美容院の割引や激安競争で経営は難しい?店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ? 

美容院 割引 激安 競争 経営 店舗数 コンビニ 4倍 激戦区状態 なぜ

スポンサーリンク

Pocket

今回は、美容院の割引や激安競争で経営は難しい?店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ?についてご紹介します。

カリスマ美容師なんて言葉が流行し、人気職となった美容師。

そんな、美容師さんが働き技術を提供する誰もが1度は行ったことのある美容室ですが、なんと、コンビニエンスストアの4倍もの店舗数があるという事実はご存じですか?

今回は、そんな美容業界のあれこれついて詳しくご紹介していきたいと思います。

それでは、美容院の割引や激安競争で経営は難しい?店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ?についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

日本の美容院の店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ?

日本の美容院の数にビックリです

厚生労働省のデータによると、美容室の数は、全国に「約24万軒」近くあるとの結果が明らかにされています。

2年前くらいは1万軒程少ない「約23万軒」と言われていたので、ここ2年で増加しました。

次は、コンビニエンスストアの数と比較します。

首都圏と比較して、田舎になってくると数は大幅に減りますが、美容室に関しても同じです。

そんなコンビニは全国に「約5万軒」存在します。

コンビニの4倍以上が美容室の数となっています。

他にも多いのが歯医者さんです。

歯医者は全国に「約6万5千軒」あるそうです。

そして、安全を守る役割を果たす信号機の数は、全国に「約19万機」あります。

 

毎年日本の美容院の閉店する数と新規開店の数は

しかし、美容院は意外と結構潰れています。

毎年のデータを平均すると、なんと年間8000軒の美容室が閉店しています。

ですが、更にビックリなのが、平均の新規開業数が年間1万軒という事です。

閉店数よりも開店数の方が上回るのです。これは平均のデータなので、ここ何年かはこの数字の差が更にありました。

なので、数年でグンと店舗数が増えているわけですね。

全国の美容師数は全国で美容師として働いている人数は「約49万人」です。

全国の美容室軒数と比較してみると、大体1店舗につき2~3人いるという計算になりますが、都内の大型店などは従業員数が10~20人くらいいたりします。

それだと計算が合わなくなるので、その分1人で営業しているお店が増えた事になります。

実際見てみても、都内のサロンでも1人営業の美容室は珍しくありません。

夫婦2人で営業しているサロンや、兄弟、友人同士などの2人態勢のところも多いです。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

美容院がコンビニの4倍も現在店舗があるなんて知りませんでした!

 

スポンサーリンク

日本の美容業界が抱える問題について

h3>美容院の割引や激安競争で経営は難しいの

少人数サロンが増えた理由は、美容師の求人難も関係していて、大体の大きい店舗は人が全然足りていません。

すぐ辞められたりして、常に求人をかけています。

求人をかけるのには当然かなりのお金がかかります。

例えば、店内のセット面(鏡とイス)が4つあって大体3人体制で営業していこくこと計画を立てて、求人をかけて、まずは一人で始めたとします。

ですが、求人難なので簡単には応募が来ません。

その間ずっと、応募が来るか来ないかわからない人の為に求人掲載費を払い続けるわけです。

仮に応募が来たとしても、その人が続くかどうかわかりません。

一生、求人掲載費を払い続ける可能性もあります。

そして店内も、3人体制で働けるお店になっているのに、従業員がオーナー1人だったら無駄なスペースもでき、家賃大が無駄にかかるいう悪循環になってしまいます。

例えが長くなりましたが、そうならない為に、最初から募集はかけないというスタンスのお店の方が無駄な出費が抑えられるのです。

これが1~2人態勢のお店が増えたことが理由の一つなんです。

なので、このような店舗は年々増えていくと思います。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

なんか美容院の経営って凄く難しそうに感じました!

 

日本の美容業界の悲鳴とは

そして、欧州などと比べ、日本では日曜祭日も通常営業、百貨店やショッピングセンターにいたっては全国津々浦々、夜遅くまで店を開けています。

この日本の商業形態はからの美容での出稼ぎ労働も増え、伊勢丹や三越の化粧品コーナーはインバウンド対策として中国人女性が活躍するようになり、労働者の多様化が進んでいきました。

そうなるとますます国際的労働の良し悪しを考えるように変わってきています。

 

スポンサーリンク

コンビニより4倍も多い美容院の中でオススメの美容室は

オススメ美容院は「aguhair」

私がお勧めする美容院は「aguhair」です。名古屋、岐阜、滋賀、大阪に店舗があり、駅近にあり、非常に通いやすいです。

そして一番の魅力はそのお値段にあります。

なんと、カットカラーで4900円。

長年通ってますますが、技術も良いですし、低価格でも妥協することなく安心してお任せしています。

数々の経験を積んだTop Stylistの卓越した技術・センスを毎月でも通える”プチプラ”で提供してくれる人気サロンなんです。

髪の悩みや希望のスタイルイメージも親身に相談にのってくれるから、安心してお任せできる。

圧倒的リピート率やクチコミ評価が何よりも信頼の証。

きっとMYサロンになる。

“高技術×プチプラ”で圧倒的クチコミ人気を誇るサロン。

コンセプトは有名店の卓越された技術や厳選材料を3分の1料金で提供。

数々の経験と知識を兼ね備えた凄腕Stylistが担当。

プチプラでも技術×サービスに妥協なし。

そして使用される薬剤も一流プランドの上質薬剤を使用。賢く可愛くなれるサロン。(hpより抜粋)

サロン説明文のとおりです。

こどもと旦那を連れて行ったら、施術を受けている私の隣に案内してくれました。

サービス対応もばっちりですので、全力でお勧めします。

 

スポンサーリンク

美容院の店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態についてネットやツイッターでの口コミは

ネットからは、「この問題はよく課題になっている」「市川に引っ越してきてから、美容室だらけ」「これからの美容業界は波状する」「美容師は社会保障をきちんと設けていない店舗が多い」といったネガティブな声がありました。

華やかな美容業界に見えますが、現実は深刻な現状だったんですね。

ネットといえば、最近では、絶大なフォロワー数を誇るインスタグラマーに宣伝してもらったり、価値の高い情報を無料で宣伝することでリピーターを掴んでいるで会社が多いそうです。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

美容師って華やかな職業に見えていたけど実際は社会保障もきちんとしてないとこも結構あるなんて大変な業界だったとは…。

 

まとめ

今回は、美容院の割引や激安競争で経営は難しい?店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ?についてご紹介してきました。

離職から、数が多いということが分かりました。

やはり、いくら好きな美容の職業でも社会全体が長時間労働になっているのは働き方を改革する必要があります。

また、店舗で働くことに重点を置くのではなく、副業で美容師ができたりしたら、辞めた方も生かせるように感じます。

今回の、美容院の割引や激安競争で経営は難しい?店舗数はコンビニの4倍もある激戦区状態はなぜ?についての情報があなたの役に立てば幸いです。

スポンサーリンク