防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想は

防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想は

スポンサーリンク

Pocket

今回は、防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想はについてご紹介します。

前回は無事に第二回イベントを終える事が出来たメイプルとサリー、新しいフレンドやスキルを手に入れてこの先どういった冒険をするのでしょうか。

前回の記事では第6話の予想を勝手にさせて頂きましたが、公開された予告では予想した通りオンラインゲームの醍醐味でありますギルドを結成する模様ですね。

今まで出会ったフレンド達をギルドに勧誘し、さらには新しく双子のプレイヤーも登場するみたいですね。

この2人はOPの映像にも登場していましたし、最初の方にちょこっとだけ出てきていましたので気になる視聴者さんも多いのではないでしょうか。

この第6話で主要メンバーがついに勢揃いするのでしょうか?

はたしてギルド結成の結果はどうなってしまうのか。

それでは、防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想はについてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

防振りアニメ6話あらすじネタバレは?

第6話のあらすじネタバレは?

第二回イベントを終えた次の日、眠そうな顔で登校する楓でした。

途中で理沙と合流し「長くゲームをやっているとゲームでの癖が現実で出てしまう事があるので気を付けて」と忠告を受けます。

理沙の心配した通り、楓は学校の中でつい防御の構えをとってしまったりスキルを使おうとしてしまいます。

流石にこれではいけないと楓はしばらく現実での感覚を戻すためにゲームにログインする事を控えるようにしました。

そして3日後、メイプルがゲームにログインするとログインしていない間に新要素が追加されていました。

ゲーム内に光虫と言う虫が出現するようになり、光虫を捕まえるとギルドホームが購入出来るようになるものでした。

早速メイプルはその光虫を捕まえに行こうとを提案しますが、先を見越してサリーは既に光虫を捕まえておいてくれていたので2人は自分たちのギルドホームを探しに行くことにします。

色々な家を探してみましたが、良さそうな家は高価であったり他のプレイヤーに買われてしまっていた為にギルドホーム探しは難航してしまいます。

森の中を探しながら歩いているとその先に大木をくり抜いて作ったような家を発見します。

中を覗いてみるとまだ誰も購入していない様で内装も気に入った2人はここをホームにする事に決定しました。

2人だけで使うには少し広すぎると感じたサリーは他の人も誘ってみようかとメイプルに提案します。

メイプルの提案でカスミとカナデを誘ってみる事にして2人にメッセージを送信し会いに行きます。

カスミとカナデは2人のギルドなら是非にと快諾してくれました。

カスミとカナデと話していると、そこに素材の採取を終えて街に戻ってきたクロムとイズが通りかかったので2人もギルドへと誘いました。

全員無事にギルドメンバーとなり、ギルドホームに戻ります。

クロムからギルドマスターはメイプルで良いかと提案され他のメンバーもそれに同意します。

ギルドマスターに任命されたメイプルは改めて軽く自己紹介をした後、ギルドの名前を決める事になりました。

そしてギルドの名前は【楓の木】にするとメイプルは高らかに宣言します。

ギルドメンバーはメイプル、カナデ、イズの3人とサリー、カスミ、クロムの3人で2組に分かれて行動を開始しました。

空飛ぶシロップに乗って鉱山へと向かうメイプル達、カナデとイズは空飛ぶ亀は目立つので話題になっている事をメイプルに伝えますがメイプル自身は自分の噂が広まっていることを知らない様子でした。

カナデの杖のスキル【アカシックレコード】の能力は毎日ランダムで違うスキルが付与されるスキルでこの日は【採掘5】のスキルが出たので3人は素材を集まる為に鉱山にやって来たのでした。

メイプルは採掘の最中にモンスターが襲って来た場合の盾役です。

一方、サリー達はフィールドに出現するモンスターを狩り資金やアイテムを集めに行きます。

サリーは攻撃を避けることで自分の攻撃力が上がる新スキル【剣の舞】のお陰もあり1人でアイテムを集めてしまいます。

カスミとクロムもこの調子ならサリー1人でも大丈夫だと思いましたがモンスターが集まって来た事もあり参戦して大量のモンスターを討伐しにかかります。

カスミもクロムも仲間になってみてサリーやメイプルの普通では無い強さを再認識しますが自分達も一緒に行動することでいつの間にかメイプル達のように普通では無い強さになるのではと予感します。

 

ギルド戦に向けて新メンバーを勧誘!

