アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?

アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?についてご紹介します。

前話では、無事に「UMA・スポイル」の捕獲任務を終えたアンディたちが、円卓の場に戻ってきて課題結果(クエストリザルト)を黙示録(アポカリプス)から聞き、その成果や起こってしまった事象を確認するという話でした。

11席目の追加、追うべき人物の位置情報の公開、言語の統一など様々なことが起きますが、全ての課題をクリアできなかった罰として、「銀河」という新しい理が追加されてしまいます。

この結果は世界とアンディたちにどのような影響をもたらすのでしょうか?そして、追加された11席目に補充すべき、まだ見ぬ新たな仲間とは?

それでは、アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!

前回の20話のあらすじは?

罰(ペナルティ)・『銀河』

今回、円卓の否定者たちは黙示録(アポカリプス)から提示された全ての課題(クエスト)を期限内にクリアすることはできませんでした。

そして罰(ペナルティ)が発動し、UMA・銀河(ギャラクシー)が追加されます。

銀河は宇宙の模様をした巨大な人型の怪物の姿をしており、空へ昇っていくと広がって、宇宙空間には惑星や数多の星が出現しました。

もともとこの世界には地球と太陽、月以外の惑星が存在していなかったのです。

風子がジーナと初めて会うシーン(第四話)でそのことは既に語られており、アンデッドアンラックの世界の「理(ルール)」は我々の住む世界とは異なっていることが匂わされています。

 

『銀河』の理について

「理」が足されると、その時点で世界中の人々にとっては最初からそうであったという認識に改変されますが、ユニオンの円卓のメンバーである否定者たちの記憶は引き継がれるので、足された「理」について否定者達は知りません。

ニコが自分のチームの調査員に変更点を尋ねると、「惑星が大量に出現したことにより、星にまつわる神話・曜日等のシステムの追加と宇宙人の概念が生まれた」ことを教えてもらえます。

 

宇宙人・アクスの襲来

そして、地球は今まさに宇宙人によって侵略されようとしていました。これが銀河という「理」が追加されたことによって地球に迫る脅威、つまり罰(ペナルティ)の一つの形ということなのでしょう。

宇宙人の名は「アクス星人」。

名前の通り、体中に斧のような刃物がくっついています。

高圧的に地球を渡せと迫るアクス星人の前に円卓首席のジュイスが進み出て、「断る。お引き取り願おう」と毅然と対応します。

それでも宇宙船から威嚇砲撃を行い(『オーストラリアの一番おっきい岩』とのことなのでおそらくエアーズロックでしょうが、これが半分吹っ飛ぶほどの威力です)、「この義の前には如何なる道理も通らない」と自分達の正義を主張するアクス星人に、「ならば私はその正義を否定しよう」と、ジュイスは自身の能力を発動させます。

 

ジュイスの否定能力・「不正義」

彼女の能力は「不正義」(アンジャスティス)。

正義を否定されたアクス星人とその兵器は次々に謎の自滅を始めます。

生き残ったアクス星人は、何をされたのかも分からないまますっかり怯えて逃げ帰ってしまいました。

残っているアクス星人に「私の力で自死もしないとは。大口だけで義などなかったか」と嘲るように呟くジュイスのセリフから、「不正義」は対象となる個人が持つ正義の信念が強いほどに効力が増す能力だと考えられます。

個人の抱いている思いに効力が左右されるという点で、シェンの「不真実」に似た仕組みを持っているのかもしれませんが、彼女の能力の発動条件や具体的な効力についてはまだ分からず、今後明かされるであろう「不正義」のルールに期待したいところです。

 

「ラグナロク」の脅威

ジュイスは風子とアンディに、「これ以上の罰はもう許されない」と語ります。

合計100の罰を受けることで101個めの最期の罰、「ラグナロク」が発動してしまうとされています。

この「ラグナログ」が何を意味しているのかはユニオンにも予測できていないけれど、おそらく終末や世界の終わりを指しているものと考えられ、これだけは避けなければならない。

そして既に99の罰がもう埋まってしまったと、ジュイスは言うのです。

罰とは様々な理。「性別」「言語」「人種」「死」「病気」など、当たり前にあるものとして我々が認識している概念です。

しかしそのどれもがこの地球を縛る枷であり、これらが原因となって数々の問題が起こることで地球は脅威にさらされます。

ところが最期の罰「ラグナロク」は、理追加による罰どころではない危険性を孕んでいると考えられるのです。

 

