夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!あの組織に潜入!

スポンサーリンク

Pocket

今回は、夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!あの組織に潜入!についてご紹介します。

訓練や任務が続く朝野太陽、今回はどんな任務でしょうか?43話のあらすじと共に44話の予想もご紹介します。

それでは、夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!あの組織に潜入!についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!

前回の43話のあらすじは?

「太陽どうして…どうしてなのよおおおお!!!」

夜桜六美は泣きながらガラス越しの朝野太陽に訴えました。

白い囚人服を着た太陽はそんな六美に「ケッ」と悪態をつきながら、イラついたように右足のかかとをトットッ…と鳴らしています。

「どうして人殺しなんてしちゃったのよおおおお!!」

六美はガラスをタタン!タン!と叩きながら泣き続けます。

実はこの二人、足音とガラスを叩く音でモールス信号を送りあい、口にしている言葉とは全然違う会話をしているのです。

口では人殺しをした太陽と、兄に勝手に離婚させられ太陽を捨てた形になっている六美。

そんな会話と並行してモールス信号では、庭のチューリップが咲いた話やお仕事がんばれ♡のような会話が繰り広げられていました。

刑務所への潜入任務

太陽がいる場所、そこは「悪縛刑務所」という超凶悪犯だけを集めた極秘施設でした。

刑務所内にも関わらずシャブでラリってる囚人、電気柵にかかって焦げる囚人を笑う囚人、職権乱用して囚人を殴る看守…

警察の仏山刑事の依頼で、太陽はこの世紀末空間に連れてこられたのです。

その仏山刑事の依頼とは、このちょっとやんちゃだが和気あいあいとした刑務所内で最近犯人不明の囚人殺しが多発している、所内に潜入して犯人を捕まえてほしい、というスパイとしての正式な任務でした。

その囚人殺しは動機も見えないし典型的な快楽殺人だろう、とのこと。

その依頼を受けた時太陽は、殺人鬼の餌になれってことですか?と念のため確認しましたが、仏山刑事の返答は「飲み込み早くて助かるぞー」という一言。

しかも依頼を受けてすぐに出発。戸惑う太陽でしたが、結局刑務所に連れてこられてしまいました。

 

周りは、火炎放射器で焼いたら自分も半分焼いちまったと言っている半身大やけどの跡がある囚人、正義の拳で悪人殴るの超きもちぃー!!と言う暴力看守、そこかしこで繰り広げられるケンカ…太陽はもうすでに帰りたいと嘆いています。

囚人の中には太陽が夜桜家の婿だと気づいた者もいました。

囚人たちの噂話の中では、太陽は六美と別れた腹いせに何人か殺した、という設定になっているようです。

もちろん仏山刑事のタレコミです。

そして太陽が夜桜家の者と知って夜桜家への恨みを晴らそうとナイフを構える者、そいつに便乗して試し殴りしとこ、とメリケンサックを装着する者…そんな奴らが太陽に襲い掛かってきましたが太陽の拳一発で撃退!

「いいかテメェら…」「俺に近寄んな…殺すぞ…!!」

いつもの太陽からは想像できないほどの迫力、しかも中指まで立てて囚人たちを威嚇しました。

囚人たちはそんな太陽を見て「離婚で荒れてんだ、そっとしとこうぜ」と同情してしまいました。

実は太陽のこの振る舞い、演技だったのです。

仏山刑事から「とにかく目立て」と言われていたために、この演技で合っているのかと戸惑いながらも派手に襲い掛かってきた奴らを撃退・威嚇したのでした。

囚人殺しの被害者は全員腕に覚えのある強い奴らだった、おそらく犯人はそういう奴をねじ伏せたがる戦闘狂というヤツだ、周りと馴れ合うな、常に強さをアピールしろ、そうすればいずれ奴の目に留まるはず…

そう言う仏山刑事の作戦に従い、どんどん強さアピールをしていく太陽。

ラジオ体操では腕を振りまくり体操と思ないほどの風圧を見せ、掃除では30年ものの血糊も剥がすほどのぞうきんがけ、お風呂では刑務所名物地獄風呂(100℃)に1時間浸かるという新記録を打ち立てました。

地獄風呂の新記録を打ち立てた太陽を「やるな~新入り!!」と褒めたたえる囚人、太陽は求めている反応と違う気がする…六美の味噌汁飲みたい…と疲れた様子。

そんな太陽の様子を地獄風呂の端からうかがっている男の影…

 

殺人鬼の正体

そして刑務所生活も一週間が過ぎたころ「やっと一週間…一体あと何回やれば…」とトイレから出てきてため息をつく太陽の目の前に、ある男が現れました。

「お疲れさん 少し遊ぼうか」

その男の足元には血を流して倒れている看守。

囚人番号118番 通称「シロ」…模範囚のコイツが例の殺人鬼!?

