アクタージュネタバレ117話最新話確定速報!夜凪と環とは今後どうなる?

アクタージュネタバレ117話最新話確定速報!夜凪と環とは今後どうなる?

スポンサーリンク

Pocket

今回は、アクタージュネタバレ117話最新話確定速報!夜凪と環とは今後どうなる?についてご紹介します。

大河ドラマのオーディションで周囲を驚かせた夜凪景と、それを面白がる大河主演の環蓮。黒山墨字との関係も気になる環ですが、夜凪との関係も今後どうなっていくのでしょうか?

それでは、アクタージュネタバレ117話最新話確定速報 !夜凪と環とは今後どうなる?についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

アクタージュネタバレ117話最新話確定速報 !

前回の116話のあらすじは?

役をもらうために

オーディションは相性をみるお見合い、必勝法はない。ならばできるだけ色んな役を演じた方が有利。

そう考えた夜凪景はオーディションの初めから役を演じていました。

大河という大舞台のオーディションでそんなことをするなんて・・・と周囲は驚きました。

そんな中、環蓮だけは「面白い子だなあ」と気に入った様子。

夜凪はオーディションの前に明神阿良也から、役のバラエティを増やすには人の物真似をしまくればいい、とアドバイスを受けていました。そうすればいずれ自分の中にあるはずのない役の記憶が見えてくる、と。

夜凪はまず学校のクラスで席が隣の今井さんを真似ました。そうして次第に今井さんの子供のころの記憶まで見えてくるように。

しかし、ある夜今井さんが普段の真面目な学生の姿とは打って変わって、繁華街で着飾った格好で男性と腕を組んで歩いているのを目撃します。

明神は、真似程度でつかみ切れるほど人間は浅くない、皆役者だから、とも言っていました。夜凪はその意味を理解し、芝居の楽しさを再確認しました。

そうしてどんどん物真似をして役のバラエティを増やしていく夜凪。

ここで監督の犬井が夜凪に質問します。

「一体中に何人連れてきた・・・?」

その質問に夜凪は「12人かな。でもそれぞれ色んな顔を持っているから30人くらい?」と答えます。

30人で足らなければ100人に、それでもダメなら1000人に増やす、私は何だって演じられるから役を下さい、そう夜凪は告げたのです。

 

オーディションを終えて

そうしてオーディションは終わり、一緒に受けた面々が会場を出てきました。阿笠みみは芝居を基本から学び直すと言いながら、日尾和葉は負けたと言いながら去っていきます。

そんな中、夜凪は満面の笑みを浮かべて出てきてオーディションが終わるのを待っていた柊雪に出迎えられます。

そこに新名夏が夜凪を呼び止め、「今が本物のあなたなの?」と聞きました。

夜凪は「? 全部本物よ?」と返答。

その答えに何か考えるところがあったのか、新名は夜凪に、感謝と会えて良かったと伝え、去っていきました。

ここでいきなり、環が夜凪の背後から肩を組んで「黒山墨字はいないのか?」と問いかけてきました。

環のいきなりの登場にびっくりしながらも、黒山を下の名前・墨字と呼ぶ環に柊は疑問を持ちました。

黒山は今日は来ていないと答えると残念がり、「じゃ 現場でね」と言い残して去っていく環。

ここで夜凪の脳裏に黒山の監督作品「たんぽぽ」が浮かんできました。

 

「たんぽぽ」の女優

「たんぽぽさん?」

そう環に問いかける夜凪。

環は15年も前、しかも名前も顔すらも映していないのに、自分が「たんぽぽ」の女優だと見抜いた夜凪に感心し、恥ずかしがりました。

なぜなら当時の自分は今の夜凪の足元にも及ばなかった。

でもその2年後には名実ともに今の夜凪を超えている、自分は遅れ咲きだと、環は夜凪を挑発するように告げました。

後ずさりする夜凪。柊もこの空気を感じて緊張します。

環は続けます。

若さを妬ましいと思ったのは初めて。所詮映画は一期一会、子供の役は子供にしか、少女の役は少女にしか演じられない。私が後10才若かったら墨字君の隣にいたのは私だった。君じゃない。

環は自分だけ妬いていることにムカつき、仕返しとして黒山に憂えてもらおう、と言いました。

「本当は環で撮りたかったけど仕方ない」「夜凪で我慢しておくか」と。

それに対して夜凪はきっぱりと「無理だと思う」と告げますが、環は気にも留めない様子。

一触即発の雰囲気で116話は終わりました。

 

スポンサーリンク

【ネタバレ考察予想】アクタージュ117話夜凪と環とは今後どうなる?

圧倒的な演技力を見せた夜凪と、黒山との特別な関係をにおわせる環。

きっとオーディションは夜凪が役を得たと思います。環が言うように次回は大河の撮影現場での再会となるでしょう。オーディションの他の参加者も何かしらの役を得て、現場で再会となりそうな雰囲気もあります。

その前に柊も環と黒山の関係を気にしていましたので、黒山に問い詰めるシーンがあるかもしれません。

夜凪が「無理だと思う」と言ったのは、私とあなたは違う人間、違う役者だから、どちらも代わりになんてなれない、という意味だったのではないでしょうか?黒山もそれを分かっているから、環ではなく夜凪で撮りたい作品があるのだ、と。

環と黒山の関係、夜凪がきっぱりと「無理だと思う」と言った理由。そのあたりが次回以降明かされるのを期待しています。

 

スポンサーリンク

アクタージュ117話についてツイッターは?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アクタージュネタバレ117話最新話確定速報 !夜凪と環とは今後どうなる?についてご紹介してきました。

次回からは新たに大河の撮影に向けてのお話になると思うので、一触即発の雰囲気だった環と夜凪がどんな再会をするのか、次回を楽しみに待ちたいと思います!

今回の、アクタージュネタバレ117話最新話確定速報 !夜凪と環とは今後どうなる?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰アクタージュ

スポンサーリンク