ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!?

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!についてご紹介します。

2020年10月12日(月)発売の週刊少年ジャンプ45号掲載、『僕のヒーローアカデミア』最新話の287話が発表されました。

タイトルは「間違い」

前回はAFOが久しぶりに登場!

死柄木に宿った力を通じて現れているのですが、ビジュアルの禍々しさがさらにアップしてるような。

自分を庇って重傷を負った爆豪を見て、狂戦士化したデクが死柄木に迫るものの、AFOとOFAの力が融合したような異空間に囚われた二人。

二人共動けなくなるものの、代わりとばかりに志村菜奈とAFOが現れ、相対します。

死した後も、OFAの力で宿敵の前に立ちふさがる志村菜奈。

デクにとっては初めて顔を合わせた瞬間なのかも。

彼女だけでなく、他の継承者も出てきてもおかしくない状況ですが、果たして?

そして、デクは異空間から逃れることができるのでしょうか?

それでは、ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!?についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!相まみえた家族…

開始一番での志村菜奈、すごい美人ですね。

体はガッチリしてスタイル抜群、表情も哀しみが混じっているものの凛々しい。

デクだけでなく死柄木にとっても、本格的な顔合わせはこれが初めて。

蛇腔病院を滅ぼす「崩壊」を起こす前の意識世界で、引き留めようとする志村菜奈に会ってもほとんど気にしてませんでした。

今回は因縁のあるAFOがそばにいて、以前にグラントリノの「これ以上志村菜奈を悲しませるな」という台詞があるので、ちゃんと意識して相対してます。

が、祖母に向ける感情は予想通り、憎しみでした。

死柄木にとっては久しぶりに会えた肉親であるものの、対立する気しかないという、悲しい家族の姿が在ります…。

それにしても、死柄木が抱く祖母への憎しみの動機はなんでしょうか?

死柄木の家庭がおかしくなったキッカケは父親で、その父親がヒーローを憎むキッカケが目の前の志村菜奈だからだと知っているから?

死柄木が志村菜奈のことを知ったのは、幼い頃に写真を見た時ですが、その後に父親と祖母の事情を知る機会があったのでしょう。

もしくは、単純にヒーローだからムカつくという理由?

この辺の心理は今後明かされるかもしれません。

 

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!OFA初代の全貌!

OFAが継承者は志村菜奈だけでなく、なんと初代も登場!

全体像と顔がしっかり映ったのは今回が初めてじゃないでしょうか?

顔立ちがなんというか、顔のヒビが無い死柄木みたいに見えます。

兄のAFOの執着の深さもありありと表れてましたね。

生前もこの調子だったのなら、初代は相当しんどい思いをしていたのは想像に難くないです…(汗)。

しかしAFOの悪辣さを前にしても一切怯まない精神力の強さを見せつけました。

しかもデクのことを高く評価する言葉まで残しています。

「常軌を逸するほどの救ける思いにとりつかれた少年」

「常軌を逸する」ていう強烈なワードがあるのに、ここまでデクを評価してくれた人は今までいたでしょうか?

下手したら序盤の時のオールマイト以上!

 

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!死柄木を乗っ取るAFO

久しぶりに登場したのもあってか、AFO大暴れでしたね。

OFA九代目のデクを「出来損ない」と嘲笑し、志村菜奈を前に「凄いぜ、死人が目の前にいる」と嬉々として語っているのが見え見え。

肝心の死柄木からは一言も返されず、それどころか消滅させられそうになるものの、弟が目の前にいる興奮からか死柄木の体を乗っ取る行為までしてます。

しかし初代の抵抗で、OFAを奪うことは失敗。

取り憑いていた死柄木の体、全身火傷してるようでとても目も当てられないほどの惨状になってるんですが(汗)。

この状態で生きているのも不思議だし痛々しいし、それでもさすがに戦闘続行はできない感じ?

英気を養うために一時撤退しそうですね。

最終的に死柄木自身もAFOのせいでえらい目に遭ったようですが、肝心のAFOは今もタルタロスで悠々と生きているから、今後も死柄木の体を支配されるかもしれません。

それを防ぐために、死柄木がかつての師匠相手に何らかの対策を考えたりしますかね…?

 

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の微笑みの意味は?

久しぶりに敵連合も登場。

荼毘が何かを企んでますが、今の所は全く予想できませんね。

荼毘自身が謎だらけですし、「ヒーロー社会を崩壊させる準備」に関する伏線も描写されてましたっけ?

ところで、荼毘は「偽りのヒーロー社会」とよく言いますが、それが意味するのはトガちゃん達と似たものでしょうか?

トガちゃんと死柄木はヒーローのことを「本当に困っている者を救わない偽善者」と捉えている節がありますが、荼毘も同じなんでしょうか?

ステインを信望していたので意味合いは彼らと同じかもしれませんが、個人的には別の意味も込められている気がします。

間違ってるかもしれませんが(笑)。

 

ヒロアカネタバレ288話最新話確定!お茶子VSトガが近づく!?

トガちゃんの表情、今までで一番闇を抱えてますね。

トゥワイスが死んでから一切笑みを見せてません。

それだけトゥワイスと仲が良かったし、心を開いていたんです…。

「ヒーローが助ける人に、仁くんは入ってなかったのかな」という台詞が、狂気的な笑みがチャームポイントだったトガちゃんが言う時が来るとは、と思いながらも、大切な人の死を経験したばかりの彼女が言うからこそ、クるものがありますね…。

上記の台詞に込められた心理は、犯罪や人殺しに手を染めてしまえば、もうヒーローが助けてくれる人には含まれないことを痛感しているのか、悪者を倒すことだけに力を使うヒーローに失望しているのか、どっちが近いんでしょうか?

デクとお茶子を気に入っているのは、彼らから普通のヒーローとは違う何かを感じたからもあるのでしょうか?

お茶子の答えによっては、今度こそ容赦なく始末する覚悟が表情から伺えます。

このまま二人が再会するとしたら、合宿の再戦になりますね。

今やトガちゃんは個性もグレードアップしてるので、一人ではプロヒーローだろうと荷が重い敵のはず。

お茶子は対抗できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ヒロアカネタバレ288話についてツイッターは?

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!についてご紹介していきました。

異空間の中で、本誌では初めて相対した初代とAFO。

初代のおかげでOFAを奪われるピンチは乗り切ったものの、デクと死柄木の両者の体は見て分かるほどボロボロ。

デクがこれほどボロボロなのは合宿以来な気がします。

しかもあの後に、後遺症で腕に爆弾を抱えているような状態なので、下手したらOFAを使えない重体に近いうちになりかねません。

しだし、死柄木も撤退せざるを得ない状態みたいなので、この章では二人が決着つけずに終わりそう。

つまり、まだヒロアカの最終章ではなさそうということです!

しかしお茶子VSトガちゃんという、ありそうで今までなかった再会が来そうです。

お茶子はトガちゃんと再会した時、問いかけにどう答えるのでしょうか?

答えによってはそのまま戦闘ですが、トガちゃんを納得させられる答えを言う可能性もあります。

トゥワイスを失ってからはどのみちトガちゃんの凶行は止まりそうにありませんが、答え次第ではお茶子を見逃す展開もありそう?

みなさんはどう予想しますか?

次回は2020年10月17日(土)発売予定です。

今回の、ヒロアカネタバレ288話最新話確定!荼毘の作戦は一体?再びお茶子とトガは相まみえるか!についてのあなたの情報があなたの役に立てれば幸いです。

 

公式サイト:アニメ『僕のヒーローアカデミア』

スポンサーリンク