数日後、メンバー達はギルドの定例会議の為にホームへと集まっていました。

クロムは第三回、第四回イベントの開催と第三層の実装がされるお知らせがあった事を踏まえて新しいメンバーを入れようと提案します。

特に第四回イベントはギルド対抗戦であり楓の木はメンバーが少ないので誰か1人でもログイン出来ない事が起こった場合、戦力が大幅に落ちてしまうからです。

このクロムからの提案にメンバー達は賛成し、メイプルとサリーは新しいギルドメンバーを探しに行きます。

ひとまずギルドメンバー募集の掲示板を除いてみますが良さそうな書き込みは無く、二層でのメンバー募集は厳しそうです。

強いプレイヤーでなくても楽しく出来るメンバーが欲しいとメイプルの提案により2人は一層へとメンバー勧誘の足を伸ばします。

一層でサリーと分かれてメンバーを探し始めたメイプルはある2人のプレイヤーが目に止まります。

その2人は以前見掛けた事のある初心者プレイヤー達でした。

2人に声を掛けたメイプルは初めプレイヤー狩りと勘違いされてしまいますが、何とか2人をギルドに勧誘します。

2人は初心者である事やメイプルは以前2人を見掛けていましたが2人からはメイプルが初対面であったので難色を示します。

話をしているとサリーが戻って来ましたので自己紹介がてら4人はカフェでお茶を飲みながら話すことにしました。

軽くお互いの自己紹介を済ませ、2人の名前は白髪のプレイヤーがユイ、黒髪のプレイヤーがマイと分かります。

ユイとマイは現実では体も小さく力も弱いことから攻撃力に極振りしている事、その為に他のステータスが全く無い事を話します。

メイプルと極振りしているステータスは違うもののゲームの有利、不利等を考えずにステータスを降っているなどメイプルと2人は似ているとサリーは言います。

メイとマイは極振りしている事で他のプレイヤーとパーティが組めなかったりレベルを上げに行きづらい事で新しくデータを作り直そうかとも思っていましたが、メイプルが極振りで成功している事を聞いて顔を明るくさせます。

攻撃力特化であればメイプルと組むことでデメリットもほとんど無くなりますし、イベントまでの期間でレベルを上げられれば何とかなるはずだと改めてメイとマイをギルドに誘います。

メイとマイそれぞれ顔を見合わせた後、お願いしますとギルドに入ることを決意しました。

まずはギルドは二層にあるのでユイとマイを二層へと連れて行く必要がありましたのでメイプル達は二層へと繋がる洞窟の先にいる一層のボス討伐へと向かいます。

ユイとマイはまだ実力が足りないと少し不安そうでしたがメイプルとサリーは心配しなくて良いと2人を励まします。

2人の不安をよそにサリーは1人で一層のボスと対峙します。

朧を召喚したサリーは朧のスキル【影分身】を使いサリーは5人に分身しました。

サリーの機動力と分身スキルのお陰で敵を圧倒しますが、メイプル達の方にもボスの攻撃は飛んできて来てしまいます。

ユイとマイは思わず身をすくめますがメイプルが盾で2人を守ります。

サリーはボスの攻撃を見事に避けつつ【剣の舞】で上がった攻撃力と分身による複数同時攻撃を駆使してあっとう言う間にボスを倒してしまいました。

こうして無事にユイとマイは二層に来ることが出来たのでギルドホームにて他のメンバー達と顔を合わせます。

2人の参加をメンバー達も快く受け入れ祝福します。

ユイとマイが「よろしくお願いします」と頭を下げた瞬間、テーブルに頭が当たった衝撃でテーブルは真っ二つに割れてしまいました。

その姿を見てサリーは改めて2人にメイプルと似た雰囲気を感じ取り2人もメイプルの様になるのではと期待します。

そしてメイプルとサリーはこれからますます楽しみだと笑い合いました。

その日の夜もネットではメイプル達の話題で盛り上がっていました。

クロムはギルドのメンバーになったので情報を出しにくくなってしまったものの出せる範囲で情報を書き込みました。

クロムの情報にネットの住人達は極端なプレイヤーが集まっているギルドだという感想と共にクロムの健闘を祈ります。

クロムもこのままではメイプルの劣化版だと言われかねないと自らを鼓舞して今回は幕を閉じます。

 

スポンサーリンク

防振りアニメ新戦力双子のユイとマイの強さは?

ユイとマイ2人の強さは無限大!?

