アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!不治登場で激突や否定者狩りも?

アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!不治登場で激突や否定者狩りも?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!「不治(アンリペア)」登場!激突・「否定者狩り」!についてご紹介します。

前話22話は、「不治(アンリペア)」という否定者を追ってブラジルへ飛び、豪華客船で開催される黒競売(ブラックオークション)にアンディと風子が乗り込むというお話でした。

それでは、アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!「不治(アンリペア)」登場!激突・「否定者狩り」!についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!

前回22話のあらすじは?

4つめの選択肢

ニコの作った偽造パスで、黒競売の会場である豪華客船に乗り込んだアンディと風子。

黒競売に参加する客達は世界中のセレブや金持ちのマフィアです。

彼らは否定者やUMAをペットか面白い見世物としか見ておらず、倫理観のかけらもない彼らの言動を目にしてアンディと風子は気分を悪くします。

他人と違う能力を持つゆえに孤立が必然である否定者の人生は、3パターンに分かれるとアンディは語りました。

能力と向き合って生きるか、絶望して死を選ぶか、開き直って悪さをするか…。

しかし、組織に加入して「このような境遇とルールを強いた神に対し戦いを挑む」という4つめの選択肢があることに気付き、考え方を変えることが出来たとアンディは言うのでした。

 

招かれざる客達

その頃、客船の上層では一騒動起こっていました。

甲板に出ようとして運営に止められている、眼帯の男と黒髪おかっぱの女の二人組。

眼帯の男が指を一振りすると、運営側のボディーガードは一瞬にして頸動脈を切られ、止血もできないまま失血死してしまいました。

悠々と甲板に出た男が指笛を鳴らすと、海の中から巨大な魚影が浮かび上がり、男の仲間らしき人間二人が魚(シャチ?)の口から吐き出されて甲板に落ちてきました。

この眼帯の男こそ「不治(アンリペア)」であり、彼らは今宵黒競売にかけられる否定者をさらうためにやってきた否定者達の組織でした。

彼らは船内へ侵入し、止めようとする運営陣を躊躇無く殺していきます。

 

動き出せ!

この様子を物陰から伺っていたタチアナは、即座にアンディや風子、そして本部にいるジュイスたちに連絡をします。

ジュイスは、彼らは「否定者狩り」(仮名)と呼ばれる敵対組織だろうと言います。

否定者を強引に集めて活動するという点ではジュイスらの組織と同じですが、彼らの目的は「世界に復讐すること」。

まだ競売は始まっておらず、商品となる「否定者」もどこにいるのかは分かりませんが、敵対組織が動き出した以上もたもたしてはいられません。

「確かに否定の力は辛くて悲しいけど…だからって、世界を恨むのは間違ってる!」

風子とアンディは、妨害しようとする黒競売の運営陣をなぎ倒し、否定者を探すため走り出しました。

「否定者は、渡さない!!」

 

スポンサーリンク

【ネタバレ考察】敵の否定者達の能力は?

言語統一の影響

アポカリプスが提示した課題の中に、ニコがクリアした「UMA ランゲージの討伐 報酬:全世界言語統一」というものがありました。

この影響で世界中の言語が英語に統一されましたが、英語圏内でない否定者がこれによってあぶり出されてしまい、発見されやすくなったという話が聞かれます。

このことから、否定者は(組織に属していようといまいと関係なく)世界の理の改変から外れてしまうということが分かります。

否定者がいかに世界から疎外された存在であるかが分かるエピソードであり、年中こんなことが行われているのであれば、否定者の立場としては絶望して世界を恨んでも仕方が無いと言えるでしょう。

「否定者狩り」の組織が目指す「世界への復讐」の意味がよく分かるようになっているのです。

 

「否定者狩り」のメンバーの能力は?

否定者狩りの組織のメンバーとして、5名のキャラクターが明らかになりました。

まずは右目に眼帯をした「不治(アンリペア)」名前は「リップ」。

おかっぱの女性「ラトラ」。

中国人らしい背の低い人物「ファン」。

シャチのような大きな海獣「カイン」。

ミリタリーな服装のいかつい男(名前不明)。

いずれの人物も「不」という文字のように見えるものが逆さまになった形のアクセサリーを体のどこかに身につけていて、これがこの組織のエンブレムなのでしょう。

この全員が否定者とは限りませんが、ファンが中国語しか話せないということからファンは間違いなく否定者。

またラトラが予知(予言)めいた発言をし、それが外れるという流れのことが起こっており、彼女が否定者だとしたら考えられる能力としては「不信」などがありますが……?

 

「名前」で呼ぶアンディ

アンディは不死の能力を持ち非常に長命であるゆえ、ほとんどの登場人物を子供扱いしてガキ呼ばわりします。

風子のことは「ガキ」、タチアナのことは「球ガキ」と普段呼んでいるのですが、今回ちゃんと「風子」「タチアナ」と名前で呼んでいるシーンが登場します。

彼なりの真剣さや組織への信頼感の証明であるのでしょう。

風子のことはスポイルの課題のあと、長い眠りから目覚めた彼女を名前で呼んだのが初めて。

それから徐々にアンディが風子を名前で呼ぶシーンは増えており、二人の絆を感じさせますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!「不治(アンリペア)」登場!激突・「否定者狩り」!についてご紹介してきました。

アンディたちと同じようにひっそり潜入して、黒競売開始までおとなしくしているのかと思いきや、客でも商品でもなく「略奪者」として船に乗り込んできた「不治」たち。

彼の率いる「否定者狩り」とアンディたちの衝突は避けられそうにありません。

また、黒競売の商品としてどこかに軟禁されているであろう「否定者」の能力や思想も気になります。

これからの展開に目が離せません!

今回のアンデッドアンラックネタバレ23話最新話確定速報!「不治(アンリペア)」登場!激突・「否定者狩り」!についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰アンデッドアンラック

 

スポンサーリンク