ヒロアカネタバレ275話最新話確定速報!OFAを狙う死柄木!デクはどう動く?

ヒロアカネタバレ275話最新話確定速報!OFAを狙う死柄木!デクはどう動く?

スポンサーリンク

Pocket

今回は『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ275話最新話速報!OFAを狙う死柄木!デクはどう動く?についてご紹介します。

6月8日(月)の週刊少年ジャンプに最新話274話が掲載されました。

タイトルは「サーチ」

目覚めた死柄木に挑むエンデヴァー。

しかし圧倒的な力の差に敗れてしまいます。

死柄木は師匠AFOと同じく、複数の個性をその身に宿しています。

そして標的は、OFAを持つデクに。

死柄木の目的を知ったデクと爆豪は、街の住人に被害がいかないために動きます。

 

スポンサーリンク

前回(274話)のあらすじ

パワーアップした死柄木

蛇腔病院を中心とした崩壊がおさまり、更地と化した場所に佇む死柄木。

だんだん意識が定まっていき、ギガントマキアに世界を壊す目的を告げます。

そこへNo.1ヒーローのエンデヴァーが死柄木に挑みます!

余裕の表情を崩さない死柄木に、炎の技「ヘル・カーテイン」をお見舞い。

炎の幕が二人がいる一帯を飲み込み、死柄木の周りを包みます。

エンデヴァーは死柄木を移動させてはいけないと察し、一刻も早く戦闘不能にしようとします。

すると炎を浴びている死柄木が反撃を開始。

個性・崩壊が宿る手をエンデヴァーに伸ばすも、寸前でかわします。

炎系ヒーローで最強のエンデヴァーの炎は、とうてい人が動ける温度でないにも関わらず、ものすごい速さで移動する死柄木。

そこでエンデヴァーは、死柄木の焼けた部分が再生していることに気づきます。

再生の個性が備わっているということですね。

死柄木のパワーアップを目の当たりにしたエンデヴァーは、ヒーロー達に全体通信します。

「地面に触れなくても動けて戦うことができるヒーローに包囲網を!」

死柄木の手が伸びてきますが、とっさに腕を掴んで回避。

しかし別の個性による衝撃波を喰らい、ふっ飛ばされてしまいます。

 

OFAを求めてサーチを発動

エンデヴァーを退け、力の万能感に浸る死柄木。

かつて師匠AFOに宿っていた個性を引き継ぎ、元から自分に備わっていたものように感じていました。

ドクターがかつてこう言いました。

「地獄の苦しみを乗り越えた先の全ては、死柄木の掌の上」

しかしそれでも何かが足りないと感じます。

死柄木の頭の中に再び声が。

「OFAを手に入れろ」

AFOがかつて唯一手に入れることのできなかったOFAを手に入れろ、と。

「ワン・フォー・オール」と呟いた死柄木の声を、エンデヴァーが聞き取ります。

エンデヴァーの声を通信で聞いていたバーニンが「ワンー・フォー?」と疑問に思いますが、その直ぐ側にはデクが。

死柄木はかつてAFOがラグドールから奪った個性・サーチを発動し、デクの居場所を探ります。

一方その頃、事務所にいるラグドールは「個性があればみんなの力になれるのに」と呟いていました。

 

動き出すデクと爆豪

死柄木の目的を知って愕然とするデク。

OFAを求めて死柄木がデクを探しに来るのは時間の問題。

そして死柄木はデクがいる街に向かい、飛び出します。

死柄木に逃げられ、エンデヴァーが指示を飛ばします。

「避難先の方向に向かったぞ!戦闘区域を拡大!街の外にも避難命令を!」

デクはみんなを巻き込まないために一人で移動しようとしますが、同じく通信を聞いていた爆豪が声をかけてきます。

麗日たちに忘れ物があると嘘をつき、二人はその場を離れます。

デクはエンデヴァーに通信しようとします。

「死柄木は自分を狙っている可能性があるので、人のいない所に誘導する!」

爆豪はその前に死柄木を倒すと意気込みます。

 

スポンサーリンク

ヒロアカ275話の展開を予想、考察!

