仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばい?やるべきかやめた方が良いか解説

仮想通貨 今後の展開 流出 やばい やるべき やめた

スポンサーリンク

Pocket

今回は、仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばい?やるべきかやめた方が良いか解説についてご紹介します。

仮想通貨自体への今後の投資については大量に仮想通貨が大量に流出した問題もあり、セキュリティ管理をきちんとしているかどうかが問題であるためこちらについては運営している会社に責任があります。

ですが、仮想通貨がお金になるという理由で新しい銘柄が増え続けているのが現状ですので今のところは仮想通貨は止めておいたほうがよいです。

その理由は新しい仮想通貨の銘柄自体、今ある仮想通貨のシステムを応用して仮想通貨であると発表しているだけの物も多く、新しい技術であるといえないからです。

元々、仮想通貨は技術革新のための投資ですので言ってしまえばこれ以上、通信システムのセキュリティの対策の一環である仮想通貨のシステムは産業として伸びないように思います。

それでは、仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばい?やるべきかやめた方が良いか解説についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の初心者が投資するメリットとデメリットはホントのところはどうなの?!

初心者メリット

仮想通貨初心者の方が仮想通貨を購入し財産を増やすメリットですが、参入自体は申請をして申請が通れば仮想通貨を購入できるため申請さえ通れば簡単な手続きで仮想通貨を購入し、財産を増やすことが出来ます。

そして、初心者でもビットコインのように有名な仮想通貨以外を選択することで安く仮想通貨を購入できますので、安く購入した仮想通貨が高騰さえすれば利益を狙うことも可能です。

 

初心者デメリット

ですが、デメリットとしては、仮想通貨は現在、日本だけでトレードを行う仮想通貨販売所と世界でトレードをする世界規模仮想通貨販売所があります。

日本だけでトレードを行っている仮想通貨の販売所の場合、マイナーな知られていない仮想通貨は購入できないことが多いです。

そのため、既に有名になっており、ある程度知名度がある仮想通貨しか購入できないため、高額な仮想通貨を購入しないといけないというデメリットがあります。

 

世界の仮想通貨

では、世界規模の仮想通貨販売所はどうかというと、こちらの場合、日本からの仮想通貨の購入を禁止している海外の仮想通貨販売所もあります。

この場合、海外での仮想通貨のトレードをする場所で申請をして仮想通過をトレードする許可が下りませんので数多くの仮想通貨を販売している海外の仮想通貨販売所を利用できないというデメリットが存在します。

 

マイナー仮想通貨

そのため、マイナーな仮想通貨を購入することができる海外の仮想通貨販売所を利用できないというデメリットがあります。

マイナーな仮想通貨を日本の仮想通貨販売所が扱っていない理由は信用性の問題で取り扱っていないです。

仮想通貨を提供している会社が本当に存在しているかや、投資目的で作られた会社ではないかを審査しているため、日本の仮想通貨取引所は厳しめに仮想通貨を販売しているというわけです。

これをデメリットと取るかメリットと取るかは個人の考え方になります。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

正直に言うとアカ丸は仮想通貨は難しいなあと感じています。

色々複雑になってるのでもっと一般の人にもわかりやすくしてくれたらなと勝手に思っています。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の今後の展開についてや仮想通貨取引所のトップ3について評判や口コミを解説

投資減少

仮想通貨の今後ですが日本は既に仮想通貨への投資が減少している傾向です。

その理由は、投資できる銘柄が少なく、既に投資を多く得てている仮想通貨に関しては、購入する際の購入金額が高いため購入者が少ない、もしくは購入しない方が多いです。

そのため、投資が鈍り、現状の価格を維持こそしていますが、消費もされていませんし、投資が増減しているわけでもありません。

海外に置いては新しい銘柄が生まれて投資をされていますがこちらも同様、これ以上、投資をしても見返りがありませんという仮想通貨も存在しており、投資をする意味のない仮想通過も増えています。

そのため、仮想通貨は新しい、システムや利用法を見出さない限り投資額は減少すると見ています。

 

人気の取引所

仮想通貨の取引所として人気のある取引所としてはトップ3形式で説明しますとまず第1位はDMMビットコインになります。

 

DMMビットコイン

その理由ですがまず、DMMは金融庁から業務改善命令をこれまでに受けておらず、きちんと取引所として申請されています。

なお取り扱う銘柄はビットコイン、イーサリアム(、ネム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュがあり、2019年7月からリップルも取り扱っています。

 

GMOコイン

第2位はGMOコインの取引所で好感手数料などが無料である点、レバレッジ取引に特化した公式アプリを使用することで本格的にトレードに注力することができると言うメリットがあります。

ですが、デメリットとしては取引で交換することが出来る仮想通貨の銘柄が少ないということがデメリットです。

 

ビットフライヤー

第3位はビットフライヤーで現在新規の口座を受け付けています。

株主が大手銀行である点が信頼されている証であるといえる取引所でもあります。

セキュリティを強化したこともあり、信頼性が向上した取引所ですがデメリットとしては、手数料が高いという問題があります。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

アカ丸が勝手に思っています。

仮想通貨の仕組みを見直さないと仮想通貨の未来はないのかなと勝手に考えています。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の今後の展開は大量流出問題のビットポイントはホント大丈夫?!

