オーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安は

オーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安は

スポンサーリンク

Pocket

今回は、オーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安はについてご紹介していきます。

現在のオーストラリア旅行で注意する点は、オーストラリアの森林火災による煙で風向きによっては流れ込んだ場所で飛行機の遅延や公共交通機関の運行の中止などの可能性があります。

また煙によって煙に含まれてる有害物質で今現在大気汚染が進んでいます。

その結果その空気を吸ってしまうと喉の痛みや気管支の不快感など、はたまた頭痛などを感じてしまう人もいるかもしれません。

もし今すぐにオーストラリアに旅行しなければいけないというのではなければ、あえてこの大変な時期ではなくて、ずらしてオーストラリア旅行を楽しむのも一つの考えではないかと感じました。

ですが、それでも今すぐにオーストリア旅行に行きたいという方のために旅行の注意点を調べてみました。

それでは、オーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安はについてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

オーストラリア旅行の火事は大丈夫?!旅行は辞めたほうがいいの?!

オーストラリア旅行はどうしたらいい?!

オーストラリア旅行は家事で大丈夫ですか?

ということに対して今現在の情報をまとめて見ました。

オーストリア政府観光局が2020年1月3日に発表した声明文によるとオーストラリアの森林火災の影響を受けている地域は限定された地域であるということを言ってました。

今のところは森林火災が起きてないところに関しては観光には影響はないですということらしいです。

なのでオーストラリア旅行を今すぐに取りやめるべきか?

と言われたらどうしても今すぐにオーストラリアに行きたいという方に関しては可能であるということらしいです。

今現在オーストラリアで火災が発生している地域の情報に関しては、州や準州の消防担当局がTwitter や公式サイトで情報を発信してくれているんです。

しかもこの情報の更新頻度も意外と結構最新の情報を更新してくれているです。

オーストラリア旅行を今すぐにするのであれば、今現在どこで火災が起こっているかという情報を集めて旅行することをオスメスお勧めします。

 

オーストラリアの主要都市は大丈夫なの?!

2020年1月11日現在では、キャンベラ、メルボルン、シドニーの主要都市は現在もなお続いているオーストラリアの森林火災の影響は受けてないそうです。

けれどもシドニーに関しては森林火災が発生したことによる影響で煙における大気汚染が進行しているそうです。

なので煙による粉塵があるため旅行に行かれる方はマスクを持っていくことが必要かもしれませんね。

現在オーストラリアのニューサウスウェールズ州とビクトリア州には非常事態宣言が発令されている現状です。

なので旅行に関しては非常事態宣言が解除されるまでこの地域への渡航は考え直す必要があるかもしれません。

ですが今回のオーストラリア観光業に数億ドル単位の損失のが予想されるため旅行者にとってできる支援とは、オーストラリアを旅行し観光をすることで支援することができると考えます。

 

スポンサーリンク

オーストラリア旅行の注意点や必要なことは?!

注意点や必要なことは何マスク?!

現在のオーストラリア旅行で注意すべき点は何か必要なことは何かについて検証してみたいと思います。

オーストラリア旅行で必要なものはやはり一つはマスクではないでしょうか。

それはなぜかと言うと現地では森林火災による煙で大気汚染が進行しているということです。

それに伴い現地でもマスクの需要が高まっているらしいです。

そのため旅行に行って現地でマスクを調達しようとしてももしかしたら手に入れることができないかもしれません。

なのでどうしてもオーストラリアに旅行に行かれる方はマスクを持参していくことをお勧めします。

そのマスクでも粉塵対策用にN95マスクを持っていかれることもお勧めします。

このN95マスクは医療機関でも使用されていて粉塵対策には抜群の効果を発揮します。

でもどうしても手に入らない場合は普通の使い捨てマスクでも持っていく効果はあると感じます。

普通の使い捨てマスクをする場合にはマスクの下にガーゼを当てたりすることもおすすめです。

 

現地情報の収集は必要なことか?!

