ヒロアカネタバレ276話最新話確定速報!イレイザーヘッドはどう戦う?

ヒロアカネタバレ276話最新話確定速報!イレイザーヘッ

スポンサーリンク

Pocket

今回は『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ276話最新話速報!イレイザーヘッドはどう戦う?についてご紹介します。

2020年6月15日(月)の週刊少年ジャンプに最新話275話が掲載されました。

2020年6月29日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定の『僕のヒーローアカデミア』の276話のストーリーの予想、考察をしていきます!

タイトルは「エンカウンター2」

複数の個性を身に宿した死柄木は、圧倒的な力でエンデヴァーを一蹴。

かつてAFOがラグドールから奪った個性・サーチを使い、デクの居場所を掴みます。

デクからOFAを奪うために、移動を始める死柄木。

事態を察したデクは避難民を守るために持ち場を離れ、死柄木を倒す気まんまんの爆豪も着いて来ます。

しかしすぐに追いついてきた死柄木に捕まりそうになるも、グラントリノをはじめとしたプロヒーロー達に助けられます。

そして級友の敵討ちをとるために、相澤先生ことイレイザーヘッドも出動!

 

スポンサーリンク

ヒロアカネタバレ276話最新話確定速報!

前回(275話)のあらすじは?

個性・サーチの詳細

ラグドールの個性・サーチは居場所を探すだけの個性ではありませんでした。

見た者の居場所と弱点が分かるというのです。

弱点まで把握できる個性とは、強すぎますね。

AFOが奪ったのも納得です。

サーチを使い、デクの居場所を完璧に把握した死柄木。

自分にチャンスが巡っていると確信し、笑みを浮かべます。

 

エンデヴァー達へ応援要請

死柄木がサーチを使っていることを推測したデクは、逃げながらもエンデヴァーに連絡します。

「進行方向を変えるような素振りがあれば教えて下さい!」

エンデヴァーはものすごいスピードで動く死柄木を追っています。

状況が掴めないエンデヴァーですが、死柄木が着地と同時に南西に進路を変えました。

デクはその連絡で、死柄木が自分を追っていると確信します。

「このまま引きつけます!」と伝え、移動に専念するために通信を切ります。

狙われているデクの身を案じるエンデヴァーは、他のヒーロー達に通信。

死柄木が南西に進路変更したこと、超再生の個性を持っていることを一斉伝達。

「最早以前の奴ではない!」

 

死柄木への雪辱を誓う爆豪

「化け物になった死柄木をギリギリまで引きつけるぞ!」と言う爆豪に頷くデク。

で、いまさらながら「なんで付いてきてくれたの!?」と驚き(笑)。

遅すぎる疑問に爆豪は「ぶっ飛ばすぞ!」と一喝。

「『きてくれた』だァ?てめぇ主役にでもなったつもりかよ」

かつて敵連合に攫われ、オールマイトがヒーローとして終わってしまった日のことを思い浮かべる爆豪。

「OFAは餌だ」とすら言います。

あの日の雪辱を果たすために、完全勝利するために、死柄木に挑むことを決意していました。

この時の爆豪の表情が極悪人にしか見えないほど、鬼気迫っていますね。

ここで、デクが平常使用できるフルカウルは30%までで、瞬間的に45%を引き出せることが判明。

やはりまだ体への負荷が大きいみたいです。

特訓重ねてきたデクの30%に追いついていることを実感した爆豪は、「選ばれた」デクに負けないと意気込みます。

 

死のイメージ

一方、追いかけてくる死柄木が何やら不穏な行動を……。

「さっきの『空気を押し出す』のとプラス『電波』」

エンデヴァーに「悪いねNo.1。あんたは今じゃない」と、死柄木は個性を発動。

2つの個性を組み合わせたことで大きな衝撃が発生し、通信に使うインカムがイカれてしまった様子。

なんとデク達の目の前に、あっという間に移動!

かつて神野で味わった、AFOの「死のイメージ」の再来。

突然のことに動けないデクと爆豪。

「ワン・フォー・オールをよこせ、緑谷出久」

手を伸ばしてくる死柄木は、見たことがないくらい穏やかな微笑みを浮かべていました。

 

ヒーロー達の到着

しかし到着したグラントリノが、すんでのところで二人を救出!