ビットポイントで流出?!

仮想通貨の今後ですがビットポイントなどの大手で大量にホットウォレットの情報が流出した問題もありセキュリティ管理に関してどうするかにつきます。

 

金融庁

なお、ビットポイントはこれまでに金融庁から業務改善命令を受けており、業務改善の見込みがあるということでサービスの停止を解除された矢先に大量の仮想通貨を流出させてしまいました。

このため、金融庁としては、きちんと会社を審査したのにも拘らず裏切られたという形になります。

そのため、再度経営を停止する処置などをした場合に置いても、もはや仮想通貨の流出は防ぐことができないところにまで至っていると考えます。

その為これからの展開としては、仮想通貨は流出してしまう物であると考え、その後どう仮想通貨が流出した場合、流出した額の仮想通貨を回収するか、どう保証をするかという問題を解決する方法が問われます。

 

保証

いわゆる仮想通貨流出の際の保証と流出した仮想通貨の特定をするソフトウェアの開発に力を入れるべきでしょう。

流出をした場合、どこかでその仮想通貨を回収しないと現金には変えることは出来ませんので、流出した物を特定し特定されたものは換金できなくなるというような処置を施す必要性があります。

こうすることにより、万が一流出しても使えないと分れば誰も盗み取ろうとしないわけですから意図的に流出をした場合でも使えないよう、換金できないようにしてしまえば問題は解決します。

ただ、流出時に置いて流出場所を特定するわけですから、さらにパソコンなどの使用されていないCPUのエリアや高性能なパソコンが必要になることは絶対的に見てありえます。

高性能なパソコンで仮想通貨の取引ソフトウェアを動作させ、そのついでで犯人探しをすると言うわけです。

アカ丸

アカ丸のつぶやきです!

仮想通貨は流出するもの?!

なんか今のところはアカ丸は仮想通貨は怖くて手が出せないなと勝手に思っています。

安全な仕組み作りが今後の仮想通貨の発展には欠かせないとアカ丸は考えています。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばいが今から仮想通貨をやるべきかやめた方が良いか検証してみた

仮想通貨を今からやるべきかどうかについては大量流出問題もそうですが、仮想通貨の価格自体が有名な銘柄に置いては硬貨です。

なので、現状では手が出し難い物ですので合えて価格の高価な仮想通貨に固執して投資をする必要はないように思います。

 

金投資

仮想通貨以外にも投資方法は存在しており、例を上げますと金を購入して高騰した際に売却する金取引なども投資になります。

金ですと購入に際しては現物を購入してそれを保管することにより高騰した際に売却するという方式です。

なので現物を購入し、それを売却するため投資をしているというイメージを持ちやすい上に金は安定して取引されており初心者の方でも投資としては最適です。

 

仮想通貨ゲーム

逆に仮想通貨はデータを購入しているに過ぎず、取引をしているというより、ゲームをしている感覚に近いです。

あまり投資をしているという考えを持ちにくく、現物で物を所有しているわけでもありませんのでイメージが付きにくいです。

どの位所有しているかということは数字でしか確認できず、数字を把握していないといけないという点に置いても仮想通貨にこだわり投資をする必要性はないです。

 

オススメ?!

どうしても仮想通貨をやってみたいという方であれば止めはしませんがおすすめはしません。

理由は海外の取引所に置いて取引をすることが出来るかどうかも未知数ですし、国内の取引についても初心者が手を出し難いためあえて仮想通貨の取引に固執する必要はないです。

仮想通貨で利益を狙えるというのは仮想通貨が登場した2013年当たりは仮想通貨も流出することのない技術であるともてはやされました。

ですが、現状はそんなことはなく流出するときは流出しますので何故流出したかの説明を受けたところで流出した仮想通貨は戻りません。

なのでその流出のリスクを了解した上で仮想通貨の取引ができるのであればおすすめします。

 

まとめ

今回は、仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばい?やるべきかやめた方が良いか解説についてご紹介してきました。

仮想通貨の流出は止める方法が現在確立されておらず、流出するときは流出します。

その流出することを踏まえたうえで投資をすることが可能である方であれば仮想通貨をやってもよいですが、利益を狙いたいというだけで投資をするのであればおすすめしません。

理由は仮想通貨は通信の暗号技術の発展に投資をしているだけでお金儲けではないからです。

現在では既に通信方式も確立しており暗号形式も確立されていることからこれ以上延びない産業であると判断しやるべきではないと判断します。

どうしてもやりたい人については止めはしませんが流出は起きる物であると考えた上で投資しましょう。

今回の仮想通貨の今後の展開は大量流出問題がやばい?やるべきかやめた方が良いか解説についての情報があなたの役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク