ワンピースネタバレ985話最新話確定速報!赤鞘九人男の集結でヤマトとエースの出会いはいったい!?

ワンピースネタバレ985話最新話確定速報!赤鞘九人男の集結でヤマトとエースの出会いはいったい!?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、ワンピースネタバレ985話最新話確定速報!赤鞘九人男の集結!ヤマトとエースの出会いはいったい!?をご紹介します!

最新話の984話が発表されたので、あらすじを解説します。

そして同時に、2020年7月20日(月)発売予定の週刊少年ジャンプに掲載予定のONE PIECE(ワンピース)の985話のストーリーの予想、考察をしていきます!

984話のタイトルは「僕の聖書(バイブル)」

前回にようやく登場したカイドウの息子ことヤマトですが、今回のラストで思いもよらなかった真実が判明しました。

あれは予想できませんって尾田先生……。

一方でカイドウは「新鬼ヶ島計画」というのを目論んでいるようで、不穏さは加速。

ルフィや侍達は、モモの助を救ってカイドウを討つことができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

「”ギャング”ベッジのオーマイファミリー」

さてその前に、扉絵連載の方も気になる展開でしたね。

タイトルは「うぬはお前達の父なのよ!!!」

ついに言ったー!!

パウンドがついに娘達に明かしたー!!

ホールケーキアイランド編の時には叶わなかった展開です。

当然、シフォンとローラは仰天。

久しぶりに見るエネル顔(笑)。

エネル顔を最後に見たのって、ビッグマムにビビるクイーンだったような。

横にいるベッジも仰天してますね、あれ。

喜びで号泣するパウンドに対し、娘達はどう答えるのでしょうか?

すぐには受け入れられなくても、シフォンとローラのどっちかがパウンドと一緒に旅をするんでしょうか。

シフォンとローラにとっても、ビッグマムとは違って自分達を全うに愛してくれる親の存在は救いになるはずですし。

 

スポンサーリンク

最新話(984話)のあらすじは?

すぐに復活したうるティとページワン

前回はルフィがページワンを、ヤマトがうるティを撃破しましたが…。

まず最初のシーンは、ページワンがヤマトに倒されたうるティを心配しているシーンです。

普段姉のうるティから若干理不尽なことをされても、姉弟仲が良いのが伺えますね。

しかしページワンはルフィから大技の「象銃(エレファントガン)」をもろに喰らったはず。

それなのに「アゴが外れた」だけで済まし、ダメージはあるけどあんまり堪えているようには見えません。

そして医療班の助けも必要なく、うるティもすぐに起き上がります。

「それにしてもヤマトのやつ、一丁前にカイドウ様の「雷鳴八卦」を使いやがって。お前のなんか「雷鳴四卦」だよ!」と強がりながらも、血は出ています(笑)。

二人共、あっさり復活してしまいました。

サンジVSページワン戦からそんなに日数は経っていないはずなのに、敗北したページワンが元気なのも納得。

昔、ルッチが「迫撃戦において最強なのは動物系」、クロコダイルが「覚醒した動物系の能力者は異常なタフさと回復力がウリ」と言っていましたが、改めて相手にするとその厄介さがよく分かりますね…。

覚醒していなくても、恐竜の動物系はそれに匹敵するタフさを備えているようですね。

 

ルフィとヤマトの一悶着

ルフィを抱えて逃げたヤマトですが、「どこまで連れて行くんだ!」と業を煮やしたルフィに抵抗されていました。

というよりガチの戦闘です(笑)。

「話を聞いてくれ!」と訴えても「5秒で話せ!」と言われる。

「場所を変えたい!」と訴えても「じゃあイヤだ!」の始末(笑)。

しかしヤマトはその無茶苦茶な状態に、「かえって思い出すよ、あいつとの戦いを」と零します。

この「あいつ」とは、ラストで明らかになります。

ゴタゴタになるも、二人の技のぶつかり合いで起きた衝撃波で周りの連中が目をくらませてる隙に、二人は逃走。

ページワンが駆けつけた頃には、部下達も見失っていました。

 

耐え忍ぶ侍達

一方、モモの助が磔にされてるライブフロアでは、オロチがご機嫌で演説。

「20年の時を超えあの日の姿のままこいつらは、現代のワノ国に現れた!

おでんの妻トキは、恨みを未来へ飛ばす魔女だったのだ!」

トキ様のトキトキの実の能力を知っていますね。

オロチの演説を聞いてるカイドウの手下達は、「そんなことあるかい」な感じで笑っています。

「光月なんて大昔に滅んだ絶滅種だ!」

20年前の時点ではカイドウの下に就いていない者が多いみたいです。

ただ、そんな中で見覚えのある二人が…。

「ワハハそうだぜー!まったくだぜー!」とテキトーに笑うジンベエと、

「そんなに遠くでやらねえでよう!下に連れて来てよう!目玉くり抜かせてくれよう!」とハイテンションで物騒なことを言うロビン。

謎の男に着いていった二人ですが、無事に本拠地にたどり着いていた様子。(あの男は結局何者…?)