と太陽が思考していると、シロはゆら…と体を動かし「たまにこうしてガス抜きしないと疼いてしょうがないんだ」と言って、太陽目がけて殴りかかってきました。

なんというバカ力、太陽が拳を避けたために殴られた壁は粉砕されてしまいました。

拳を避ける瞬間、太陽がシロの顔を見上げると、シロの右目の白目部分にあるマークが…

それは「タンポポ」のマークでした。

そのタンポポのマークに一瞬油断した太陽、シロから膝蹴りを喰らってしまいました。

「この印を知ってるか そりゃそうだよな」「俺もお前の記録は見たことがある」「家族の元へ送ってやろう」

そう言うとシロは袖に隠し持っていたフォークを出し、太陽目がけて振り下ろしました。

まずい・・・!太陽がそう思った瞬間、仏山刑事の手が太陽の前に差し出され、フォークを受け止めて貫かれてしまいました。

「よりによってタンポポか」「ただの殺人鬼のがずっとマシだったな」

仏山刑事の言葉にシロも答えます。

「…お前も知ってるよ 仏山刑事」「潰しがいがありそうだ」

そう言ってシロは仏山刑事を殴りました。

「お前もいろいろあるらしいから ちょっと可哀想だが」「ここで終いだ」

一方的に殴られ続ける仏山刑事、シロが再びフォークを構え、仏山刑事の腹部に最後の一撃を喰らわせました。

「仏山さん!!」太陽が声を上げます。

しかし、最後の一撃を喰らった仏山刑事は踏みとどまり、腹部に刺さったフォークを持つシロの腕を掴みました。

「気が済んだか?」

いつも前髪で隠れている右目が怪しく光ります。

「手向けに殴らせてやることにしてんだ」

シロが仏山刑事に「なんだこのタフさ…」と驚く間もなく、仏山刑事の手がシロの顔面を掴み、勢いよく地面に叩きつけました。

叩きつけられた頭を中心に地面が割れていきます。

仏山刑事はシロの頭を押さえつけたままタンポポの情報を聞き出そうとしますが、シロは喉を詰まらせながらも笑い、答えようとしません。

そんなシロを見て仏山刑事は「言わねぇか、だよな」「ならお前に用はない」

「裁きの時間だ」

そう言って金づちを高く振り上げました。

しかし、金づちを振り下ろそうとすると、その腕を息も絶え絶えな太陽が両腕で止めました。

仏山刑事は当然太陽に離せと言いました。お前の家族を殺した奴らの一味だぞ、と。

太陽は仏山さんの依頼で殺しを止めるためにここに来た、と返します。

「これが俺の任務です…!」

そんな会話を聞いていたシロは「殺そうとした奴を庇うか、お前もなかなか壊れてるな、気に入った」そう言って知っていることを話し始めました。

シロがタンポポの人間と接触したのは一度きり、奴らが各地に所有する不動産の一室での事でした。

『仕事相手と顔合わせとは不用心だな』

『んー確かに』『でも直接会うことで得られる情報も多いんだよ』

『診察と一緒でな』

シロが接触したタンポポの人間、それは以前太陽も対峙した医者・皮下でした。

シロは話したければ会いに行くといい、もう雲隠れしてるだろうがな、と太陽に告げました。

新たな歯車が回り始めます。

その後、太陽は無事出所し、刑務所前で六美に「兄貴お勤めご苦労様でっす!」と迎えられたのでした。

 

前回の43話について感想は?

42話に続き、今回もタンポポが出てきました!

前半はいつも通りの呆れながらも頑張る太陽でした。

六美との離婚理由が凶一郎によるものと言うのは本当にあり得そうで怖いですね。

囚人たちにもたった一週間で一目置かれてしまう太陽、さすが夜桜家で毎日鍛えられている男です。

後半、シロが現れてからは怒涛の展開。関係ない事件かと思いきやタンポポが絡んでくる…偶然とは思えませんが、もしかしたら犯罪のほとんどは実はタンポポが絡んでいる、ということかもしれませんね。

タンポポの関係者であると知りながら、仏山刑事の手を止める太陽。

優しすぎると思いますが、それが太陽の良さですね。

仏山刑事の力の秘密や、皮下と接触したというシロ、次回以降の伏線なのでしょうか?

本格的にタンポポ編が始まりそうでワクワクしますね!

 

スポンサーリンク

【44話ネタバレ考察予想】あの組織に潜入!

タンポポの組織に潜入!?

43話の最後のページのアオリに「次号、潜入開始!!」と書いてありました。

タンポポの重要人物・皮下の事もシロの口から出てきましたし、本格的なタンポポ編の開始になると思います。

タンポポの組織としての全貌がつかめていないので、まずはタンポポに関係しているらしい、怪しい組織への潜入調査、となるのではないでしょうか?

 

皮下とシロの関係、シロの様な人物は複数いる?

シロと皮下は仕事相手として接触しました。

おそらく皮下が依頼者で、シロが仕事を受ける側だったのだと思います。

シロ以外にも各地で犯罪などを請け負ってくれる人物に皮下、もしくはタンポポ関係者が接触をしている可能性があります。

また、シロは請け負った仕事は複数回かもしれませんが、タンポポの人間と接触したのは一度きり、と言っています。

タンポポとはどういう組織なのでしょうか?

タンポポのマークを体のどこかに刻む、その基準は一度でも仕事を請け負ったら?

複数回仕事をして実績が上がれば?

シロはフリーランスの殺し屋といった感じでしたが、タンポポのマークを刻むことで何かメリットはあったのでしょうか?

そして、シロが見た太陽の記録とはどういう事でしょうか?

そうそう情報は手に入らないものだと思うので、シロがタンポポから請け負った仕事に太陽が関係していた可能性もありますね。

 

仏山刑事の秘密

殺人鬼のシロも驚く仏山刑事のタフさ、強さ。

ただの刑事とは思えません。

いつも前髪で隠している右目、今回怪しく光っていたのはもしや義眼などを入れていて、普通の目ではないということなのでしょうか?

タンポポにも強く反応していたように思いますし、シロも「お前もいろいろあるらしいからちょっと可哀そう」と言っていましたし、仏山刑事の過去にも気になることがたくさんあります。

 

スポンサーリンク

夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話についてツイッターは?

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!あの組織に潜入!についてご紹介してきました。

ついに始まるタンポポ編。

これまでのように一話完結型で進んでいくのか、続き物で描かれるのか、いつものつっこみ役太陽は見られるのか、期待が膨らみます!

今回の、夜桜さんちの大作戦ネタバレ44話最新話確定速報!あの組織に潜入!についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰夜桜さんちの大作戦

スポンサーリンク