複数の個性を手に入れた死柄木

覚醒した死柄木の強さ、半端ではなかったですね。

炎の力で破壊力も機動力高いエンデヴァーを圧倒してしまいました。

今回、No.1ヒーローが相手なのでさっそく崩壊以外の個性を使いました。

再生とレーザー、さらにラグドールのサーチの3つの個性でしたね。

一つ疑問ですが、AFOが身に宿していた個性を全部受け継いだのでしょうか?

AFOがどれだけの個性を宿していたのかも不明ですがね。

AFOは複数の個性を同時に発動してオールマイトのOFAに対抗していましたが、そんなテクニカルなことを死柄木も実践するのかもしれません。

そうだとするとますます手がつけられないのですが……(汗)。

AFOが個性を全て死柄木に託したのだとすると、完全に世代交代したので脱獄することも無さそうです。

監獄の中で死柄木の覚醒を邪悪な笑みで喜んでいそうです。

 

サーチの厄介さ

AFOがまだ健在の時に、ラグドールを拉致して奪った個性・サーチですが、ついに使われてしまいました。

ターゲットの居場所が分かるって、やっぱり強いですね。

索敵の個性を使っていると推測したデクもさすがです。

デクがすぐに移動したから良いものの、執念深い死柄木は止めない限りどこまで追ってくるでしょう。

死柄木が発動している時に、当人のラグドールのシーンを挟むのは皮肉としか言いようがありません。

もしラグドールが個性を奪われていなかったら、変身したトガの正体をすぐに見破ったり解放戦線のメンバーの居場所をすぐに見つけられますもんね。

AFOは有利な個性を奪うだけではなく、厄介な個性を持つヒーローを潰すことも目的にしていたのでしょう。

 

エンデヴァーの生死

前回に死亡フラグを漂わせていたエンデヴァーですが、なんとか無事でしたね。

体に損傷がはしったわけでもなさそうで、すぐに死柄木を追ってこれるでしょう。

リュウキュウなどの空を飛べるヒーローと共に、デク達の加勢に行けそうです。

しかし死柄木との力の差は大きいようです。

炎の力を浴びせたのに、焼けた部分から体が再生していく個性。

炎を浴びて痛いかどうかはさておき、死柄木にとんでもない防御性能が備わってしまいました。

エンデヴァーが死柄木にダメージを与えるには、ジワジワと燃やすよりも、一度で深い損傷を与えられる技が必要ですね。

 

デクVS死柄木戦が近づく

デクは住人の安全を最優先にして移動しました。

爆豪は死柄木を潰す!と意気込むのは相変わらずですが、大嫌いだったデクと協力するために声をかける辺り、ヒーローとしての責任感が伺えます。

こんな状況じゃヒーロー同士が協力しないなんて論外ですし。

だけどエンデヴァーを圧倒した死柄木が相手では、成長途中の二人では荷が重いとしか……。

OFAを45%まで引き上げたデクですが、それで死柄木を倒せるとは思っていなさそうです。

せいぜい足止めに使うのが精一杯だと。

死柄木から逃げるのを優先して、相手を観察しつつ他のプロヒーローの応援を待つでしょう。

 

スポンサーリンク

ヒロアカネタバレ275話ツイッターの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

ここ最近は死柄木の力が猛威を振ってばかりですね。

現No.1ヒーローのエンデヴァーを退けましたし。

死柄木がデクを狙ってしまったので、デクがどう動くか、誘導するのかが鍵を握りそうです。

しかし前回とはうって変わって、トガをはじめとした解放戦線のメンバーのシーンはありませんでした。

死柄木を援護するために、応援に行けるヒーロー達を妨害するのでは?

対抗できるプロヒーロー達がどう動くのかが、戦局を左右しそうです。

次の話は6月15日(月)に掲載予定です。

次回をお楽しみに!

 

公式サイト:週刊少年ジャンプ『僕のヒーローアカデミア』

 

スポンサーリンク