アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治を追ってブラジルへ新章スタート!

アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治を追ってブラジルへ新章スタート!

スポンサーリンク

Pocket

今回は、アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治(アンリペア)を追ってブラジルへ!新章スタート!についてご紹介してきます。

前回21話は、課題に失敗してしまった罰として、新しい理「銀河」が追加された世界で、一刻も早く11人目の席を埋めるためにアンディたちが「不治(アンリペア)」という能力を持つ否定者を探し出す決意をするというお話でした。

「不治」は現在ブラジルにいるということが分かったので、早速ブラジルの地へ旅立つアンディたちですが、果たしてそう簡単に不治は仲間になってくれるのでしょうか?

それでは、アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治を追ってブラジルへ!新章スタート!についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!

前回の21話のあらすじは?

ブラジル上陸!

ブラジルはリオデジャネイロにやってきたアンディと風子。

ジュイスらが調べた結果、組織が管理しきれていない否定者やUMA、古代遺物(アーティファクト)が出回る闇市がリオに存在し、世界中のマフィアが集って黒競売(ブラックオークション)が開催されているとの情報を突き止めました。

アンディたちが追っている否定者・「不治(アンリペア)」もおそらくその黒競売に何らかの形で参加すると睨んで、アンディたちは黒競売の開催される豪華客船に潜り込むことにします。

 

二人でショッピング

まず訪れたのは、リオ随一の超高級ショッピング街。そこで豪華客船のゲストとしてふさわしいセレブな洋服をみつくろいます。

ブランドスーツを見事に着こなすアンディにちょっと見とれてしまう風子。

次いで風子のドレス選びに取りかかりますが、アンディが勧めるのはどれも露出の多いものばかり。

恥ずかしさと自身の「不運(アンラック)」の能力(肌の接触面積が大きいほどもたらされる不運も大きい)への心配で嫌がる風子に、アンディは「俺の女として行くんだ。触らせねーよ、誰にもな」と自信満々に言い放ちます。

風子は旅立つ前、ジュイスに「もっともっと彼を好きになってくれないか」と言われたことを思い出しました。

風子の「不運」の力はコントロールさえできるようになれば、神をも殺す能力になりうるかもしれない。

地球に暮らす罪の無い人々を守るため、自分達の戦力を上げるために、風子の能力はなくてはならないものだとジュイスは確信していました。

だからこそ、対象に好意を寄せるほどに大きく強くなるというルールを持つ風子の「不運」の力を、アンディとの絆を深めることで伸ばしていって欲しいと、彼女は風子に告げたのです。

ジュイスの言うとおりにするとまではまだ思えないものの、アンディの人間の深さを知るほどに、どこか彼に惹かれてしまう風子でした。

 

何度でも助ける

無事にドレスを選び帰路についた二人。

ヴィクトル(アンディの中に眠る別人格)が何者なのか、アンディは知らないと言います。

しかしヴィクトルが「自分がオリジナルであり、アンディは後から創られた人格だ」と言ったことはおそらく事実で、幼少の記憶が無いことや額に差したカードがないと自我を保てないことをアンディは語りました。

「いつかまたあいつが出てきて、お前や周りの奴らを襲うかもしれない」と言うアンディに、風子は「そうなったら何度だって、私の不運で助けるよ」と励まします。

 

いよいよ黒競売の舞台へ

そこへ突然、タチアナが降ってきました。

タチアナは、今夜の豪華客船黒競売への潜入の手筈を二人に説明します。

アンディと風子は客として豪華客船へ乗船し、タチアナは外から様子を見つつ「不治」の居場所を探ることに。

二人の乗船偽造パスはニコの製作ですが、どうやら夫婦という設定で用意したらしく、風子はアンディの妻を演じることに!

黒競売には一体どんな人物達が揃い、どのような商品を競るのか?そして目指す「不治」は見つけ出せるのか?一波乱ありそうな予感です。

 

スポンサーリンク

【ネタバレ考察】アンディらが属する組織の役割、そして組織に敵対する者達の存在

組織の役割

扉絵にて、アンディたちがこなした課題(クエスト)・「UMAスポイル」事件で生き残った子供達のその後が説明されています。

それによると、「組織が運営する孤児院にて保護して教育等を保障し、高校を卒業すると組織に所属して働くか、一般人として社会に出るかを選択させる。一般社会に出ると決めた場合、組織やUMAらに関する記憶は抹消される」とのこと。

これまで組織に関して、10人の円卓メンバー以外の実情はよく分かりませんでしたが、こうした仕組みがあることから、見えないところで円卓メンバーを支える組織がかなりの規模であることがうかがえます。

また、組織は否定者やUMA、古代遺物が起こした事象のアフターケアもちゃんと行っていることが分かりました。

全ての関係者を記憶抹消や抹殺という形で処分を行わず、一般人には丁寧に対応するあたり、人道的な組織なのかもしれません。

 

黒競売の裏にあるものとは?

黒競売を開き、それに集まるのは「世界中のマフィア」だといいます。

また、こういった取引は一度組織が潰したものの、復活してしまったということも語られました。

これによって、否定者等の存在がその筋の界隈ではかなり有名なものであり、また悪用もされやすいのだと推測できます。

このことから考えると、アンディと風子が属する組織に敵対する存在や、組織を疎ましく思う連中はかなり多いのではないでしょうか。

そして、その中に「不治」が所属するものも含まれている可能性が高いです。

それらが組織および円卓メンバーが抱えている「ラグナロクを阻止する」という使命のことを知ってのことなのかどうかはいまだ謎です。

ともかく、「不治」を仲間に加えるのはますます容易ではなさそうだということが明らかになりました。

 

服のUMAクローゼス

スポイルの捕獲課題に行く前にアンディが捕らえた服のUMAクローゼス、愛称「クロちゃん」はすっかりアンディの一部となり、多少口は悪いものの基本的にアンディたちの味方として動いてくれるようになりました。

さらに好物もある(毛玉)ことが判明。UMAにはそれぞれ独自の好きなものがあるようです。

そのうちUMAをペット化するとか、古代遺物を装備品のように扱いながら(円卓メンバー・フィルがそうなのかもしれません)戦いの幅を広げていくようになるのかもしれません。

 

風子の「不運」の新パターン

風子が素肌で触ることによって起こされる不運には「コンボタイプ」なるものもあることが判明しました。

単発火力の低い不運が連鎖的に起こるタイプのもののようです。

アンディは風子に触れた後、トラックにはねられて海に落ち、サメに食われるという流れで不運を体験。

これまでには「見合う大きさの不運を起こすトリガーが付近に無い場合、(空から隕石などを)無理矢理引き寄せる」ということが知られていましたが、そこそこの威力の不運が複数コンボを起こすことでノルマ(?)に到達するというタイプも存在するのですね。

今回の「コンボタイプの不運」は風子も予期せぬ事であったようで、不運のルールはまだまだ奥が深そうです。

彼女は、いつかそれを完璧にコントロールできるようになるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治を追ってブラジルへ!新章スタート!についてご紹介してきました。

今回はいわば箸休め的な回で、ラブコメ要素の強い場面も多くありました。ニヤニヤしてしまった方も多いのではないでしょうか。

「理想的な死を迎えたい」というアンディと風子の願いはいつか叶うのでしょうか?

次回はいよいよ裏競売。果たして不治は見つかるのか?

これからの展開に目が離せません!

今回のアンデッドアンラックネタバレ22話最新話確定速報!不治を追ってブラジルへ!新章スタート!についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト:アンデッドアンラック

スポンサーリンク