプレートが気になっているかたはダイソーネットストアやダイソーの店舗をのぞいてみるといいのではないでしょうか。

 

公式サイト:DAISO

スポンサーリンク

FacebookTwitter