カイドウ軍に紛れ込み、仲間として溶け込んでいる状態です。

錦えもんの作戦が上手くいっていますね。

他の侍達、ヒョウゴロウ親分達も同じくライブフロアに潜入しています。

表面上はカイドウ軍と盛り上がっていても、磔にされてるモモの助のことを案じています。

耐えるしかない状況ですが、どのタイミングで行動を起こすのか…。

しかし、潜入が得意なロビンの気合の入った演技はともかく、ジンベエは見た目が目立ちすぎるような?(笑)

胸元のタイヨウのマークが丸見えだし。

 

ついに再会した兄弟

視点はまた変わり、今度は裏口を目指すポーラタンク号。

鬼ヶ島の裏口では雪が降っています。

ハートの海賊団の操縦で裏口に近づき、ロー「シャンブルズ」で、ローと赤鞘の5人は無事に裏口へ移動。

ハートの海賊団はポーラタンク号に乗ったまま、再び潜水。

裏口にはなぜか入口が2つあるものの、ローは上の入口がカイドウに繋がると予想。

すると赤鞘の上空から、

「おい待てぇ!もうちっと丁寧に」

「贅沢言うな!何が名案があるだよい!」

落ちてきたのはネコマムシ!

どうやらマルコが送ってきてくれた様子。

マルコはすぐに「海で見た妙な影」を探るためにその場を離れます。(もしかしたらペロスペロー?)

そしてマルコが連れてきたのは、ネコマムシだけではありません。

イゾウもです!

これでマルコ達と一緒にやって来たのはイゾウで確定しました。

「立派な侍になったな」と言うイゾウに抱きつくお菊。

20年ぶりの兄弟の感動の再会です!

 

新鬼ヶ島計画

舞台はライブフロアに戻ります。

「リンリンはまだか!?」と少し焦っているカイドウ。

ビッグマムといえば、ライブフロアに向かっているナミ達を追っている最中です。

それを知ってか知らずか、バオフォンが「今こっちに向かっているそうで!」と報告。

報告を聞いて、モモの助の処刑と同時にある重大な発表をすることに。

オロチと同じ高台に現れたのは、カイドウ、キング、クイーン、ジャック。

船長と大看板の揃い踏みに、大盛りあがりのカイドウ軍。

「この退屈なガキの処刑に、面白ェ話を添えてやる!

聞け!「新鬼ヶ島」計画!!」

いやー巨漢ばっかりなので、凄い威圧感ですね。

部下達から「あそこだけ魔界」と評されていますし。

それにしても、キングはあの面子の中だと一番背が低いんですね。

 

ヤマトの正体

逃げたルフィとヤマトは、場所を城内屋根裏に移しました。

ヤマトの頼みを聞き入れ、「5分だぞ!」と念を押すルフィ。

ヤマトは語り始めます。

「ある日、父におでんになりたいって言ったらぶっ飛ばされたんだ」

「なんでそれを俺に話してェんだよ!」

話を聞くと、ヤマトは20年前のおでんの処刑、伝説の一時間を見た一人。

おでんの生き様に感激し、彼を殺したオロチとカイドウに悔しい思いを抱えた。

そして驚くことに、ヤマトはおでんの航海日誌を持っていました!

いつなのかは不明ですが、九里で拾ったとのこと。

航海日誌を隠してきたので、その存在はカイドウ達も知りません。

憧れの侍の航海日誌は、ヤマトにとっての聖書(バイブル)だと言います。

「ここには彼の豪快な人生と、「大切な事」が書かれている!

赤鞘九人男の侍達が死んだ今、誰かがおでんの意志を継がなくちゃ!

だから僕は、この国を開国するんだ!

そして被っていた般若のお面を外します。

その素顔は、なんと女性

「光月おでんは男だろ?だから僕は男になった!」

人物紹介のテロップには、【カイドウの娘 (自称:光月おでん) ヤマト】

「君は本当に強いな!

エースを思い出す!

一緒に戦わせてほしい!」

「は!?」

 

スポンサーリンク

ワンピースネタバレ985話の最新話速報の展開を予想、考察!

ヤマトが女性である伏線はあった!?

いやーイゾウとお菊の再会などの見所がありましたが、ラストのヤマトの正体がそれを上回る衝撃でしたね。

まさか女だったとは!

しかもとても可愛い!

身長がルフィよりずっと高いものの、ワンピースでは貴重な「ボクっ娘」です。

しかも武装色を駆使するルフィと渡り合うほどの強さで、戦力としては申し分なさそう。

今後のカイドウ戦のカギになることは間違いないですね。

女であることは微塵も予想していませんでしたが、実はそれを匂わす伏線はあったみたいです。

まず、名前のヤマト。

名前のモデルになったのは、古代日本の天皇であるヤマトタケルだと思われていました。

ヤマトタケルは男性ですが、女装したという逸話があります。

そして大和撫子にもかかったネーミングなのかもしれません。

もう一つは、被っていた般若のお面

他に般若のお面を被っていたキャラにはお菊がいますが、この二人はどちらも性別に関する事柄を抱えたキャラです。

さらに、そもそも般若のお面は、嫉妬に狂った「女」の顔をイメージしたお面です。

誰もヤマトが女だと匂わせてもいなかったので、完全に騙されましたね!