死柄木と戦う気ですらいた二人を咎めます。

個性・崩壊はパワーアップし、触れ合うものを全て消すことが確定。

降り注ぐ瓦礫にすら触れただけでアウト。

蛇腔病院から発生した崩壊の波は、そのようにして破壊をもたらしたのですね。

「ヒーローはまだ死んじゃいねぇ!死柄木は残った全員で討つ!」

 

イレイザーヘッド出動!

デクを逃した死柄木に向かい、リュウキュウが突っ込みます!

死柄木がリュウキュウの腕に触りますが、崩壊が発動せずにふっ飛ばされます。

なぜなら、イレイザーヘッドが個性・抹消を発動していたからです。

死柄木がデクを狙っていることを知ったイレイザーヘッド。

崩壊の波で犠牲になったNo.6ヒーロー・クラストと、かつての級友・白雲のことを思い浮かべます。

彼らが自分を生かしてくれたと理解し、生かされた自分の力で死柄木を倒すことを誓います。

「俺の生徒にちょっかいかけるなよ」

鋭い眼光で見据えてくるイレイザーヘッドに、死柄木は「かっこいいぜ」と不敵な笑みを浮かべます。

 

スポンサーリンク

ヒロアカ276話の展開を予想、考察!

イレイザーヘッドVS死柄木

最後は個性を発動させるイレイザーヘッドこと相澤先生のターンで終わりましたね。

どんなに強力な個性にも対抗できるのは、彼の抹消しかないです。

しかし死柄木が不敵な笑みのままなのがおっかないです。

二人が戦うにしても、まばたきで抹消が発動しない隙を突いてくるでしょう。

相澤先生と死柄木の戦いって、初期のUSJ以来ですね。

その時は抹消の弱点を突かれて、脳無もいたこともあって相澤先生が倒されてしまいました。

それでも相澤先生がここで死ぬとは思えません。

クラストが命をかけて救ったのですし。

相澤先生はあえて前線に出ないまま、個性を使ってリュウキュウなどのヒーロー達をサポートする戦法をとると思います。

しかし厄介な対抗策を消すために、死柄木も真っ先に相澤先生を潰しにかかってくるでしょう……。

そうなれば、集まってくる他のヒーロー達がいかに相澤先生を守れるかも鍵を握りそうです。

 

グラントリノに運ばれて

逃げていたデクと爆豪ですが、死柄木があっという間に追いついてしまいました。

爆豪は死柄木を倒すことに意気込んでいましたが、やはり無謀としか言えませんね。

「死のイメージ」を感じたことで単独で完全勝利することを諦めて、サポートに徹するかもしれません。

グラントリノも今の二人では対抗できないとはっきり告げました。

機動力の高いグラントリノに救出されたのが幸いです。

死柄木はヒーローと戦った後もデクを追い続けるでしょうから、グラントリノがやられればかなり状況が変わりますね。

 

ギガントマキア達の動向

ただでさえ死柄木が圧倒的な力を見せつけましたが、他の超常メンバーの動きも問題です。

ギガントマキアにみんなを連れてくるように命じていたので、次回辺りに到着するのでは?

怒りに任せてヒーロー達を切り裂いていたトガちゃんが、おとなしく着いてくるかは疑問ですが。

相澤先生が加わったことでヒーロー達が死柄木に有利に戦えても、ギガントマキア達が来ればまた戦況がひっくり返されます。

他のメンバーも、死柄木の命令に従ってデクを捕まえようと襲いかかってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

ヒロアカネタバレ276話についてツイッターの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ヒロアネタバレカ最新話速報276話の予想、考察!イレイザーヘッドはどう戦う?についてご紹介しました。

死柄木無双が続いていましたが、イレイザーヘッドが来たことで逆転のチャンスが見えました。

しかし他の超常メンバーやギガントマキアも控えているので、ここで倒すことはできないでしょう。

仮にヒーロー達を倒した後も、OFAを奪うためにデクを追い続けるので、ここで決着をつけないといけないのですが……。

死柄木がOFAを手に入れることを諦めることもあり得るんですかね?

そうしないと、デクは今後も雄英高校に通うどころではないですし。

みなさんはどう予想しますか?

6月29日(月)に掲載予定で、休載なのが残念ですね。

次回をお楽しみに!

今回の記事の情報が、あなたの約に立てれば幸いです。

 

公式サイト:『僕のヒーローアカデミア』少年ジャンプ

スポンサーリンク