「不治」を探して

もはや一刻の猶予もない。

しかし、黙示録は円卓が満席でないと開かず、課題も受けられないのです。

課題挑戦をしなければ罰は自然と発動してしまいます。

ということで、目下の彼らの目標は、一刻も早く11席に増えた円卓の空席を埋めること…つまり、「仲間」を増やすことになりました。

アンディは、今回の課題の報酬で所在が明らかになった否定者「不治(アンリペア)」を探し出す役に名乗り出ます。

「不治」を11人目の円卓メンバーに加えるため……そして「不治」の能力がその名の通りなら、その人物はアンディの死にたいという願いにも一役買う可能性が大いにあります。

サポートに任命されたタチアナと共に、アンディと風子の新たな旅が始まります。

 

スポンサーリンク

【ネタバレ考察予想】果たして11人目の不治を仲間にできるのか?

「不治」の居場所は?

UMA・スポイル捕獲の成功報酬により、「不治(アンリペア)」の所在はブラジルだと判明しました。

ところで、19話にて失敗してしまった課題・「不可視(アンシーン)の捕獲」についてのシーンで、問題の「不可視」が何者かに捉えられて監禁されている描写があります。

自己対象強制発動型、目を閉じることで自身とその所有物を透明にするという「不可視」の能力を無理矢理発動させ、怪我をさせたうえで脅している人物がいます。

眼帯で右目を隠した若い男性。

「その傷は俺が死ぬまで治らない」と発言していることから、彼こそが「不治」なのではないかと考えられます。

「不可視」が監禁されているのは、リオデジャネイロの街を一望できるコルコバードの丘だと考えられ(コルコバードの丘の象徴的な存在である、切り立った崖に立つ巨大なキリスト像が見えるコマがあります)、「不治」の所在地がブラジルであるという情報とも一致します。

「アンデッドアンラック」はなにげに世界各地の名観光スポットについてもよく描き込まれているので、次回は風子たちと一緒にブラジル観光気分を満喫できるかもしれませんね。

 

「不可視」を助けることが鍵に?

「不治」は「不可視」に、「ウチに入るなら能力を解いてやる」「組織には渡さない」と語りかけています。

どうやら、アンディと風子らの所属するユニオンに敵対する何らかの勢力が存在し、「不治」はそのメンバーなのではないかと考えられます。

「不治」がユニオンに敵対意識を抱いていることは明白で、アンディたちが彼に出会えたところで、ワケを話すだけで仲間になってくれるとは到底思えません。

「不治」との戦闘になる可能性は高いです。

一撃が致命傷になる「不治」相手では、「不死」のアンディも苦戦は必至でしょう。

ここで「不治」に捉えられた「不可視」の存在が鍵になってくるのではないでしょうか?

一番の目当てではないものの、「不可視」を味方につけることで、「不治」攻略の突破口が見つかるかも知れません。

 

タチアナの能力

「不治」攻略の鍵のもう一つは、やはり今回初めてアンディたちと行動を共にすることになるタチアナでしょう。

巨大な機械の肉体を持ち、様々な兵器をその機体から繰り出してくるタチアナの力は未知数です。

その名前とやや直情的で幼さの残る言動から、少女のような印象を受けるタチアナですが、いったい何者なのか、なんの否定者なのかは一切明かされていません。

サングラスの男・ビリー(彼の能力も不明)をいたく慕っていて、仲間意識の強い性格のようですが、新参のアンディたちにはまだ警戒心を解いていません。

機械ゆえに血を流さないため、「不治」との戦いでは非常に戦力になってくれることが予想されます。

彼女(?)の力と否定の能力・そのルールは果たしていかなるものなのか?それが「不治」戦で明かされるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?についてご紹介してきました。

今までに張られていた伏線の意味も明かされ始め、独特の世界観が明らかになってきたアンデッドアンラック。物語もどんどん盛り上がりを見せてきていますね。

「不治」を11人めの円卓メンバーに加えたいアンディたちは、果たしてどういう行動を取るのか?これからの展開に目が離せません。

今回のアンデッドアンラックネタバレ21話最新話確定速報!11人目の不治を仲間にできるのか?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰アンデッドアンラック

 

スポンサーリンク