 

周りはなぜ男扱いするのか?

カイドウと部下達が、ヤマトを徹底的に男扱いする点が気になりますね。

カイドウは「バカ息子」、部下達は「ぼっちゃん」と呼んでますし。

昔から男扱いを徹底しているなら、普通の手下は実際の性別を知らないのかもしれません。

ヤマトは普段から顔を隠しているみたいですし。

飛び六砲や大看板クラスなら知っているのでしょうか?

うるティによると、二人は普段から部下も巻き込むほどの「家族問題」を抱えているようですが、それはそうでしょうね。

カイドウ軍の中で侍の格好をしているのはヤマトだけみたいですし、

しかも、敵対したおでんの格好。

そして娘はおでんに憧れ、おでんを意識した格好(腰紐がおでんのものと似ているのもそういうことでしょう)。

しかしそれを許している状態で、しかも「息子」として扱っている。

ヤマトの気持ちを尊重しているようにも思えます。

カイドウの心中はいかに…?

 

ヤマトの母親はブラックマリア?

とてもカイドウの血が繋がっているとは思えないぐらい可愛いですね~。

ただ、頭の角が気になります。

この角がブラックマリアに似ているからです。

もしかしたら、ブラックマリアが母親なのでは?

他の母親候補だと、「昔の恩」というワードからビッグマムが挙げられますが、外見を考慮するとブラックマリアのほうが近い気がします。

 

ヤマトとエースの関係

ヤマトはおでんのことを知っているだけでなく、エースと会ったこともある様子。

それを踏まえると、ヤマトは島の外に出られない境遇とのことですが、鬼ヶ島からは普通に出入りでききて、あくまでワノ国から出られないみたいです。

エースがかつて来ていたのは九里の編笠村。

リトルオーズJrの編笠を作ったことがあります。

ヤマトはエースと会った時、流れでお玉とも会ったことがあるのでしょうか?

ルフィと戦った上で「エースを思い出す」と言ったので、二人が一戦交えたのは間違いないですね。

二人が戦った理由ってなんでしょうか?

何かしらの誤解でぶつかり合ったような気がします…(笑)。

 

おでんの航海日誌の価値

重要アイテムの「おでんの航海日誌」が遺されていました。

おでんの回想でも、最終的にどうなったのかは明らかにされてませんでしたが、誰かに託していたのかもしれません。

そして、それを偶然にもヤマトが手に入れた。

この航海日誌の価値の高さはとんでもないですよ。

おでんの偉大なる航海の旅の日記だけでなく、ラフテルへの道筋、空白の百年、Dの意志に関することも書かれているかもしれませんから(ラフテル関連はあくまでおでんが心に留めておいて、日誌には書いていない可能性もありますが)。

もしラフテルへの行き方が書いてあるなら、カイドウもビッグマムも喉から手が出るほど欲しいものに間違いありません。

けれどルフィは意地でも見ないと思いますね(映画スタンピードではラフテルへのエターナルポーズを握りつぶしたし)。

しかし、ヤマトが拾う前はどこにあったのでしょうか?

ヤマトが「九里で拾った」という話も気になりますね。

かつてエースが上陸したのも九里ですし。

「ルフィをずっと待ってた」理由は、航海日誌の内容からなのか、それともエースが関係しているのか…?

 

赤鞘九人男の集結!

イゾウが到着したことで、かつてのおでんの家臣が「九人」集まりました。

裏切り者のカン十郎が離脱したもの、それと入れ替わる形でイゾウが来たことで、また赤鞘九人男が揃いました。

かつてとある方の考察で、「イゾウが来ることで真の赤鞘九人男になる」とありましたが、それが見事に当たりましたね!

イゾウの戦闘スタイルもはっきり描写されると良いです。

武器が2丁拳銃である以外、詳しい戦闘シーンは描かれていなかったので。

しかし侍でもあるのに、銃を武器にしているのは何故でしょうか?

もしかしたら今後、剣で戦うかもしれませんが。

相手にするなら、大看板の誰かでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ワンピースネタバレ985話最新話確定速報!赤鞘九人男の集結!ヤマトとエースの出会いはいったい!?についてご紹介しました。

ヤマトの正体、イゾウの到着、ライブフロアに潜入する侍達など、それぞれが前準備を済ませていっています。

後はいつ、変装を解いてカイドウ軍と戦うのか。

そのタイミング次第です。

ヤマトの今までの話も気になりますが、カイドウ戦に向けてのターニングポイントに差し掛かった印象です。

今回は出てきませんでしたが、遊女を探しに行ったサンジも、裏で何かしらの工作をしているかもしれません。

みなさんはどう予想しますか?

先の読めない展開のまま、面白い話が続いているものの、次回は休載なんです(泣)。

次の連載は7月20日(月)ですので、気長に待ちましょう。

今回の、ワンピースネタバレ985話最新話確定速報!赤鞘九人男の集結!ヤマトとエースの出会いはいったい!?の情報があなたのお役に立てれば幸いです。

 

公式サイト:ワンピース

スポンサーリンク