新しくメイプルの勧誘でギルドメンバーとなったユイとマイでしたが、はたして二人の強さはどれほどのものなのでしょうか。

第6話での段階で第一層にいたことや見た目も防具は初期装備みたいでしたのでサリーが始めた頃からプレイをしていた描写はあるものの腕前は自ら言っていた通りまだまだ初心者です。

しかしメイプルと真逆で攻撃力にステータスを極振りをしており、ギルドのテーブルを頭突きで破壊してしまった所から攻撃力だけはもしかしたらギルド内最強かもしれません。

攻撃力に極振りしすぎて他のステータスが殆ど無かった為、第一層では他のプレイヤーとはパーティを組むことが出来ていなかったのでバトルの経験もほとんど無いと思います。

ですが、バトルの経験や装備等はこれからな部分ですし2人の攻撃力特化のステータスはむしろメイプル達のギルド【楓の木】には好都合ではないでしょうか。

防御特化のメイプルとクロムが盾となり、サリーとカスミが技とスピードで敵を撹乱しユイとマイが一撃で仕留める戦法は王道かつ有効だと思います。

この戦法で某モンスターを狩るゲームの大剣タメ3みたいな一撃で戦況をひっくり返してしまう事が出来るのではないでしょうか。

カナデの持つ【アカシックレコード】のスキルもギャンブル性は高いですが出たスキルに応じて攻撃もサポートもこなせますし、装備に関してもイズがいれば困ることはありません。

第四回イベントのギルド戦までにどこまで2人の能力や経験値を上げられるか、戦略とギルドメンバー達の連携を高められるかがギルド戦でのカギになると思います。

ユイとマイの能力は現段階では未知数ですが攻撃力は充分過ぎる程にアリと考えられます。

2人の可能性はまさに無限大、今後2人の能力を生かすも駄目にしてしまうのもメイプル達次第です。

これからの2人の成長を暖かい眼差しで見守りたいと思います。

 

スポンサーリンク

防振りアニメ7話の予想は?

第7話を勝手に予想!

前回もやらせて頂きました、次回予想です。

ツイッターの反応等を見てみましたらどうやら第6話では原作のエピソードを結構飛ばしていたり変更がされているらしく、原作を読んでいる人達も予想し辛いみたいですね。

そうは言いましても私は原作未読なので原作の今後の展開も何も分からない状態ですので今回も勝手に次回予想をさせて頂きたいと思います。

次回は恐らくユイとマイの成長が主軸になってストーリーが進んでいくのではないでしょうか。

イズや他のメンバー達もこれから強くなってもらおうと言ってましたのでほぼ間違いは無いかなと感じます。

ユイとマイだけでなくカナデも防具は初期装備のままみたいな見た目ですので第6話で集めていた素材を使用してイズが2人とカナデの為に新しい装備を作成してくれるのかなと思います。

何といいましても第四回イベントで行われますギルド戦に向けてユイとマイの能力そのものを強化をしてあげないといけませんので通常ダンジョン探索や第三回イベントを利用して2人の能力を底上げしようとするのではと思います。

恐らくその最中に攻撃極振りを助けるようなスキルを獲得して攻撃力特化版メイプル×2が徐々に出来上がっていくのではないでしょうか。

バトルシーンがあるならば双子ならではの連携技もひょっとしたら観られるかもしれませんね。

第6話では他のギルドとの接触がありませんでしたので第三回イベントでは他のギルドとの何らかの接触があり、ギルド戦である第四回イベントへの布石となるような出来事が展開されるのではと予想しています。

いずれにしてもメイプル達のギルド【楓の木】のメンバーはそれぞれ一癖も二癖もあるメンバー揃いですから2人の加入によってどのように変わって行くのか、第7話の放送を今から楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク

防振りアニメツイッターの反応は?

 

まとめ

今回は防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想はについてご紹介してきました。

前回の予想は概ね当たっていましたが他ギルドのプレイヤー達との接触はありませんでしたね。

第四回イベントではギルド戦が行われますのでこれから少しづつ他ギルドとの接触も増えていきそうな気がします。

メイプルを中心に楓の木のメンバーは皆個性豊かなメンバーが集まりました。

それぞれバラバラな能力を持っていますが協力し合えばとても良いギルドパーティになるのではと思います。

ギルド戦に向けてこれからどんなギルドになっていくのか非常に楽しみです。

いよいよアニメ放送も後半戦に突入しクライマックスに向けてますます加速していくメイプルの極振り一体どこまでいってしまうのか!?

今回の、防振りアニメ6話あらすじネタバレは?新戦力双子のユイとマイの強さは?7話の予想はについての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

出展:痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

スポンサーリンク