今からオーストラリアを旅行する人に関しては常に現地情報を収集することが大切だと感じます。

それはなぜかと言うと山火事が発生したからといって必ずしもその場所が立ち入り禁止になるわけではないということがあるそうです。

なのでオーストラリアに到着した後も自分自身で現地の情報を収集する必要があると感じます。

また今現在オーストラリアの被害が少ない場所でも状況によってはもしかしたら被害が拡大してくる可能性もあるため常に新しい情報を仕入れることは大切だと感じます。

風向きにより森林火災の煙が現在被害ない場所にももしかしたら来る可能性だってあるしそういった場合でも常に情報を仕入れていたらもしかしたらマスクなどでも対応することが可能かもしれないです。

何よりも新しい情報を仕入れることにより自分自身の危険のリスクを可能な限り避けることが可能になると思います。

ですのでこれからオーストラリアを旅行することを検討している方は常に新しい情報を手に入れることをお勧めします。

以下の公式サイトも参考にしてください。

 

オーストラリア山火事被害の情報取得サイト参考

NSW州地方消防局
https://www.rfs.nsw.gov.au/fire-information
(山火事の発生状況)
オーストラリア気象局
http://www.bom.gov.au/nsw/warnings/
(山火事警報)
http://www.bom.gov.au/nsw/forecasts/bushfire.shtml
(危険度)
http://www.bom.gov.au/nsw/forecasts/map.shtml
(予報エリア)

 

スポンサーリンク

オーストラリア旅行で今の治安はどうなの?

オーストラリアの治安はどうなのかと言うと比較的治安がよいといわれています。

ですが日本と比べるとやはり安全かと言われるとそうではない部分があります。

特にオーストラリアの都市部では日本人観光客を狙った盗難やひったくりはたまた置き引きなどが発生している現状があります。

たとえどの国へ海外旅行へ行ったとしても同じようなことが起こる可能性があるため旅行中には気を引き締めて注意する必要があります。

 

最低限気をつけるポイント2つ紹介

  1. 一つ目はパスポートの盗難に備えること
  2. 二つ目はカメラは盗まれるリスクが高いため注意が必要

 

パスポートの盗難に気をつける

オーストラリア旅行ではスリやひったくり置き引きなどの被害に残念ですが会ってしまうことがあるそうです。

特に日本人観光客もスリやひったくりに狙われる可能性が高いため特に気をつけて旅行をする必要があります。

ですがそれでもどうしても被害に遭ってしまった場合の対応策として事前にパスポートのコピーをとっておき違う場所に置いておくことをお勧めします。

パスポートを盗難されてしまうと日本へ帰ってくることがすぐには難しくなってしまうからです。

なので万が一に備えてパスポートのコピーを取っておくことをお勧めします。

 

カメラを狙った犯罪に注意する

特にオーストラリアは景色なども綺麗なため一眼レフや高級カメラを持ち歩いて旅行をする方も多いかと思います。

ですがその高級カメラを狙ったスリやひったくりが結構な頻度で起こっているため注意が必要なんです。

特にカメラが狙われる理由はカメラ自体はとった後も持ち運ぶのが手軽なため逃げるのも簡単だからという理由があるそうです。

なのでカメラをどうしても使いたい方はレンタルカメラを利用することも一つの手だと考えます。

保険が付いているレンタルカメラであればまんがいち盗まれたとしてもそのついている保険で対応してもらえるので安心なんです。

オーストラリア自体の治安は比較的良い部類に含まれます。

ですが最低限このようなひったくりの被害にあわないように常に気をつけて観光を楽しむことが大切だと感じます。

 

スポンサーリンク

オーストラリア旅行の火事についてツイッターの反応は?

 

まとめ


今回は、オーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安はについてご紹介してきました。

現在のオーストラリアの旅行は行くのは大丈夫かと聞かれたら火災が起きていない地域に関しては観光は今のところは大丈夫という回答もあります。

ですがどうしてもオーストラリアに旅行へ今すぐに行くのは心配だという方は時期をずらすか場所を他の所へ帰ることをお勧めします。

それでもやっぱりオーストラリアに旅行に行きますという方は事前に旅行前に十分に対策を立てていかれることをお勧めします。

旅行者が観光し現地でお金を使うことにより支援するという考え方もあります。

考え方は人それぞれですが、オーストラリアに旅行を行くのをやめることも行くこともどちらも正しい考えであると感じます。

あとはあなた自身がどうしたいかということを考えてオーストラリア旅行を決めることをお勧めします。

今回のオーストラリア旅行火事は大丈夫?!注意点や必要なこと今の治安はについての情報があなたの役に立てば幸いです。

 

公式サイト︰外務省海外安全ホームページ

スポンサーリンク